一級建築士学科試験、速報結果。

今日は、夜勤明けでネムネムのWINDである。

やはり、夜勤が堪えるお年頃になってきたような気がする。

試験の結果を書こうかどうか悩んだのだが、最後の受験とか偉そうに言っていたので、

結果は報告するのが筋だろうと、試験の時の様子も合わせて書こうと思う。

d0005908_1284224.jpg



試験会場の畿央大学である。

自分の大学(工業大学)とは違い、沢山の学科がある。

人間環境デザイン学科では、建築士、看護医療学科では看護師・保健師が目指せる。

そういえば、昼休憩のときに、女子大生が「医療安全がどうのこうの」という話をしていた。


さて、本題に戻って・・・。

一級建築士のチャレンジも3回目。

各科目60%の足きりとその年に応じた総合点の足きりがある。

一度目の22年度は、

計画      11/20点

環境・ 設備 10/20点

法規      16/30点

構造      16/30点

施工      20/25点

計       73/125点 総合88/125点

という環境設備が足きり、総合点数では、15点も足りない情けない結果に終わった。


そして、二度目の23年度は、

計画      16/20点

環境・ 設備 15/20点

法規      18/30点

構造      17/30点

施工      13/25点

計       79/125点 総合87/125点

と前回よりましにはなったものの、8点も足りていない惨敗ぶりであった。

これでは、ダメだ。諦めきれないともう一度だけ受験する機会を嫁さんにもらった

3度目の試験が今回の24年度になる。

これでダメなら、きっぱりすっぱりと、建築士の勉強はしないと決めていた。

そうして挑んだ22日。

まずは、計画

建築史というか、例年数問しか出題されていない問題がいきなり5問。

始めから躓いた形になった。

次に、環境設備。

これは出題されるだろうとヤマをはっていた問題が一問も出題されていなかった。

ここで、諦めムードが漂ってきたが、模試を受けに行ったときにどこかの先生?

が話してくれたことを思い出し、法規に向かっていった。

(スラムダンクという漫画の中で先生が「諦めたらそこで、試合終了ですよ」という言葉を

引用して、最後まで力を出し切った人が受かるのだという話だった。)

法規では、去年のように法令集にちゃちゃを入れられることは無かった。

線や矢印だけだったので、当り前であるが・・・。

中には、ホッチキスで留められる人、没収される人も居た。

年々厳しくなって行っている感じがする。

法令集チェックを無事に通過して喜んでいるのもつかの間であった。

全体的に簡単と言われているらしいが、自分の不得意の分野がでたのか

そうでないのかはわからないのであるが、答えを導き出せない。

前半でかなりの時間を奪われてしまい、「建ぺい率」と「高さ制限」

の問題を飛ばし、問30から逆に解いていった。

後半の問題のほうが、簡単だからと考えたのであるが、新問題が続出。

しかも、法令集の追録を忘れているお馬鹿さん。

計算問題2問を残し、残り5分。

マークシートへの転記を始める。

転記が終わった時には、残り2分であった。

計算問題は、適当な回答枝だったが、

「建ぺい率ぐらいなら、解けるかも?」

と頑張り、解き合終わり記入したと同時に試験終了であった。

施工はともかく、一番苦手の構造はさっぱりんこで・・・。

心が折れそうになるのを何度も「行ける、行ける、行ける」

と念じながら試験終了まで粘った。




そして、今回24年度の速報での結果は、

計画      17/20点

環境・ 設備 15/20点

法規      21/30点

構造      16/30点

施工      23/25点

計       92/125点 総合不明/125点

だった。

模試でも70後半ぐらいしか取れなかったので、この点数は奇跡的であった。

最後まで頑張った甲斐があったと正直めっちゃ嬉しかった。










だが、ここで終わらないのが、WINDである。

この後、生き様に相応しい状態に追い込まれていくのである。

元々、この試験は落とすための試験。

皆がよい点数を摂れば、総合の合格点の補正が入る。

1点合格点をあげるだけで、何千人も落とせる場合もある。

良く考えたら、模試で80に届かない自分がいくら頑張ったとはいえ、92点である。

元々点数が良い人たちはなんと軽く100点越えをしてきた。

そんな中で、資格学校の出した予想点数が92、93点になった。

一度合格点が97点というときもあった。

下手すると、一点で・・・いやそれ以上で落ちる可能性がかなり出てきた。

数年前宅地建物取引主任者の試験の時も50点満点で35点あれば合格と言われていて、

その35点だった。しかし、蓋を開けてみると、試験始まって以来2度目の36点で不合格

という経験もあるので、一言でいうと、

表面上は白黒付け難い、グレーゾーンの点数であるが、

その真実は「真っ黒けのけ」なのかもしれない。


確かにブログで、「せめてドキドキするくらいの点数が欲しい」と書いたが、これはいかん。

精神上よろしくないのである。

この、もやもやっとした精神状態で、製図の勉強を始めなければいけない。

モチベーションがあがるかどうか・・・・・。 どう気持ちを切り替えればいいのか・・・。

学科の合格発表は9月4日である。

合格点よ、上がらないでくれ。ってゆーか、むしろ下がってくれい。


今年の設計製図の課題は、

地域図書館
(段床形式の小ホールのある施設である。)

要求図書
●1階平面図兼配置図(縮尺1/200)
●2階平面図(縮尺1/200)
●断面図(縮尺1/200)
●2階梁伏図(縮尺1/200)
●面積表
●計画の要点等

(注)要求図面に、図示又は記入するもの
主要寸法、室名、床面積
構造種別、架構形式等に応じて必要となる構造要素
柱、梁等の断面寸法
設備スペース、設備シャフトの位置
避難階段に至る歩行距離・歩行経路   等


製図は、学校に通学することにする。

万が一というか、万が九千九百九十九、落ちたときは学費を全額返金してくれるそうである。

発表までの一か月半、場違いなところの雰囲気を感じてくる。

今から風呂に入って、和歌山にいるゼネコン時代の同期から製図板を借りてくる。

同期もこの製図板で二級建築士になり、自分も借りて二級建築士になれた縁起物である。

今度は逆に縁起を付けられたらいいのにな。
[PR]
by whirl--wind | 2012-07-25 12:14 | 一級建築士受験 | Comments(18)
Commented by 集中! at 2012-07-25 13:52 x
製図を来年再来年に引き延ばしたらそれこそ大変なことですよ!!
今は合否のことは忘れて集中集中!!
経験者をどんどん追い抜いて上達して行かなきゃならないから、がんばって!!
去年合格基準点で学科通ったので、気持ちよーーくわかります。
でも、ここで学科が通ってたら絶対今年で終わらせたいですよね!?
授業が怒濤のように進んで行くから悩んでる暇ないですよ!!
後、もし落ちてもどうせタダだし、使い倒してやろう!って思うようにしてました。 笑
応援しています!!
Commented by whirl--wind at 2012-07-26 20:18
集中さん>その通りですね。 早速宿題が出ました。まさか製図の勉強ができると思っていなかったので、来月は2回夜勤明けのまま学校に行かなくてはいけなくなりました。(笑)
気持ちは、製図の勉強がタダでできると思いながらも、その態度はやる気バリバリって感じでがんばりたいです。
製図板も貸してもらえました。 試験終了からどうやら風邪のようで頭痛がかなりtらいですが、開講までには体調を整え、一気に製図合格まで駆け上がります。 ありがとうございます。
Commented by beyou-box at 2012-07-26 21:08
お疲れ様です!!!
学科合格の点数が かなりビミョーなのですね・・・。けど、
設計製図の試験勉強は 絶対しないとダメなので頑張って!
まずは 時間内に図面を描き切れる訓練をがんばって!
Commented by 長沼 at 2012-07-26 22:59 x
こんばんは。
大変さがよく伝わりました。 わ~ドキドキします・・・

製図もあるのですね。頑張ってください!
応援していますよ。
Commented by ちび所長 at 2012-07-26 23:47 x
おめでとうございます!!!
大丈夫、絶対大丈夫!!受かってる!!
ブログみて涙ぐんでしまいました。良かった、本当に良かった!
準備して!準備!!
応援してます!
すみません、興奮して文章がへんです。
Commented by chosi-631 at 2012-07-27 16:55
すごいじゃないですか!!
3度目の正直になったと私も信じています。
製図の試験は時間との勝負だと聞いたことがあります。
学科は合格していることを前提に頑張ってください!!
よく諦めずにここまで頑張ったなぁと感動しました。
もちろんご家族の協力があってこそ・・・。
WINDさんならできます!!
絶対にやれますよ!!
Commented by whirl--wind at 2012-07-27 21:08
beyouさん>そーなんです。 これもちゃんと勉強していなかった自分への罰です。 ぬか喜びなのは冷静に考えるとわかるのですが、タダで製図の勉強ができるということで頑張ります。
図面はしばらく描いてないので、練習あるのみ!
Commented by whirl--wind at 2012-07-27 21:11
長沼さん>ありがとうございます。 悩んで書き直したりとかやってはいけないことを幾つかやってしまいました。
そうなんです、製図もあります。 今年の学科合格者と去年、一昨年の合格者が受験してきます。 ちなみに去年は53、4人が合格しました。 その中に入りたいものです。
Commented by whirl--wind at 2012-07-27 21:14
ちび所長さん>ありがとうございますって、まだ合格してませんって。というか、誠に残念ながら・・・・の確率が高いのだから。
準備はしますよ~ とりあえず9月4日まではまだ受験生します!
自分は学科に落ちたらそれで終わりですが、所長のことは応援していますから!
Commented by whirl--wind at 2012-07-27 21:16
ちょしさん>三度目の正直になれるかどうかわかりませんが、取りえず、首の皮一枚つながった状態です。
家族の支えは大きいですね。 子供たちや嫁さんにももう少し辛抱してもらわなければいけませんが、その分結果を出せるように頑張りたいです。
Commented by usaginotubuyaki at 2012-07-27 22:22
こんばんは。

