宅地建物取引士の勉強の進捗が思わしくないWINDである。

とりあえず、一問一答をやっているのだが、

面白いくらいにひっかけ問題に引っかかる。

これは、出題者も大喜びであろう。

こちらは、

全然面白くないけどねっ!

明日からは、5勤務。

それが終わったら、和歌山に家の用事で帰省する。

天気が微妙だが、雨でもバイクで強行軍の予定である。

多分、今年帰るのはこれがラスト(と言いながら、今年はよく帰省している)だと思う。

今日は、子どもの運動会。

この記事は、また今度・・・・。




今回は、昨日のニュース。


医療事故である。


国立病院機構長崎川棚医療センター(長崎県川棚町)は23日、20代の看護師が誤って、糖尿病の80代女性に本来投与すべき量の10倍のインスリンを投与し、女性が死亡する医療事故があったと発表した。

 
 同センターによると、女性は感染症や糖尿病のため8月8日に入院。31日午前0時半に大量のインスリンが投与され、同日午前9時ごろ心肺停止状態で発見され、死亡が確認された。

 看護師は専用の注射器を使用せず、投与前の複数人での確認も怠った上、女性の血糖値を測らずに架空の数値を2回にわたりカルテに記載していた。看護師は「初めてやると知られたくなかった。1人でもできると思った」と話しているという。

 宮下光世院長は「大変遺憾で心からおわびする。調査を進め再発防止に努めたい」と話した。 


時事通信より引用

恐らく、この記事を読んだ人は、

10倍とかありえへんやん。

と思ってしまうだろう。

しかし実は大きな落とし穴がある。

d0005908_17390674.png
インスリン製剤は、昔は自宅で注射をする患者もバイアル型を用いていたが、

カートリッジ型を経て、今の主流はペン型である。

しかし、病院にはバイアル型を用いているところも多い。(コストの面だろうか?)

d0005908_23410576.png
専用の注射器やペン型とかは「単位」で注射する薬液量が指示されている。

そして、更に「専用の注射器を使用していなかった」点がいけない。

d0005908_17260913.png
推測だが、ツベルクリン用注射器を使用してしまったのではないかと思われる。

通常のシリンジを使っていたら、なお恐ろしいが・・・。

d0005908_17261226.png
しかし、それ以前に問題なのが

血糖値の測定をせずにカルテに記載していたこと、

複数人の確認を怠っていたことである。

そして、最大の要因は、

初めてやると知られたくなかった

一人でもできると思った

と言う点だと思う。

忙しい職場なのか、先輩に聞ける環境ではなかったのか・・・・。

ダブルチェックがマニュアルにあるなら、それに従えばこの事故が起きなかったかもしれない。

ヒューマンエラーは、誰にでも起こり得る。

しかし、今回のは起こるべきして起こった事故である。

色々な事情があったかも知れないが、

初めての処置で、マニュアルも確認せずに行えるという考えだけは理解できない。

自分は久しぶりにする処置などがあるときは、事前にマニュアルには目を通す。

分からなかったら聞く。

そこで、「そんなことも知らんのか」と言われたとしても、間違った事をするよりかは

幾万倍もマシだと思うから・・・。


でも、ヒューマンエラーは

「明日は我が身」

より気持ちを引き締めて仕事に臨まねば・・・。






宅地建物取引士の勉強も勿論頑張るぞ!

[PR]
昨日は休みのWINDであった。

宅地建物取引士の勉強は、テキストのポイントだけを一通り読んだ。

読んだというだけで、「理解している」と言うには一万光年ぐらいの開きがある。

さて、ニュースとかでも話題になっている、

「君の名は。」

を昨日レイトショーで観てきた。

d0005908_19325094.jpg

何故レイトショーかと言うと、値段が安くて子どもが居ないから。

そう言えば、前に観た映画もレイトショーだったっけ?

