ついに転がり始めた我が人生(交通事故編その2)

お待たせした。今夜はその2をご堪能頂こう。
左側を走行していた私は、突然目の前に右折してくる車を発見したのだ。「やばい!」と思いブレーキをかけるのだが、発見したのが車一台程度の距離だったため、ニュータイプと言われる私でも間に合うはずがなく(しかも、左右に逃げられない)殆どノーブレーキで右折車と衝突したのだった。衝突した瞬間の記憶はない。記憶があるのは四つんばいになっているところからだ。呼吸をすると右胸に痛みが走る。深く呼吸が出来ない分頻呼吸になる。ヘルメットの脱ぎ捨てたもののその場から一歩も動くことができなかった。これが痛恨の一撃と言われるものだろう。
「大丈夫ですか?」と尋ねる女性の声「またここで事故があったのか!ガードマンは何してるんな!」と言う男性の叫び声が聞こえた。
その時私は何を考えていたかというと「うわぁ、この怪我は一日じゃ治らへんぞ。明後日から仕事なのにどないしよう?首やろか?」と仕事の心配ばかりしていた。
そうこうしている間だに救急車が到着した。やけに早い到着である。後日確認したのだが、殆ど目の前が消防署だったのだ。運が良いのか悪いのかよく分からない。(いや、きっと悪いのだろう)
救急車に乗せられ近くの病院に搬送された。そこで、6・7番肋骨骨折と打撲の診断をされることになる。K-1で肋骨を骨折しながらも戦っていたファイターが居たが、あれは化け物である。普通は動けないだろう。多分痛覚が麻痺しているものと思われる。
今回一番泣けたのは怪我の痛みではない。トホホな思いをした精神的ダメージだ。
それは何かと言えば、幾つかある。まず、事故をするのも格好悪い。バイク歴13年(殆どペーパー)であるのにだ。そして、ボルタレン座薬を入れられるポーズもいまいちだ。いや、あのポーズは死ぬまで他人にはさらしたくないものだ。が、もっと情けないことは、職業を聞かれ「看護師です」と答えることだった。看護師になって僅か1ヶ月で看護される側になろうとは・・・・。正にトホホな人生である。
加えれば、体のあちらこちら悪いところがある私にとって、唯一自慢できたのが骨の強さだった。
今回の骨折と共に私の心の拠り所もパキンと心地よい音を立てて崩壊したわけだ。 やれやれである。  その3に続く。

[PR]
by whirl--wind | 2005-06-05 21:30 | 日記 | Comments(0)