今頃なぜ?

明日から待望の夏休みである。夏季休暇は3日間で、休みを3日くっつけて計6日間の休みを獲得した。本当なら今日家に帰るはずなのだが、疲れてそれも無理のようだ。 年齢のせいだろうか?この暑さのせいだろうか?それとも、心霊体験ツアーの時に私の背中になにか憑いたのだろうか?
洒落たジョークは別にして、実は、今週仕事がめっちゃくちゃ忙しかった為なのだ。
先週から発熱者が増えた我が病棟だったが、この前の日曜日に病棟に行くとそこは野戦病院のようになっていた。理由は分からないが、38度を軽く超える発熱者が続出。中には40度近い患者もいた。とりあえず出来ることは、水分補給とクーリング、医師の指示のある患者にはボルタレンを挿肛することぐらいである。もう、看護記録なんて書いている場合じゃない。処置に追われるばかりで、休憩さえとれなかった・・・。つ、つかれた・・・・。しかし、これだけではなかったのだ!
なんと職員までつぎつぎと発熱して休んでしまう事態。いまだかつてない忙しさ!どうするオレ!なんとしても乗り越えなければ!!
しかし、原因はなんだろうか? それは、数日後明らかになった。
原因はインフルエンザ香港A型! おおーインフルエンザか!なるほど、だったらこの高熱も頷けるぜ!って
おい!インフルエンザは普通冬だろーが!!
今は海に行けば水着のおねーさまがいっぱいいらっしゃる夏ですぜ!
 
ところが沖縄ではインフルエンザが流行っているそうで、何故遠路はるばる関西までいらっしゃったのかは別に知りたくもないが、まぁどこからかやってきたのだろう。 更なる感染を防ぐために職員は微粒子マスクなるものを着用することになった。結核病棟でも使われている優れものなのだが、暑い!蒸せる!息が出来ん!と流石、微粒子まで防ぐマスクだ、こりゃたまらん。
しかし、○ンコの臭いはした。流石の微粒子マスクでも、ウ○コの臭いには太刀打ちできなかったらしい。ウン○バンザイ! 
って全然看護と関係ないじゃないかぁぁぁぁぁ!
今日の時点で発熱者はかなり減ったので、ひとまず安心である。良かった、良かった。
明日から家でくつろぐとしよう。 戦士の休息である。

[PR]
by whirl--wind | 2005-08-12 23:05 | 看護 | Comments(0)