感想だが、書いてしまうネタバレになるので・・・。

まず、主人公を演じた、神木隆之介上白石萌音の演技は中々良かった。

お互いが入れ替わった感じが見事に演じられていた。

音楽も映像も最高。

オープニングのように最初曲が流れ始め、中盤に又流れ、そして、エンディング。

作品の世界観にばっちりとハマっていた。

映画のタイトルの意味もエンディング近くでわかる。

こう、甘酸っぱい、切ない話をよく作れるなぁと。

試験前の貴重な時間と(本当にそう思っているのか?)僅かな小遣いを使って観た甲斐は

十分あった。

久しぶりに心洗われた感じがする。



前作の「言の葉の庭」のヒロインである雪野先生が「ゆきちゃん先生」として

教鞭を取っていたのは驚いてしまった。


さて、宅地建物取引士の試験まで24日しか勉強出来なくなってしまった。

やばいくらいに、ヤバ過ぎる。

兎に角、アウトプット中心の学習を進めていくしかないよね・・・。

時間配分にも気を付けるため、過去問なりを時間内で解く練習もしなければ。

16日に宅建士に落ちて、ショック。24日にFP2級の不合格発表と続くと

精神的にかなりきついものがある。

宅建士もいい意味でドキドキできる点数が取れるように残り気張って行く!



この前夜勤明けにバイクにカマキリがくっついていた。

その後しばらく走ったのだがずっとくっついたままだった。

帰宅後、庭に放したけど・・・。

d0005908_19331542.jpg
写真を撮ろうとしたら、目が合ってしまった・・・。

[PR]
二級ファイナンシャルプランニング技能士の試験が終わり、放心状態のWINDである。

いつまでも放心状態という訳にもいかないので、宅建業法から重点項目の勉強を始めている。

同時に問題集をやっていかなければ・・・。

もう、一か月しかないぃぃぃぃ!!

月8回休みとして、当日試験日だから休みは多分あっても7回・・・。

かなり気張っていかないと、二連敗という事もあり得る。

と言うか、もう今回で宅建士の勉強が終わればなぁと空を見上げながら思っているのだが。


今回紹介?するアニメも前回と同じく

「ループ系」

の作品である。

リゼロこと、Re:ゼロから始める異世界生活である。

d0005908_20210227.png

主人公のナツキ・スバルは、コンビニからの帰り道突然異世界に召喚されてしまう。

勝手に設定を楽しむのだが、そう思うように設定されることはなく、スバルにはなんの能力もなかった。

しかし、バットエンドを迎えたとき「死に戻り」の能力?魔女の力?があることが分かる。

死んでしまうとその分岐点となる時まで戻ってしまうのだ。

最初は、よくある設定かなと思いながら観ていた・・・。

あと主人公のハイテンションというか、うざいところが気になった。

しかし、物語が進むにつれてこの「うざさ」こそ強さだと・・・。

何度も何度も絶望を味わい「死に戻る」体験は、普通なら耐えきれないものである。

普通なら「鬱」いや、精神崩壊だろう。

しかし、「うざい」スバルは諦めることはない。

この状態の中でもう一度向かっていく勇気は周りの人間も変えていく。

人生はこんなに何度も繰り返せないし、生き死にがかかるほど波乱万丈でもない。

でも、諦めたらそれで終わりというベッタベタな事を伝えてくれる作品でもある。

後1話で完結。

という事で、宅建士も諦めずに最後まで足掻いてみる!



[PR]
今日は奈良女子大学で

二級ファイナンシャルプランニング技能士

を受験したWINDである。

なんというか、三級と違うね~

三級の時は時間にあれだけ余裕があったのに、学科ではぎりぎり。

実技に至っては、

残り5問解けず・・・。

しかも、1問は無記入(答えがさっぱり分からなかった)であった。





正門。

今度は、塀に掛けてあるだけといういい加減さっぷりが微笑ましい。

d0005908_19353505.jpg
d0005908_19354059.jpg
やっぱり国立は風格が違うね。

四流私立大なんてお呼びじゃないっす。(笑)

こんなに余裕がないのは何故だろうと問題を見ると、同じ60問でも

三級  3択30問  2択30問

二級  4択60問

しかも、問題文も長くなっている・・・・。

なるほどね。

実技に至っては、転記さえ間に合わないかとおもうぐらいで、久しぶりに手が震えた。(笑)

d0005908_19353806.jpg
帰宅後、点数を恐る恐る合わせてみると・・・。

発表したくないぐらいの点数が!!