WINDさんからの マイブログのコメントがあり 発表があったのではと コメントの返事書かずに こちらに飛んできました!

ドキドキしながら読んでいました(゚A゚;)ゴクリ
皆さんが言われるように私も 合格されてると願ってます!

あとひと踏ん張りです (*^▽^*)*☆ガンバ☆♪
Commented by grapen331 at 2012-07-27 23:08 x
お疲れ様です!
とりあえず・・・一段落ですか?
ブログを書いていらっしゃるようなので、そう認識しておきます
違ったらすみませんm(__)m

模試の結果がよかったのはwindさんの成果ですよ!
ブログで大変な様子も伺っていますし、何より努力されてるのは事実\(^o^)/

この調子で頑張ってください!
愛車のちび忍くんも応援してますよ、きっと
Commented by whirl--wind at 2012-07-28 16:57
うさぎさん>あ、すみません焦らせてしまいましたね。(笑)合格発表(学科)は9月4日なんです。でも、発表から製図の勉強を始めても間に合わないので、見切り発車(自分の場合ですが)するんです。 もうひと頑張りしてきますね~
Commented by whirl--wind at 2012-07-28 17:01
grapen331さん>ありがとう! とりあえず、今週だけは一段落ですね。
来週から10月の半ばまで製図の勉強が始まります。
学科試験に落ちていたら、9月4日で勉強は終わりになります。

半分以上、学科試験が終わったらバイク三昧かなと思っていたのですが・・・・。
grapen331さんもそろそろ北海道ツーが見えてきましたね!

ちび忍が一緒に走りたいと言っていますよ~
Commented by おきごんどう at 2012-07-29 22:17 x
お疲れさまでした~。
発表までドキドキですね。Ninja乗る時は試験のこと忘れてくださいね。

私の最近のドキドキといえば二輪免許の卒検くらいでしょうか?
(6月のダンナの検定でもドキドキしていましたが)

試験の仕組みがよくわかっていませんが、学科と実技なんですね。
私も中国語検定を受けたいのですが、中国独特のあの漢字をマスターできてないので前に進めずにいます。

バイクでは前に進んでるはずなのに。
Commented by whirl--wind at 2012-07-29 22:47
おきごんどうさん>ありがとうございます。
そうなんです。学科と実技(製図)の二つの試験があります。学科に合格しないと、製図には進めません。
今まで、この学科試験が通過できなかったのです。(おっさんで、記憶力がないので)

二輪の卒検は緊張されたでしょうね。 自分は原付からミッション車でしたから、まぁ大丈夫だったのですが、学生時代車の卒検前に監督する先生と喧嘩になり「当日当たったら絶対に落としてやるからな」と言われた当日が一番ドキドキしたかも。(笑)
旦那さんも緊張されたのかな?

中国語の勉強もされているんですね。
弟が中国で日本語教師やっています。
難しいですよね~お互いに頑張りましょう。
Commented by ヨーコ50 at 2012-08-01 03:44 x
今の一級建築士って難しいんですね。。。
75になる父が受けた昔々の試験は簡単だったんだろうな~
だから無資格なのに偽ってニュースになっちゃう人もでてくるんですね。。。今日のニュースでした~
資格の試験なのに落とす為っていうのは何故だろう?
納得いかないなぁ~

頑張ってる人に「頑張って」は必要ないから、せめてハチプロNinjaで、たまには息抜きしてくださいませ!
Commented by whirl--wind at 2012-08-01 23:24
ヨーコさん>ヨーコさんのお父さんの歳からすると、建築士とう資格ができて初期の頃だと思います。その頃は増やせよ増やせの時代でしたので、今と比べるとかなり取りやすかったと思います。
あと10年で現役建築士の半数近くが引退するらしいですが、数が増えたので、今度は質をと考えているのかな?
せめて基準をクリアーしたら合格だと嬉しいのですけど。

ninjaは通学で活躍していますよ~
リコールの修理にいくのがまた遅れそうです。(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード