法令集線引き開始

今日は夜勤明けのWINDである。

この歳になると夜勤明けは厳しいが、友人の病院は、

入り明け、入り明け、日勤という5勤があるらしい。

それと比べると、労働者の権利は保障されているだろう。

さて、昨日19日は、101回看護師国家試験があった。

日頃の勉強の成果を出すことができた人、そうでない人もいると思うが、

兎に角

お疲れ様!

今は、問題を持って帰れるが、自分が受験した時はそれがなかったので、

発表まで冷や冷やもんだった記憶がある。

建築士試験も昔は問題を持って帰れなかった。

今は最後まで残ると持って帰れるので嬉しいかな、悲しいかな受験当日で合否が分かってしまう。

今年は、せめて冷や冷やできるラインに達したいものである。

そんな今年の受験のための法令集は今までの黄色(井上)から

オレンジ(建築資料研究社)に変えてみた。 

d0005908_20204917.jpg


横書きが縦書きに、その他違うことは多いが、これが吉とでるか凶とでるか・・・。

線引きも今日から開始である。

線引きはかなり時間を使うが、夜勤明けのように頭がイマイチ冴えていない(いつもだろう!)

時にするのがベストだろう。(笑)

それでも、一つ一つの条文を確認できるし。

合格するには、苦手な法規と構造の得点アップが必須。

頑張っていこう。

大学の友人にも受験しようと誘ってはいるのだが・・・・。

きっと一緒に受験してくれると信じている。
[PR]
by whirl--wind | 2012-02-20 20:27 | 一級建築士受験 | Comments(12)
Commented by usaginotubuyaki at 2012-02-20 21:10
夜勤 お疲れ様です。

娘も先日受けた保険の試験は 問題持って帰れたので
自己採点してました。

それができないと発表まで ドキドキもんですよね・・・・・
試験勉強 頑張ってください 体調にも気をつけてくださいね!
Commented at 2012-02-20 21:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by whirl--wind at 2012-02-21 15:47
うさぎさん>娘さんの試験の結果はいかがでしたか?
こちらもかなり切羽詰ってきましたので頑張りたいと思います。
Commented by whirl--wind at 2012-02-21 15:51
鍵コメさん>コメントありがとうございます。 急性期での経験と知識は療養所ではなかなか身につかないものですので、きっと役立てることができると思います。新しいフィールドでの活躍楽しみにしています。 お時間があるときにでもまたコメントくださいね。
Commented by hotaka at 2012-02-21 20:18 x
 努力されてますね。無理なく頑張ってください。楽しみながらできると良いですね。
Commented at 2012-02-21 21:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by whirl--wind at 2012-02-21 23:19
hotakaさん>ありがとうございます。 体調が悪い(頭痛、ひどい肩こり)でなかなか進みませんが、楽しみながらやっていきたいと思います。
Commented by whirl--wind at 2012-02-21 23:24
鍵コメさん>はい。楽しみにしています。 23日はお互いに頑張りましょう!
Commented by beyou-box at 2012-02-22 22:24
あら~ 法令集・・
私は法令集は ずっと黄色で慣れてしまっていたので
変えることはしませんでした・・・
冒険家ですねえ~
縦書きの数字 見にくくないですか?
Commented by chosi-631 at 2012-02-23 09:19
試験勉強進んでますね^^
法令集、私の周りで持っている人は皆このオレンジ色の物を持っています。
合格というゴールは地道な一歩一歩の努力以外に無いので、多少面倒でも、楽しみながら頑張って下さいネ☆
Commented by whirl--wind at 2012-02-23 20:04
beyouさん>そうなんですよ。薄くなった分、隙間がないというか・・・。 2級の時から井上だったので、かなり見にくいのですyね。
試験当日では総合資格の緑本が多かったのです。
どうしたものか・・・・。
Commented by whirl--wind at 2012-02-23 20:06
ちょしさん>ちょしさんのところではオレンジ本が多かったのですね。 まだ引き始めなので、変えるなら今か?と思ったりするんですけど・・・。
独学でやるとわからないところが聞けないのが辛いですね。