またまた、近状報告・・・である。

昨日、深夜明けに、立ちコケしてしまったWINDである。

しかも、初めての右側への転倒・・・。

信号で停車中、リアバッグの確認をするために振り返っていたところ、

転倒してしまった・・・・。

奇跡的に、バックステップのプラ部分と、スライダーに若干の傷のみで、

一番心配したマフラーや車体には傷がなかった・・・。

流石、「雪風」 幸運艦と呼ぶべきだろう。

障がい者デイで、ボランティアをしてきた。

前の病棟が「重症心身障害者病棟」だったので、重心の子は結構大好きだったりする。

今の病棟は知っての通りなので、精神的にも辛いこともあるし、書類作成も多い分、

看護というか何しているんだろうという感じもする。

もちろん、やりがいもあるのだが・・・・。

その点、障がい者デイに行けると思っていなかったので、不謹慎かも知れないが

楽しくボランティアをさせて頂いている。 笑顔で癒される・・・。



2月からここ一か月、近状報告と言っても、これと言ってない・・・。

子どもが相変わらず、集団登校が出来ないようである。

息子の話によると、上級生からいじめられているとのこと。

息子の話だけを聴くと一方的に相手が悪く感じるのであるが、

一緒に付き添っている妻の話だと、息子にもかなり非はあるようである。

とりあえず息子には(かなり高度であるが)悪口を言われても無視するように、

名前をファーストネームで呼ぶ、しかも呼びつけで・・・・。

これは上級生としては、気持ちの良いものではない、「くん」と「さん」を付けるように。

とこの2点だけ守ってもらうようにアドバイスしてみたが、まぁ、しばらくかかるかな?




ツーリングの方は、さっぱりで休みの日は雨が多く、この前の亀八食堂へのツーリングも

前日まで晴れのち曇りの予報だったのに、当日は朝から雨。。。

という感じで、一日50キロ以上走ったのは、先ほど話したボランティアへ行くぐらいかな・・・。



そういのもあったせいか、ここの所気持ちがすっきりしないというか、モヤモヤが晴れない。

状態の悪い患者さんが増えている事も一因だと思うが・・・。

これは、給料の内なので、我慢の一手しかないか。

誕生日の19日から3連休の休み希望を入れているので、天気がよければバイクで

和歌山に帰省も考えているのだが・・・・。



あと、今年の目標の資格を決めた。

毎年書いていてここの所勉強も受験もしていない「宅建」である。

今年の春から、「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」に名称が変更になるそうだ。

流石に5年も勉強していないと、清々しいぐらいに忘れているが、

まぁ、10月の試験まで半年以上あるしぼちぼちやっていこうと思う。

年に1、2個ペースで習得出来ればと。



昨日のニュースで、3・11の被害者の女性のスピーチ?を聴いた。

詳細は覚えていないが、津波がきてがれきの上に上がった時に、足が折れ

動けない母を見つけた。がれきを移動させようとしたが、重く一人ではどうにもならない。

このままここに留まっていたら、助からない状況。

「行かないで」という母に「ありがとう、大好き」と声をかけ無事避難できたそうである。

もちろん、母は亡くなった訳であるが。

この予想もしない危機的状態で、この判断を中学生にして出来たというのは、

いや、しなくてはいけないということは、なんと惨いことなんだろうと思う。

この事に対して非難する人もいるだろうが、この4年間苦しんできたのは

紛れもない本人だと思う。 その体験をあえて語り、地域の為に前向きに取り組んで

いく姿勢は、言葉にできないぐらい、強く輝いているように感じた。



同時に、自分のちっぽけさにも気づいた。(笑)


次回は、少しでも楽しい事が書けたらと思う。
[PR]
by whirl--wind | 2015-03-12 10:43 | 日記 | Comments(8)
Commented by kotetsu at 2015-03-12 13:34 x
ご無沙汰しております。
なかなか思うようにならなくてじれったいですね。
わたしもそんなことがありました。

腹にためずに吐き出しちゃうのもストレス発散の方法です。

なにはともあれバイクで走るとまぎれもなくストレス発散になりますね。(笑)
Commented by 長沼 at 2015-03-12 18:09 x
お久しぶりです^^
バイクの転倒、大事に至らなくて良かったです。

いろいろありますね~
ほんと、いろいろありますよ。

その女性のスピーチ、私も聴きました。
辛い話ですね。
お母さんは、なんで「行かないで」って言ったんだろう・・・って、しばらく悶々としてしまいました。
Commented by 山ピー at 2015-03-12 22:39 x
立ちゴケって、結構、ショックですよね~
傷が小さくても、立ちゴケしたという
そのものの出来事自体に結構ショックで
なぜ?という言葉が頭の中をめぐります
しかし、被害が少なくてよかったですね
だいぶ暖かくなってきました
そろそろお出かけですね
Commented by whirl--wind at 2015-03-14 00:50
kotetsuさん>中々人を説得する日々、納得いかず起こりまくる人に説明をして、罵声を浴びせされ、「すみません」と看護を行っていく。中々ストレスが溜まります。今日はいい天気だったのですが、家の掃除とかやっていたら、お昼回っちゃって、結局なにもせずに一日が無為に過ぎていきました。
Commented by whirl--wind at 2015-03-14 00:56
長沼さん>本当に色々あります。
今日の2時ごろ帰ってきたのですが、
頭の中で自分の看護があっているのか考えていたら朝になり、そのまま家事をして・・・。
結局出かけることも、勉強もできなかった負け犬です。。。。
スピーチも心に響きました。自分ならあの決断はできなかったかもしれません。
Commented by whirl--wind at 2015-03-14 01:01
山ピーさん>たちコケって、おっしゃてる気落ちそのまんんま分かります。なぜそこで傾き始めたのか、今でも原因は不明です。
そろそろ、ツーリングの季節になりますね~
Commented by パンダ at 2015-03-15 00:24 x
とりあえずあの素敵なバイクに目立つ傷が無くて良かった笑

放課後デイサービスで働いててよく思いますが、大人としての寛容力がなければ少し特殊な子供達の何気ない一言はかなりイラッと来るときもあります。
ましてや上級生といえどもまだ小学生の子達にはお子さんの言葉に腹がたつ事があるでしょう。
今のうちからきちんと教えられる事は教えておいてあげてください。
僕の近所の養護学級の子がいじめの挙句に川に突き落とされて亡くなった事件があるので...。
Commented by whirl--wind at 2015-03-18 01:18
パンダさん>ありがとう。何とか大きな傷もなく無事にすみました。 踏ん張ったのと、焦って引き起こしたので、腕が数日筋肉痛でしたが。(笑) 
そうですね~ 障がいあるなしに関わらず、小学生ぐらいの子どもの発言は、遠慮がないというか、配慮にかけるものがあると思います。まぁ、そこが子どもなんでしょうけど。 集団生活を学ぶ場でもあるので、言葉使いとか、行動などで目に余るなと感じるものは注意しています。でも、発達の子に後から注意しても効果は少ないので、近いうちにSSTを使った練習をやってみようと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード