憂鬱。

非常に憂鬱なWINDである。

結局、病棟看護研究の白羽の矢が立ってしまい

(リーダーは決めず、メンバーが自分より遙かに優秀なのが救い)

しかも、18日に言われて、計画書を5月2日までに提出しなければいけない。

早速憂鬱である。

セイフティ委員も自己目標に立てたことが、事務的仕事が多いことなので、

もちろん、勤務時間にすることは出来ない。

目処が立つまでは残業が続きそうである。

これまた憂鬱。

その他にも多々あるのだが、一番の憂鬱は、家(中古物件)の購入の件である。

周囲の環境や家相にも不安な点がある。

家相については、自分でここは改造できると思うところを営業に言ったのであるが、

「それは引っ越しの後でもかまいませんか?」

と・・・・。

すぐに「そういう訳にはいきませんよね」

と言っていたが、ローンの額の変更なども加わる分、手間がかかるのであろう。

早く売ってしまいたい。という営業の本音を知ることができ、憂鬱である。

愚痴ばかりで申し訳ない。

あと、嫁さんの実家でも色々あり、今度の土日の休みは和歌山に帰らなければいけなくなった。

今年の一級建築士の受験はしないほうが良いのではないだろうか?と悩み始めている。

ここ数ヶ月は、憂鬱な日々が続きそうである。

はぁ~
[PR]
by whirl--wind | 2011-04-20 22:29 | 日記 | Comments(8)
Commented by ジョセフィーヌ at 2011-04-20 23:46 x

大きなお仕事の抜擢。
お家を購入。
今が転機の時期かもしれませんね。
自分がどんな星のもとに生まれてきたか?などご興味がありましたらお待ちしております。
Commented by usaginotubuyaki at 2011-04-21 19:50
WINDさん こんばんは。

家購入は 人生の大仕事です 色々悩みますよね~

お仕事も更に 忙しくなり、勉強もはかどりませんよね!
奥さんの実家で色々・・・・気になりますが
早く 憂鬱から脱出出来る事祈ってます(*^^*)v
Commented by chosi-631 at 2011-04-22 12:15
いい意味でチェンジできる機会だと思いますよ^^
重責を担い大変なことも多いと思います。
仕事やプライベートのことでWINDさんにのしかかってくる物は多いかもしれません。今の状況を憂鬱と考えるか、「今の状況(事柄)から何か学べるかもしれない、得るものがあるかもしれない。」とプラスに考えるかで、大きな意味でのチャンスを掴めるか、そのチャンスにすら気づかないか大きく変わってきます。

チャンスはピンチの顔してやってきます。
今が「何か」を得るチャンスですよ!
私も歩みを止めません。共に前進しましょう^^
Commented by さっちー at 2011-04-23 00:50 x
WINDさん、こんばんは。

春は職場でもプライベートでも変化の多い時期ですよね。そんな中でもWINDさんのイベントは人生に関わるほどの重要・重大なイベントですね!!
本当にお疲れ様です。

仕事で役割が無限に増えるのはつらい気持ち、わかります…私の身体はひとつしかないと声を大にして訴えたいところです。
下っ端の人間からすると、
上司は、声をかけやすい人や断らない人を選んでいるだけのようで…なんとも納得がいかないのは
私がひねくれ者だからでしょうか(笑)


家の購入も見るのは無料なので、いろいろ見たほうがいいという意見もあり…
いろんなところを見ると、さらに迷い、悩むもとになるから止めたほうがいいという意見もあり…
難しいですね。

また、お邪魔させていただきます。
Commented by whirl--wind at 2011-04-24 00:58
ジョセフィーヌさん>どんな星の下に産まれてきたのやら。
確かに興味はありますねー  今度お邪魔させていただきます。
Commented by whirl--wind at 2011-04-24 01:00
うさぎさん>和歌山に帰るのは一週間先でした。(笑)
家の事は、明日というか今日、契約になる感じです。
家相のことは、結局良い案が思いつかず、一階のトイレをなくすことになりました。 押し入れにトイレを移動させたかったのですが、図面を見ると筋交いが・・・・。
構造耐力上やばいかなと。他で補強もできなくはないのでしょうけど、予算がありません。一番安上がりが、便器をとって、蓋をしてしまう・・・ということに。 かなり不便でしょうけど、仕方がないかなと思っています。 そのお金の工面も・・・うーん。
Commented by whirl--wind at 2011-04-24 01:13
ちょしさん>発想の転換っていうものですね。病棟内での業務など、広義でみれば自分自身にもバックできるものがあるのですが、結果を出せば、成果が返ってくる類のものではなく、なんというか、看護独特の・・・立場上、先輩方に対しても色々言わなければならず、上からも下からもキュウキュウ言わされる役割なんですね。 まぁ、自分自身の啓発や看護に対する意識を高めるという上では、この上ない環境なのは間違いないので、任された限りは全力を尽くします。  そーなると、ケツを叩いてくれない建築士の勉強がどうなるのやらで・・・。 ちょっと参っています。(笑)
Commented by whirl--wind at 2011-04-24 01:16
さっちーさん>職場の件は、師長は、これらを任したい為に、本来なら病棟移動になる自分を「もう一年」ととめられたようです。
これを「期待されている」と考えて臨んでいくしかないっす!
家も売却する内容も(ローンが返せない)中身も(たばこのヤニだらけ)汚れていますが、あ、家相も悪いのだけど、直せるところは直して、クリーンルームを目指しますよ。(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード