何ともタイムリーな・・・。

今日は、仕事を早退して、明日も休みになってしまったWINDである。

丁度、この前ネットで睡眠の大切さを書いた記事があったので、

紹介しようと思った時に、

タイムリーに調子が悪くなってしまった。(笑)


以下、記事の引用

労働災害(労災)の認定では「時間外(残業)や休日の労働時間」が重要視される。どれだけ長く、休みなく働いていたかに目がいきがちだが、認定基準は「蓄積された疲労が解消できる睡眠時間を確保できていたか」が根拠となっている。

「睡眠時間は短いけれど、乗り切っている」という人は要注意だ。睡眠時間と睡眠の質には、強い相関関係があり、睡眠6時間未満の人は脳卒中や心筋梗塞を発症しやすいからだ。「睡眠のメカニズム」に、その答えはある。

●短時間睡眠と突然死

 睡眠には「ノンレム睡眠(深い眠り)」と「レム睡眠(浅い眠り)」の周期があることは知られている。

 私たちは眠るとすぐノンレム睡眠に入り、およそ15分後からは「デルタ波」という脳波が出始める「徐波睡眠」、いわゆる“爆睡”が始まる。この時間帯は成長ホルモンによって、新陳代謝を促しながら傷ついた細胞を修復し、疲労を回復している。

 その後、レム睡眠とノンレム睡眠は交互に起こる。レム睡眠のときは脳が覚醒し、体の神経が高ぶり呼吸や心拍が速くなり、血圧も上がる。やがて、起床前になると体が起きる準備をするため、レム睡眠が長く続く。このとき、夢を見ることが多い。レム睡眠には体をリラックスさせ精神的なストレスを解消する効果もある(※注1)。これが通常の睡眠リズムである。

 だが、ストレスフルな状態で起きている時間が長くなると、疲労回復のために徐波睡眠がより長くなる。その結果、レム睡眠が短くなるので、神経が高ぶる。心拍数の増加や血圧の上昇を引き起こし、体へ過剰な負荷がかかることが実験で明らかになっている(※注2)。1997年に研究結果を発表した大原記念労働科学研究所の佐々木司上席主任研究員は、こう説明する。

「実験では、健康な男子大学生に毎日5時間の睡眠を12日間続けてもらいました。その結果、初日に約58拍だったレム睡眠中の1分間の心拍数が、3日目には約68拍に増えた。これは寝ていても体を休められていない状態を表しています」

 この短時間睡眠による体への負荷が繰り返されると、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす要因となる。

 時間外労働削減のため、週半ばの水曜日に「ノー残業デー」を設ける組織や企業があるが、これは睡眠リズムの観点からも理にかなっている。

 海外の研究で睡眠時間が異なる4種類の群(9時間、7時間、5時間、3時間)をつくり、一瞬の反応が必要な作業をしてもらったところ、3時間の群は日に日に反応速度が遅くなり、特に3日目に大きく低下した。つまり、短時間しか眠れないほど忙しくても、3日目は早く帰って寝たほうが効率がいい。

●夜勤は体に過剰な負担

 睡眠の質を大きく低下させ、過労死につながる要因はこのほかにもある。

 夜勤やシフト勤務の人は、午前中や昼間などに睡眠を取らなければならない。だが、人間には本来、「眠りやすい時間帯」と「寝つきが悪い時間帯」があり、特に朝10時頃と夜7時頃は眠りにつきにくい(※注3)。しかも昼間はサーカディアンリズム(体内時計)の影響で寝たり起きたりする断続的な眠りとなりやすい。たとえ夜勤専従でも、眠りを促すホルモンであるメラトニンの分泌量が夜間より減少し、眠りにくくなる(※注4)。

 さらに、夜勤は人間がもっとも眠い時間帯に起きて緊張しながら仕事をするため、「酒気帯び運転以上に危険」な状態を示す研究結果(※注5)もある。この研究では、深夜1時から作業成績が明らかに低下し、3~7時までは血中アルコール濃度0.03%(酒気帯び運転基準)時よりも成績が悪くなった。

 看護師には夜勤が多いため、日本看護協会は2013年、ガイドラインを発表した。

「ストレスによるうつ病」と不眠にも、強い相関関係がある。特に、過去の不快な記憶や将来への不安は不眠につながりやすい。海外の研究では、「将来に不安を持っている人は持っていない人と比べて、徐波睡眠の時間が最大3分の1まで短くなった」と結果が出ている(※注6)。

注1)Gujar et al(2011)
注2)佐々木司、酒井一博(1997)
注3)Lavie(1985)、Strogatz(1987)
注4)Sack et al(1992)
注5)Dawson、Reid(1997)
注6)Kecklund、Akerstedt(2004)

(医療ジャーナリスト・福原麻希)



何とも恐ろしい内容である。

酒気帯び運転者以上に作業成績が落ちている人に

看護されているのか?

と言うか、そういう状態でミスなく仕事をしなければいけないのかと思うと

身が引き締まるというか、次は我が身と思ってしまう・・・。



話はそれたが、心筋梗塞ほど大げさなものではなかったのだが、

今朝起きてトイレに行き部屋に戻ると

脈がタキっている・・・。

(タキるというのは、タキ・カルディアのことで、

頻脈「脈が速くなる。反対は徐脈」になることを言う)

時々というか稀にあるので、安静にしていたが今回は結構長かった。

ついでに、胸痛もあった。

少し風邪気味なところもあるが、熱は平熱だったし、脈も戻ったので

仕事に行くことにした。

しかし、仕事を始めてからも、フラフラが強くて

こりゃあかん

と当直師長に診察を希望したら

「もう、仕事を休んで受診するように」

と言ってくれた。

悪寒もしてきたので、熱も上がるかなと言うのもあったので

看護師になって初めての「早退」をしてしまった。

朝の胸痛とタキっている話を嫁さんには伝えていたのですぐに心電図をとった。

すると、安静時にも関わらず脈が170~180回/分と言う

全力で運動中みたいな見事なタキっぷりであった。

不整脈もあるという事で、診療所の先生が救急車を手配してくださり

そのまま救急搬送・・・。

タキっているので、血圧は下がり60/46㎜Hgだった・・・。

そりゃ、フラフラするわな。

救急車の中では120回/分ぐらいまで下降していた・・・。

で、心エコーとか胸部レントゲンなどの検査をして分かったのが・・・。

頻脈性不整脈のひとつ

WPW症候群(房室回帰性頻脈)

だった・・・。

ああ、看護学校時代に習ったよ、それ。

d0005908_20191039.jpg
まぁ、心臓は電気信号で動いているというか統制されている訳なんだけど、

一度流れた信号が副伝導路という生まれつきある欠陥の電線(とあえて言う)を

通ってまた戻って行くので、脈拍数が倍になってしまう訳だ。

発作が止まったら何も異常はないから検査しても分からない。

実は結構前から胸痛が稀にあったのであるが、健康診断でも気になって、

心臓の造影剤をいれてのCTの検査もやったのであるが異常がなかった。

その内に只の肋間神経痛だろうと思っていた。

20代の頃からのこの不調の原因が分かったので、結構嬉しい。

で、その治療法は

d0005908_20293422.jpg
簡単に言えば、

その欠陥電線を焼き切ってしまい、変な信号を送れなくしてしまえ

って言う方法である。 勿論リスクはあるが、少ないし月曜日に手術の日程を決めて、

そのまま夜勤に入る予定である。


いや~ ツーリング途中や試験途中でなくて本当に良かった。

しかし、まさか、2年連続で救急車に乗るとは・・・。

トホホである。

[PR]
by whirl--wind | 2016-11-19 20:49 | 看護 | Comments(16)
Commented by トモコ at 2016-11-19 22:44 x
そ、それトホホどころの話じゃないですよ!
心臓に直接メス入れるわけではなさそうだけど
電線を焼くとか怖いです。

WINDさんの病気が良くなるように
念力を送ります。
アタシの念力は重病ほど良く効きます!
Commented by whirl--wind at 2016-11-20 13:48
> トモコさん
念力ありがとうございます!!
正直心臓までカテーテルを入られらるのは結構緊張しますよね・・・。
手術時間も3~6時間とそこそこあり、しかも局部麻酔なので起きているし・・・。
その間に勉強でもできれば最高なのですが、絶対に頭に入らないでしょうね。(笑)
時間がかかるのは、どれが欠陥電線かを探すからでしょうね。
間違っていい電線を切ってしまえば、ペースメーカーを埋め込まなきゃいけないし。
明日、気合い入れて先生と話をしてきます!
Commented by にゃんこ at 2016-11-21 09:58 x
おはようございます!
やはり無理しすぎだったんですよ。
仕事だけでも大変なのにあっちこっち移動したり勉強したり遊びにいったり、そりゃ体も悲鳴あげますよね。

手術までやらないといかんとは。
どんな感じなんだろ、心臓の手術って。
たいしたことなかったやー!って記事があがるのをお待ちしてますね!
Commented by しのび at 2016-11-21 11:02 x
いやいやいやいやいやいや
大変じゃないですか!?
1000人に3人の心臓病?(ググっちゃいました)
局部麻酔で3~6時間・・・
ちょっと体、頑張りすぎちゃったのかもしれないですね
冷静なのがさすがに看護師さんですが
この機会にちょっとゆっくり休んでくださいね
今日夜勤ですか?大丈夫なんでしょうか? (-_-;)
心配ですけど、私も念をおくりますので
くれぐれもしっかり休んでから元気になってくださいね
Commented by tomomi49860 at 2016-11-21 11:24
手術!となるとすぐに保険のことを考えちゃう私😅ゆっくりと静養をして~と言いたいですが難しいですよね。家族が一番心配してると思います。医師とよく話し合って、とにかくお大事にしてください💦byもみたん
Commented by whirl--wind at 2016-11-21 12:06
> にゃんこさん
トリガーになる因子は年齢やストレスとかでも増えてきますけど、
先天性の疾患ですから。
まぁ、心臓の中に管を入られるのは、正直気持ちのいいものではないですけど
これで治るならお安いもの(手術代は高いけど)です。
今日、師長と相談したところ来月は無理っぽいので二か月ぐらい先になりそうです。
Commented by whirl--wind at 2016-11-21 12:11
> しのびさん
ググっちゃいました?
経験豊かな先生ですし、一番多い合併症でも発生率1%ぐらいらしいし、
一度の手術で根治する人も98%とこりゃ、受けなきゃ損でしょ!
って感じです。
先立つものがないのと、12月の勤務が決まっているので、1月中旬以降かなと思います。
手術が終わって安静にしてそのままFP2級のリベンジ!
というのが、自分の予定なのですが・・・如何に?

風邪が治りきっていないのですが、今日の夜勤、明日の用事(半分仕事)はする予定です。
今から少し仮眠しておきますね~
Commented by whirl--wind at 2016-11-21 12:20
> tomomi49860さん
手術となると一番心配なのがお金ですよね。
会計で尋ねると、3割負担で65万円ぐらいだそうです。
高額医療の申請をするので、多分入院費を入れても11~12万円ぐらいになりそう。
ボーナスは余裕ないので、大型二輪の費用を回すことになるかも?
保険で帰ってきたら補充するけど。(笑)
今日、妻と一緒に診察も受けたので。場所が場所なので、自分以上に心配しているようです。
看護師になって7回目の入院、5度目の手術です・・・。
今は風邪の治療に専念します。
Commented by ひろむ at 2016-11-21 23:30 x
ブログ読んだんですが、えらい症状で驚きました。大丈夫ですか?無理したらあきませんよ。命あっての物種ですわ
Commented by 3240-hahaha at 2016-11-22 09:52 x
お加減、いかがですか?

あまり、無茶しないでくださいね(>_<)

先日の怒濤の日々からの、お疲れが出たんでしょうか?

お大事にしてください。
Commented by whirl--wind at 2016-11-22 12:12
> ひろむさん
そうなんですよね・・・。今日、職場の同僚からは、一日も早く手術を受けるように言われました。多分、受診した病院もそう考えているようなのですが、勤務が難しいようで・・・。
特に発作で命を落とすことはないのですが、運転中とかでしたら、ヤバいかもしれません。
今日、病院に連絡してドクターの意見を聞いてみようと思います。
Commented by whirl--wind at 2016-11-22 12:15
> 3240-hahahaさん
疲れもトリガーのひとつだったのかも。
25日の休みはゆっくりと過ごす予定です。
これからは、試験もないですから。
ただ、仕事上での外出や外泊は続きそうですけど・・・。
Commented by どうせけ at 2016-11-24 11:55 x
お加減いかがですか?

「ご無理しないでください...」
と申しても、そう易々といかない現代社会。

気持ちだけでもWINDさんのリズム(主導)で事がなせれば幸いです。

ご無理なさらずがんばってください。

ご回復待っております。
Commented by ボボ・ブラジル at 2016-11-24 12:38 x
心疾患とは驚きました。

安静時でPR170~180bpmって。。。
マラソン練習で追い込んでるときの拍数ですよ!

手術も含めて心配ですが、お大事になさってください。
Commented by whirl--wind at 2016-11-24 20:21
> どうせけさん
ありがとうございます。

発作が起きない限り大丈夫なので、基本仕事は休まずにやっています。
ただ、患者さんを連れての外出は控えるように言われました。
気持ちは、いつもあかんなぁと思うぐらいゆっくり、まったりとしていますので
大丈夫ですよ~

二か月後には全く問題が無くなっているはずです!
Commented by whirl--wind at 2016-11-24 20:23
> ボボ・ブラジルさん
マラソンで追い込んでいるとき・・・。
そうですよね・・・。
安静時だったら大丈夫ですが、マラソンの様に運動中に発作が起こると
失神してしまうそうです。(笑)
手術は嫌ですけど、網膜剥離の手術と比べるとかなりマシなはず。
と言い聞かせています。