学科      60問中36問 正解

実技 大問題? 25問中13問 正解
   小問題? 45問中31問 正解

GLを突き進むかの様な点数である。

しかも、情けないのが、実技の問25、26である。

答えは1.100.000(円)と22.100.000(円)だったのに、

110万(円)と2210万(円)と書いてしまったこと。

問題文には

「解答にあたっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと」

と書かれていた。

この2問が正解だったら、学科実技ともにぎりぎりセーフなのだが

なんとも悔やまれる結果となってしまった。

まぁ、結局過去問2回分を1周しただけなので、

運が良い方なのかもしれない。(こんな勉強法で合格したら怒られそうだ)

努力が足らん奴には妖精さんは微笑んでくれなかったようだ。

同じ思いを宅建士でもしないように、明日から勉学に励むようにする。

疲れたぁ~

 ↓ここをクリック


More
[PR]

今日も仕事の帰りに豪雨にあってしまったWINDである。


明日も雨・・・。


バイク通勤には酷な話である。


今週は絶望的にスタッフが少ない。


夏季休暇が重なっているらしく、師長も勤務を組むのには苦労したそうである。


今週一杯の辛抱であるが、帰ってからはバタンQ(死語)状態である。


多分、二級ファイナンシャルプランニング技能士受験までの最後の更新になると思う。


モチベーションが上がらない上になんと3級の知識すら薄れている。


やばいじゃん!!


一夜漬け勉強法のなんと虚しいことよ・・・。


ここで、あえて言おう。


「不合格であると」


とりあえずは、逃げずに受験だけはするけどね。


さて、タイトルのリライフだが、少し前にアニメも終了した作品である。


d0005908_19235413.jpg

原作は「comico」という無料で漫画が読めるアプリというかサイトがある。


感想も書き込むことができ、中々良いのである。


ここで連載されていて、なんとコミック化したかと思ったら、アニメ化!


あらすじはタイトルから読めると思うが、


Re(再び)LIFE(生活この場合人生?)からわかるように、


「人生のやり直し」


(ただし、監視付きの期限付き)


である。

WEB漫画「comico」連載の

人気No.1コミックがついにアニメ化決定!
海崎新太(27歳)は、新卒として入社した会社を3ヶ月で退職。
その後の就活もうまく行かず、
親からの仕送りも打ち切られ田舎に戻ることを迫られる。
悩みを打ち明けられる友達も彼女もいない……
途方に暮れる海崎の前に
謎の人物・夜明了が現れる。
夜明は海崎にニートを対象にした
社会復帰プログラム
「リライフ」への参加をもちかける。
その内容は、謎の秘薬で
見た目だけ若返り
1
年間
高校生として高校に通うことだった――。


HPより引用。


誰もが、あの頃に戻れたら、とか


社会にでてこうしておけばよかったという想いはあると思う。


自分なんかは、あり過ぎなのだが・・・。


この作品の人気は幅広い年齢層かなと思う。


社会人として海崎が見る視点。 高校生としての視点。


懐かしいなと思えるところや、こんな学生生活をとか楽しんでみたり、


学生から教えられることや気づかされることなど、


シリアスな内容なはずなのに、ギャグの要素もたっぷり。


1年という限られた期間でリライフは成功するのか?


原作は好評連載中である。


登場人物の特徴はこんな感じ。

d0005908_19234831.gif

いや、試験前だからって、逃げている・・・訳じゃ・・・


はい、逃げてます!!


[PR]
今日も明日も仕事のWINDである。

さて、二級ファイナンシャルプランニング技能士の勉強であるが、

未だにスタートできていない。

試験までの休みは1日のみ。

後は仕事から帰ってからの勉強になる。

自分は夜型の人間なのだが、歳のせいか帰ってからの勉強が上手くいかない。

今日から早い目に眠って、朝から勉強をしてみようと思う。

低血圧なので、朝はめっちゃ弱いのだが・・・。

もう、いや既に後がない。



かなり全滅っぽい感じだが、やれるだけやってみる・・・かな?


二級ファイナンシャルプランニング技能士の試験が終わったらそのまま宅建士の勉強開始!!

(遅すぎ!!)

なのであるが、それまでに一息ついて観に行きたい映画がある。

「君の名は。」

である。

d0005908_18400671.jpg

映像美でまず圧倒されるが、人物の細かい描写も意見が分かれるところだが、自分は好きである。

新海アニメは劇場で観たことがないので、この機会に是非観ておきたいなぁと。

1分半ぐらいであるが、予告編を観てほしい。

大人も楽しめる作品だと思う。



ま、とりあえず、奈良女子大の妖精さんに助けてもらいながら11日に向けて行くぞ。



[PR]
今日もなんだか仕事でパタパタしていたWINDである。

明日も「ええ感じの時に休憩してください」

という具合に、忙しい予定である。

勉強は全く始めていない。

何をしていたかと言うと、和歌山に帰省したり、岡山に温泉に行ったりしていた。

実は岡山の温泉は予算的にも厳しかったのであるが、前々からの約束。

人間関係が崩れる金額にしては安いので、大型二輪の資金からの持ち出して行ってきた。

奈良と違いとても涼しくて過ごしやすかった。

同僚と酒を呑みながら話すという機会が全くと言っていいほどないので、

これはこれで楽しかったのであるが、

外泊付き添いを入れての勤務が終わった後、直行だったので疲れが酷い・・・・。

d0005908_18242602.jpg
d0005908_18242061.jpg
こんな感じで、景色もよく蚊もいない。

来年はきちんとお金を貯めておかなければ・・・。



和歌山の帰省は、受診と高校時代の友人に会うのと家の用事。

それと、ホムセン箱の改良後の耐久テストである。

家の用事は、PCの設定とか古いテレビを観られるようにしたり、父の墓参りに行ったり。

高校の友人は久しぶりに5人中4人が揃った。

前回、四国ツーリングの時は仕事の都合で会うことができなかったので、セッティングしてくれた訳だ。

発達障がいの友人は、良くも悪くも昔のまま。

作業所へは頑張って通勤しているようなので、安心している。

今回の欠席者の鬱の友人は声をかけなかった。

一月ほど前に連絡した時に「人と会うのが一番つらい」と言っていたから。

精神的な病気で何もないのに一か月やそこらで状態が変わるわけでもないので。

完治まではいかなくても、気晴らしに友人と会えるところまでは回復してほしいと願うばかり。


さて、ホムセン箱の改良だが、四国ツーリングの時にとみぞ~さんから

「バイクに積載したまま中を取り出せるようにした方がいいのではないのか」

というアドバイスを頂いたのである。

確かに時間はかかるし、ソロツーならともかくマスツーとなると迷惑この上ない。

色々考えた結果、こんな風に改造してみた。




行きは空っぽに近かった。しかし、帰りは重い荷物満載で走行した。

だが、ツーリング中に改良したズレ防止も、

今回の改良も耐久性があることが確認できた。

まぁ、今年のツーリングはもうないのであるが、次からは少しはマシになるかも?



ちゅ~訳で、勉強は見事にやっていない!!

エヘン!

明日は早出で、高圧ガス製造保安責任者 丙種化学 液石 の受験料を振り込みに行く予定である。

もちろん、FPと同じく全く勉強していないのだが、これで

FP二級宅建士高圧ガス製造保安責任者

と今年受験する試験の申込だけは完了した。(笑)

9月1日の夜勤明けから、10日間やれるところまでやってみる!!



[PR]
何というか、多分次の試験は絶望的になったWINDである。

昨日の夜勤明けに、子ども達が希望していた橿原市総合プールに行ってきた。

京奈和道路から見える、ジャンボスライダーを体験したかったからである。

これが、そのシャンボスライダーである。

d0005908_20423313.jpg
一番上の高さは20m。滑る距離は、177mである。

ジェットコースターの類が苦手な嫁さんでは無理ということで、自分が行くことになった。

まずは、流れるプールでゆっくりと流れて、1.3mの深さのプールで遊ぶ。

川と違い、いきなり深くなることはないので安心である。

休憩を挟んだあと、王子と嫁さん、と自分とで別れて行動。

アップヒルコースターや直線スライダーなどで遊ぶ。

もちろん目当てのジャンボスライダーも。

鉄筋コンクリート製の建物を登り揚水ポンプでくみ上げられた水に乗り滑って行くという感じであった。

こういった施設は和歌山にはなく、泳げないのでプールなどに行くのは高校以来か?

当日も結構な暑さであったが、水の中なので暑さはそれほど感じなかった。

姫も王子もご満悦の様子であった。

d0005908_20424482.jpg
d0005908_20423988.jpg
こんなに沢山の人が来ていたとは・・・・。

そして、今日は読書感想文を書いた。いや、正確には終わっていないのだが・・・。

小3の推薦図書と比べるとかなりうす~い絵本のような本であるが選んできたようである。

読書感想文は初めてらしく、書き方を書いたプリントもあったので、それにそってやっていくのであるが・・・。

単に「国語力」が足りないのか、それとも発達障がいの「人の気持ちが理解できない」のか

2人とも見事なものであった。

特に王子は、ストーリーというのを理解できていないようであり、登場人物を自分と置き換える、

文章からその場面を想像すると言ったところがかなり弱い。(控えめに書いたつもり)

