2016年 10月 30日 ( 1 )

昨日、夜勤明けの休みであったWINDである。

卸売り?市場でマグロの解体&販売があるとのことで、

生ものが嫌いな以外は楽しみにしながら向かった。

d0005908_00380276.jpg

マグロが解体されていく様子を多分初めて見る王子

自分は和歌山なので、解体ショーは何度か見たことがあるが、中々良い。

d0005908_00375345.jpg

が、

人気ありすぎて、並んでいたのに

「ここまでです」

と切られてしまった・・・。

ああ、無情。

試験で足切りされるような感じをリアルに体験したようである。

仕方がないので、他の店を回り、お菓子を買って帰りにアイスを買って帰宅。

d0005908_00375765.jpg
d0005908_00380663.jpg
帰ってから、自分と嫁さんは疲れて数時間寝てしまう。

起きて飯を作ったり・・・。

昨日もご飯がいっぱい残っていたので、あり合わせで、雑炊を作ってみたところ、

評判が良かった。

1億総活躍とやらのおかげで、手取りはさがるし、嫁さんのパートの時間は伸びる。

必然的に自分が夕食を作ることも増えるのだが、子どもは喜んでも

自分は嬉しくない。

何故なら、自分で作るご飯は旨くないから。

ご飯が余っていて、他の食材がないので オムライスやチャーハンや雑炊など

ご飯メインになってしまう・・・。

ダイエット中の自分にとっては、炭水化物は避けたいのであるが・・・。

まぁ、子どもが笑顔で食べてくれるので、良しとするかな。




で、丙種化学 液石の進捗であるが、

法令と今日やっと学識を一周した。まだ保安管理技術は手つかずである。

学識は、計算問題を捨ててしまうと合格は無理に近い。

過去問から8パターンぐらいの計算問題が解けるようにしておきたい。

ボイルーシャルルの法則で解ける問題も多いし、

アボガドロの法則は、ボイルーシャルルよりも捻りが少ない分助かる。

ボイルーシャルルは、簡単に言えば、ピストン風船の中に炎があるイメージ。

一定量の気体の体積は、絶対圧力に反比例

つまり、ピストンを押す(圧力を加える)と体積は小さくなる。(反比例)

一定の気体の体積は、熱力学温度に比例

つまり、風船の中の炎が燃え、温度が上がると、風船も膨らむ。 (比例)

みたいな感じ。

計算時、絶対圧力絶対温度で計算するから、計算の終わりに

℃に換算したりするのを忘れないように、という訳だ。

色々数値も覚えなきゃ解けない問題も多いので、兎に角全部一周を目指す。

残り13日。

FP2級の二の舞には、なりませんの事よ!

[PR]