2017年 07月 04日 ( 1 )

昨日が夜勤明けで、ワンオフのWINDである。

火曜日というのは、何もない唯一の平日勤務になるので、火曜日は出勤でも良かったのだが。

明日は、やはり薬当番が当たっている。

しかも、仕事を早くから始めないようにというお達しまで来た。

前の病棟では、始業開始10分前にナースステーションに入り、その日の受け持ち数人の状態の把握

そして、申し送り後に隔離になっている人の開放時間などを話し合う、そしてバイタル測定と

言う流れでも時間にも余裕があった。

所が、今の病棟でサブリーダーになると受け持ちもあり~の50名入院しているその半分の

25名の薬セットや状態把握とか、勿論自身にも受け持ちがあったり、療育がついていたり。

そんなこんなで、役割に応じて始業の40~50分前には遅くても仕事を開始するようにしている。

勿論残業代は出ないし、欲しいとも思わないし、他の人にも強要するつもりも更々ない。

患者さんのこだわりのペースに合わせなきゃいけないし、それはそれで大切だから

それ以外の仕事を早く終わらせて精神的に楽になりたいのである。


そんな事を考えながら、ネットをみていると、




うお座が仕事でつまづくとき



と言うのを見つけた。

・プレッシャーがきつい

うお座はある程度自由がある中でこそ自分らしさを発揮できる方なので、
上からのプレッシャーがかかると辛く感じてしまいます。

特に売り上げの成績を上げる部署の責任者だったりすると、上からも下からも
圧力がかかるので精神的に参ってしまうかもしれません。

仕事を進める上で時間的な余裕を持ちたいうお座ですから、あまりにも追い立てられると逃避
してしまいたくなってしまうでしょう。

上司に相談をしたり職場の改革をしようとするほうではりませんから、今の状況で
どうにか耐えようと頑張ります。

強まるばかりのプレッシャーに耐えるには気持ちを誤魔化すしかありませんが、
うまく気持ちのバランスをとるのは難しいかもしれません。

・スピードを求められる

いつもマイペースに進めたいうお座は仕事にスピードを求められると対応できなくなるかもしれません。

それが一時的なものであれば良いですが、常に素早い行動力を求められたり、瞬間的な判断力を
求められるような仕事などにはストレスを感じます。

いつも急がされてばかりいると精神的に不安定になりやすく、感情的にも揺れやすくなるでしょう。
そうなると何事にも神経過敏になり結果的に強いストレスを感じてしまうのです。

普段は穏やかで落ち着いているうお座でも、スピードを求められると混乱してしまって
正しい対応ができなくなってしまう恐れもあります。


読んでいて、「ああ、なるほど」とすとんと腑に落ちた。

うお座が全部そうであるはずもないし、信憑性がどうのという理論的な話ではないが・・・。


前にも書いたが営業職は絶対にしたくない(できない)仕事である。

過程よりも数字、結果を求められる仕事は無理・・・。

営業ではないが以前〇〇〇で、初めましての所で介護職員に罵声を浴びせられた時も

昼ご飯が喉を通らなかった。 2回のみだったが2回目に行くのは辛かった。

(2回目と時はその人もニコニコで、またよろしくと言われたが)

上司にも相談できないのもそう。自分だけでなく他のスタッフも条件は一緒。

特に今年の新人は大卒だが、重心というマイナーな分野に興味を持ち

卒論も重心をテーマにたらしい。 この歳で良くそこまでと感心するばかかりである。

プライドなんて殆どないが、他病棟とは言え重心経験者としての異動命令だったのに

即戦力として役立たずとなれば、オイオイという事になる。

スピードもダメである・・・。

一時的なものであれば、(クリックで詳細表示)→レイズナーのV-MAX

d0005908_15183359.jpg

の様に出来ない事もないけど、連続はムリっす。

春からの体調不良とかこういうのが原因だったのかなと。

と言うか、これじゃあ、ダメ人間じゃ・・・。

せめての救いと言えば、皆に優しく接するようにしているので、

他害がある子でも、毎日笑顔で話しかけ出来たら褒めて頭を撫でていくと

興奮しているときでも、落ち着いてくれることが多くなってきた事。

ベテランさんでも内服を嫌がる子でも自分だとスムーズに。(これは単なる相性の問題)

と大変ではあるが、患者さんの笑顔とスタッフが良い人揃いなのが助かっている。

多分これらもダメだったら、移動願を出していると思う。

もう、3か月になるのに、未だに「行きたくない病」が治らない。

以前よりはマシになっているので、もう少しの辛抱と努力かな。

自分にできる看護をしていくしかないのであるが、理論的に看護を語れるわけでもなく。(笑)






ああ、かなり愚痴っぽい内容になってしまった・・・。

[PR]