特定看護師とは・・・。

夜勤明けのWINDである。

今日は、発熱者もなく、久しぶりに普通の夜勤であった。

というわけで、日頃出来ない業務を一気に夜勤で片付けた。

こういうことは、一般病院では不可能だろう・・・。

従姉の姉ちゃんも看護師なのだが、結婚後しばらく現場から離れていた。

その後、同じ系列の病院で働くことになったのは良いが、

皆が嫌がる管理職になってしまったので、近いのに連絡が取れない。

仕事も21時、22時に終わるのも当たり前、姉ちゃん大丈夫だろうか?

さて、皆さん、ナースプラクティショナーというのをご存じだろうか?

いや、自分も詳しくは知らないのであるが、

アメリカなどで制度化されているもので、看護師が、

一定の医療行為を「医師の指示を受けずに可能」というものである。

日本でも、金融機関ではないが、グレーゾーンというのがあり、

保健師助産師看護師法という、まぁ、建築士でいうところの

建築士法というのがあり、そこの第1章5条に

この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、

傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は

診療の補助を行うことを業とする者をいう。


と書いている。

この「診療の補助」の範囲は法律(保健師助産師看護師法)上で

必ずしも明確ではなく、厚労省はこれまで通知で示してきた。

最近では、2002年に静脈注射が、2007年に薬剤の投与量の調節などが、

「診療の補助」に当たるという通知を出している。

今回の特定看護師では、

検査
・ 患者の重症度の評価や治療効果判定等のための身体所見の把握や検査
・ 動脈血ガス測定のための採血など、侵襲性の高い検査の実施
・ エコー、胸部単純X線撮影、CT、MRI等の実施時期の判断、読影の補助等
(エコーについては実施を含む)
・ IVR時の造影剤の投与、カテーテル挿入時の介助、
 検査中・検査後の患者の管理等
処置
・ 人工呼吸器装着中の患者のウイニング、気管挿管、抜管等
・ 創部ドレーンの抜去等
・ 深部に及ばない創部の切開、縫合等の創傷処置
・ 褥瘡の壊死組織のデブリードマン等
患者の状態に応じた薬剤の選択
・ 疼痛、発熱、脱水、便通異常、不眠等への対症療法
・ 副作用出現時や症状改善時の薬剤変更・中止

と飛躍的に活躍の場が広がる。

もちろん、まだ決定事項ではないが、一定期間の実務経験と大学院の卒業、

一定期間の資格の更新等高いハードルがある。

しかし、ナースプラクティショナーが「医師の指示を受けずに可能」

であるのに対し、特定看護師は、「医師の包括的指示」の下で行う点で違いがある。

更に特定看護師でなくても行えていた医療行為がこの制度により、

医師か特定看護師しか行えなくなるという問題もある。

どのように調整されていくのかは分からないが、ただ一つ言い切れることは、

自分のような、

おっさん看護師には

関係ないというか土俵にもあがれない


と言うことであろう。


さて、一級建築士の勉強だが、思った以上にはかどっていない。

機会があれば、書店で問題集やテキストを見ていただけると分かるが、

いやーんになりそうな、量の暗記が必要である。

進行具合は、環境・設備と計画が一巡、只今、構造の文章問題に取り組んでいる。

なので、全体からみると4割程度しか進んでいない。

しかも、最初の頃に勉強した知識が危うい。(笑)

こ、こんなのでいけるのか?

嫁さんからは、「まさか、来年も受けるとか言わないよね」

と・・・・。

「いやぁ、好きこのんで毎年受ける人はいないよ。」

とだけ答えておいた。(笑)

それと平行して、法令集作成である。

井上のCD-ROMに書いていた線引きと

そして、一級建築士受験者に愛用?されている

例の本も購入することに成功した!!

d0005908_1255165.jpg


とりあえず、インデックスだけ貼ってみた。

d0005908_1256318.jpg


側面、上下とインデックスだらけである・・・・。

後は、この本の問題を解きながら、素早く答えを導き出す

訓練を積み重ねるだけである。

人間、何時間掛けても出来ないモノは出来ない。

やるなら、短い時間でも、最大限に使わなくては!!

と格好良いことを書いているが、勉強時間を確保できない、

机に向かっても集中出来ない自分への言い訳・・・。

これじゃ、駄目だ。

逃げちゃ駄目、逃げちゃ駄目。

でも、取りあえず、脳みそがトロトロなので、風呂に入って寝る・・・。
[PR]
by whirl--wind | 2010-02-20 13:16 | 看護 | Comments(9)
Commented by ゆん at 2010-02-20 13:51 x
WINDさん、こんにちは。

ブログ拝見しに参りました。

建築士なんですね。私の父は既に引退していますが、一級建築士ながら建築士の仕事をしていませんでしたが。看護師しながら一級建築士の勉強とはがんばりますね。
身体も頭も休めながら頑張ってください。

私はまず学校の勉強をがんばります。
Commented by limerhyme at 2010-02-20 17:13
『法規のウラ指導』?!良いですか?
ぼくも法令集つくらないと。
Commented by かおりのうつうつ日記 at 2010-02-20 22:50 x
鬱病の保健師(看護師)かおりのうつうつ日記の、かおりです。

「ナースプラクティショナー」って初めて聞きました。
一応保健師&看護師なんだけど、現場を離れて早5年。
時々刻々と変わっていく、医療の現場。
復帰するには、たくさん勉強をしないとなぁ…
Commented by whirl--wind at 2010-02-21 06:10
ゆっくり休んだので、4時前から勉強しているWINDです。 今日が休みだから使える技・・・。仕事の日にこれやっていたら、過労死?とはいわないか・・過勉死するかも・・・。 いや、そこまでしてへんって。(笑)


ゆんさん>忙しい中、書き込みありがとうございます。
ゆんさんのブログと違い統一性のカケラもないブログですが、気が向いたら遊びに来てください。
お父さんが建築士だったのですね。
自分が新入社員の頃の部長クラスの時の試験は科目で合格したら、翌年は免除という感じだったらしいです。
看護師もそうですが、試験は年々難しくなりますね。
ゆんさんも、2年後の試験目指して頑張って下さいね。

Commented by whirl--wind at 2010-02-21 06:10
limerhymeさん>はい、それでいいです。推奨はオレンジ本(縦書き)ですが、どの法令集にも対応しているとの事ですので、自分の黄本、 limerhymeさんの青本でも大丈夫だと思います。問題を解きながら、何処を引いて答えを導くかを理解しながら線引きも行うという本です。
井上の線引きは終わったのですが、この本の線引きも使いながら、完成させていきたいと思っています。

かおりさん>どの業界も日進月歩ですね。これまで当たり前とされてきた処置が変わったりしています。

勉強している建築士もはるーか昔の記憶と違う部分とかありますし、その時受験した時にはなかったハートビル法が、二級建築士受験の時にはあり、それがバリアフリー新法に変わっています。 日々、勉強というのが痛感します。

さて、残り2時間勉強しますか。
Commented by tomomi49860 at 2010-02-21 21:11
インデックスが素晴らしい~!
むかし、医療事務検定を受けるときに、
「インデックスをつけるべし!」と講師に言われて
テキストに付けまくった覚えがありますが、
まっすぐキレイに貼るのって時間がかかるし難しいんですよね^^;
このまま頑張ってください☆byもみたん
Commented by whirl--wind at 2010-02-21 21:31
もみたんさん>ありがとうです。 このインデックスが、きっと時間内に問題が解けるかのキモになるのではないかと思っています。何処に貼ったのかも分からないようでは駄目なんですけどね(笑)
Commented by chosi-631 at 2010-02-21 22:57
朝の4時前から勉強をされているなんて、WINDさんの本気度が伝わってきます。私も朝にブログを書いていますがさすがに朝の4時は早すぎて起きれないです^^;
普段お仕事で夜勤をされている強みですね^^。
これからもがんばってください!!
Commented by whirl--wind at 2010-02-22 00:30
ちょしさん>イヤー単に起きているだけという状態でした。(笑)
知らない用語が出てきたら調べる。 理屈を考えて問題を解くと時間のかかること。(笑)
で、結局まだ鉄骨構造やってます。