特別児童扶養手当と訓練内容

今日、ポストに市役所から封筒が届いていたWINDである。

中を開けると、特別児童扶養手当の受給手続きの案内だった。

申請ができるかもしれないということを先生から聞いたので、医療費や

子供たちの役立つことに使えればと申請していた。

王子はボーダーだったので、申請はしなかったが、は2級ということであった。

どういった人が該当するのだろうか?とウィキペディアで調べてみると、

「特別児童扶養手当等の支給に関する法律」(昭和39年7月2日法律134号、以下「法」という)に基づき、精神又は身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図ることを目的として、その児童の保護者に対して支給される国の手当。



2級  概ね、身体障害者手帳3 - 4級、療育手帳B判定程度

両眼の視力の和が0.08以下のもの
両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
平衡機能に著しい障害を有するもの
そしゃくの機能を欠くもの
音声又は言語機能に著しい障害を有するもの
両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの
両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの
一上肢の機能に著しい障害を有するもの
一上肢のすべての指を欠くもの
一上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
両下肢のすべての指を欠くもの
一下肢の機能に著しい障害を有するもの
一下肢を足関節以上で欠くもの
体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの
前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であつて、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
精神の障害であつて、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であつて、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの


このうち、精神の障害であって~ に該当するのだろうと思われる。

2年後、再審査があるようである。

2年後には、申請しなくても良いような状態になって欲しい。

そのだが、思い通りにいかないと、大声を出し、王子を噛む、保育園の友達を叩くなどがある。

王子は、落ち着きがなく(も同じ)こちらの話をどこまで理解できているか不明なところがある。

今の段階では、個性と片づけられるレヴェルであるが・・・。

正直、学校の勉強はそこそこでいいと思う。

自分も小学生の時は、やる気のムラが大きいと通知簿に書かれていたし、

忘れ物もおおいことから、注意力も散漫だったと思う。

自分が子供の時代にそういった基準が存在したら、該当していたのかもと思う。

実際勉強していても、長期記憶に結び付かないというか、一夜漬けで試験勉強をしていた。

忘れるのも早く、自分で突っ込みを入れたくなるほどだ。

そんな自分でもなんとか生きていける。

自分が心配するのは、空気が読めない人間になることである。

どんな仕事に就いても、空気の読めないビジネスパーソンの未来は暗い。

これからもっと厳しくなるであろう社会で自立できるのか?

まぁ、これは今から心配しても仕方がないので、これからの療育や訓練できっと良くなる。

と今は信じている。

訓練に参加したかったのだが、自分のMRIの検査とその後の診察があるため、

残念ながら参加できない。 次の日程も勤務希望の締め切り後なので、どうなるやら・・・。

王子が行う訓練は、「感覚統合療法」と言い、SIと略されている。

感覚とはご存じの通り、視覚・嗅覚などの五感といわれるもの、温覚・振動覚などもある。

感覚統合療法では、重力と運動に関する、前庭覚

筋肉と間接に関する、固有覚、皮膚に関する触覚を主に使っていく。

感覚というのは、人が生きていく上で大切なことは説明がなくても分かると思う。

この様々な感覚を通して成長していくのである。

うちの子にもみられるやたら走り回ることも、走るより歩くこと、リズムに合わせることなどが難しいのである。

注意力散漫なところも、耳や目からその他たくさんの情報が入ってくる中で、何かに集中することで、

普段気にしないことができるのだが、それが難しく、

色々な事が気になってしまい、注意力が無くなるのである 

まだまだあるのだが、そういう問題を感覚統合療法では、出来ないことをさせるのではなく、

出来ない原因をさがし治療すること。 成長することを喜んでもらうということを基本にして

必要な遊具や場所を提供して、感覚を通して学ぶ?機会を作るものと思っている。

1クールが12回の訓練。

どんな反応を示すのか、家庭内でも取り入れられることなどをしっかりと見ていきたいと思う。
[PR]
by whirl--wind | 2012-03-15 00:43 | 発達障害 | Comments(4)
Commented at 2012-03-15 02:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by whirl--wind at 2012-03-15 23:19
鍵コメさん>ほんとうに何がボーダーなのか専門家でないとわからないのかも知れません。 人の痛みがわかるような子になるように関わっていかなければと思います。
Commented by なるなる at 2012-03-16 13:49 x
いよいよ療育なんですね。遊びで行く感じで楽しんでくれるといいですね。
はじめは何でこんなことができないのかなぁってヤキモキすることがあるかと思いますが、あせらず付き合ってあげてくださいね。
Commented by whirl--wind at 2012-03-16 23:40
なるなるさん:ありがとうございます。遊びに行けるという感じで楽しんでくれると嬉しく思います。その中で一つ一つ楽しんでくれるといいなと思っています。またいろいろご相談するかと思いますがよろしくお願いします。