2017年 06月 13日 ( 1 )

昨日夜勤明けで、今日は休みのWINDである。

昨日は、夜勤明けで内科と歯科と危険物取扱者の免状申請に行ってきた。



さて、肝心の点数であるが・・・。


























d0005908_15185459.jpg

乙5は60点、乙6は70点とかなりギリギリのラインを走っていた。

つまり、乙種1・2・5類がギリギリ合格という

間一髪、いや半髪と言ったところか・・・。

保育士の後期試験もギリギリで良いので合格してほしいなぁ‥‥。


今回も土連会館に直接持って行った。 合格者の受験番号も張り出されていた。

甲種を見てみたが、合格率は30%台と言ったところ・・・。 


うむ~ん~


内科の方は問題なく経過。 減薬も出来た!


流石に帰ってくるとクタクタで、暫く眠ってしまったが、前回

その仕事の年間目標とその他のため、
資格商法ではないが取得しても就職に役立たない
資格を受ける予定である。」

と書いた勉強の開始が出来たので早速始めてみた。


発達障害コミュニケーション初級指導者

d0005908_15521966.png

と言うのだが、自分も発達障害や自閉症などにに活かせる資格を調べて初めて知ったものである。

本当は、看護師が認定されるこれが一番というのもあったのであるが、

二年間座学や実習をしてレポートを提出、そして費用が20万(実習費除く)

とハードルが高いので、断念。他のも11月から募集になっていて

年間目標にも間に合い、発達障害についても勉強できるこの講座にしたのである。

正直あまり期待していなかったが、発達障害の子どもを持つ親としては、

色々と気づかされることがあり、一気に最後まで視聴した。

学校の先生にはぜひ一度見て欲しい内容だった。

中級は実務経験がある人が対象で専門性も深めるという事らしいので、

中級も受けてみても良いかな?と思えたよ。

自分の病棟は自閉症もいるが、結構知的なレベルは低い。

それでも、ここで挙げられたコミュニケーションを実践してけば長期的には変わるのかな?

少なくても自分と患者さんの信頼関係は築けるのではないかと思った。



[PR]