姫もその状態を言葉にするのが難しい様子であった。

もう少し本に触れてみる機会が必要ではないかと考えさせられた。

読解力が付けば、本は経験と同じように色んな事を学べるツールである。

毎週遊びに出歩くのだから、こういった時間を作るようにしていきたい。

と言った自分はどうかというと・・・・。

今日という時間を作るために、昨日夜勤明けでプールに行ったのに一日感想文に付き合い

身も心もヘトヘト・・・・。

次の休みは岡山。

明日から金曜までは、初の外泊付き添いも兼ねた5連勤。

その後、すぐに岡山なので・・・。

9月に入ってから10日間の勉強で、受かる

2級ファイナンシャルプランニング技能士ではない。

自分の方も遅れていてストレス溜まりまくり。

FP捨てて宅建士の勉強をしても、それも手遅れみたいな感じになってきた。

こりゃ、3連敗確実か?

やれやれだぜ。


そういえば、鉄筋コンクリートで思い出したのだが、防災科学技術研究所で行わえた

耐震実験が海外で色んな反応を巻き起こしているらしい。

27mの高さの鉄筋コンクリート(RC造)に阪神淡路級の揺れを40秒間加えるという大規模実験である。

実験にここまでする日本の対応とクール過ぎる内容。

そして、その実験に耐えてみせた現行の建築基準。

建築のど素人でも、この動画をみたら日本の凄さがわかるかも?



[PR]
8月に入ったら勉強するとぬかしていたが、全くダメダメなWINDである。

仕事は一応完成、ツーリングの編集も終わり、後は勉強だけなのだが・・・。

勉強のモチベーションが上がらない。

仕事に追われている間に、コミックも何冊か発売になった。

d0005908_21210614.jpg

6冊すべて読んでいないし、その感想とかいうと長文になってしまうので・・・。

愛本みずほ先生の

「ひまわり!!」

は、この11巻で完結になる。

表紙を見て、「あぁ、(恋愛関係のエンディングは)こうなるのだな」と。

「ひまわり!!」は、その前作の「だいすき!!」の続編となる。

主人公は、知的障がいの母を持つ娘。(だいすき!!の主人公は母であった)

障がいがあってもなくても、愛されて育てられたかどうかが大切なんだなと

改めて感じることができた。

そんなの綺麗ごとと思う人もいるかもしれないが

これめっちゃ大切である!!

うちの病棟にも知的障がいの人がいるが、幼いころの愛着形成ができていない。

それもあって、今現在苦労しているのは看護師やスタッフもそうだが、

一番辛いのは、本人だろうと思う。

虐待を受けた子は、「褒めても響かない」子になってしまう。

改めて家族的な関わりをしながら、感じてもらい、考えてもらい、学んでいく必要がある。

しかしそれは、「医療観察法病棟」の役目ではない。

自分の子にももっと関わりを増やしていかなければと思う次第である。

明日は夜勤。

夜勤明けで、子ども達とプールに行く予定である。

帰りに読書感想文の本を借りるか買うかして、残りの宿題を終わらせる。


自分も翌日に体を休ませて、勉強開始しないと、

まじやべぇ。

[PR]
昨日の管理リーダーで、色々とトラブルもあり、精神的に非常に疲れたWINDである。

先月行ってきた高知ツーリングの動画も完成したのでアップした!

ツーリングの動画アップは一年以上ぶりという有様である。

ITパスの試験をスルーしたので、試験に充てていた3日間がフリーになった.

思い切って夜勤明けから高知に向けてツーリングに行くことに決めたのは夜勤入りの日。

夜勤が明けてから、家事も一通りやってからスタート。

早速道に迷い、出だしからおいおいという感じである。

動画は明石海峡大橋の通過から始まる。




初日は高知県までなんとか移動。

高知道を夜に走行したら、とにかく暗い。

徳島で虫の大群というか、小さい虫がヘルメットに無数にぶつかる。

そして、最後に大きい虫が

ど~ん



虫汁 ぷしゃ~

って感じで・・・。

あんさんととみぞ~さんのご厚意で一泊させてもらいました。

美味しい手料理とお酒!

そして、愛猫にも歓迎?されながら一晩を過ごした。

翌日、四国カルストにGO!

奈良の山奥並みに信号がない。

439号はかなり気持ちよく走れる道である!

そこそこ走り、四国カルストに到着。

d0005908_1864961.jpg


良い眺めである。

d0005908_1865973.jpg


とみぞ~さんのZ250とあんさんのNinja250、自分のNinja250Rである。

同じ排気量と言うのも走りやすかったのか?

(真実はとみぞ~さんがペース配分をしてくれているから)

しばらく景色をみてから、トイレを探しに行くと

d0005908_1865558.jpg


愛媛と高知の県境が!!

折角だから、跨いで写真を撮ってみた。(笑)

その後、海洋堂ホビー館へ。

四万十川を見ながら走行し途中でコンクリート製の低い橋を見かけたが、

あれが沈下橋という事であった。

国道などに道とは直角に文字が書かれており、疑問に思っていたが、

友人に訪ねると南海トラフ地震などで道が損壊した場合、場所を特定するために

付けている番号という事であった。

d0005908_187615.jpg


ホビー館である。

玄関にはケンシロウが仁王立ち。

d0005908_187145.jpg


子どものころに聞いた懐かしいアニソンが流れていた~

その後、道の駅 あぐり窪川で昼食をとり

そのまま、安芸に向かうはずだったのであるが、色々とトラブルが発生!

1.初日に積載したホムセン箱が前に移動して運転がかなり辛かった。

 (とみぞ~さんの応急処置で頻度は減ったが解決せず)


2.グリップを高める?なんちゃらという製品が剥がれて落ちてしまった。

3.ヘルメットを四国カルストで落としてしまい、壊れてしまった。

と劣化や、やっつけ仕事や、動画撮影の不備(有線が多い)でヘルメットを落とす。

と色んな意味で、修正ポイントが発見できたツーリングでもあった。

とみぞ~さんの案内で、高知市のバイクショップで、ヘルメットを直してもらった。

d0005908_189243.jpg


3780円也! 

交通費を除けば一番高額は出費となってしまった。

その後、安芸近くまで一緒に走ってもらったあんさんととみぞ~さんと

お別れをして、友人の店にお邪魔した。

ホムセン箱の事を話すと、一緒にホームセンターまで行ってくれて

工具を借りたり部品を買ってくることができた。

友人が仕事に戻っている間に、ホムセン箱の不備の修正を始める。

d0005908_1893446.jpg


ドリルは先を購入して本体をレンタルした。

d0005908_1893738.jpg


左右にも固定できたらよかったのだが、板の大きさ不足のため断念。

横のずれは初めからそんなになかったので、滑り止めを敷くだけでも大丈夫だった。

d0005908_1894068.jpg


誂えたような・・・っていや、その様にしたので当たり前だがジャストフィット!

その後全然問題なく走行できた。

作業が終わったころに「夕食食べる?」と友人が出してくれたのは

d0005908_1894290.jpg


見たこともないぐらいのすごい海鮮丼!

うどんも美味しく、カツオのたたきはオリジナルのポン酢?という事。

こちらにお邪魔したのが、友人の結婚式以来なのだが、

大きくなった娘さんと奥さんにもお会いすることができた。

夕食後に近くのホテルでお風呂に。

泊りも店で休むことができて・・・・。

宿泊代が掛からなかったのは貧乏の自分にはめっちゃ有り難かった。

あんさん、とみぞ~さん、ともぞ~さん、

本当にありがとうございます!!

3日目は、友人のZX-6R・・・ではなく、セローで室戸岬へ。

ZX-6Rは跨るだけ跨ったのだが、足がツンツンで・・・。

ちょこっと走っていいよと言われたが、疲れ切っているし、知らない道。

倒したら洒落にならないので、お断りした。(笑)

お昼前に道の駅で友人とお別れして、フェリーに乗るために徳島へ!

時間がぎりぎりだったので、うどんとか堪能できずそのまま乗車。

バイクは車両ではなく特殊手荷物扱いであった。

自分は、特殊手荷物に運ばれてきたのである。

和歌山に着き、家の用事や父の墓参りをしてきた。

墓参りの時に、行きには蛇が、帰りにはアゲハチョウを見かけた事を母に話すと、

「テレビで、墓参りの時に出てくるのは喜んでいるからって言っていたよ」

と教えてくれたが・・・。

翌日に奈良に戻り、トータル946キロのツーリングになった。

ビーナスラインの1000キロにはわずかに及ばなかったものの、

内容的には今までのツーリングの中で最高の思い出になった。

本当にありがとうございました!!

という事で、残りは受験生? 

いや、

受験中年として頑張る所存である。

[PR]