2017年 08月 18日 ( 1 )

今日は休みのWINDである。

やっぱり自分はダメ人間だと思うわ。

休みで時間があったら何かするかと言えばしない。

結局ボーっとしたまま過ごしている始末である。

こんなことをしているから、試験勉強も開始できないのである。

今日?公開される

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

を観に行こうかなとも思ったのであるが、レビューで

俳優が棒読みとか最後がイマイチというのを見て行くのを辞めた。

確かに音楽だけ聴いていると、映像も音楽も良いし~となるのだが、

予告編を観てみると、確かに演技が下手だな・・・と。



んで、それで勉強したのかというと、この前購入した漫画なんぞ読んでしまった。

d0005908_14542000.jpg

魔法少女特殊戦あすか 5巻 である。

表紙は伝説の五人の最後である、ラウ・ペイペイ。

色々変わり過ぎていて、表紙だけでは気が付かなかった。(笑)

敵であるバベル旅団が圧倒的な強さを見せる。

やられキャラも重武装したり、対魔法少女の兵器を持ったり、

またこちらの戦略も読まれており、火力から始まり圧倒的に不利な状態。

陽動と知りながら鎮圧を買って出たジャストコーズが対魔法少女兵器により負傷。

ウォーナースは、ウィップラッシュと一騎打ちになり、辛くも勝利する。

ウォーナースもそうだが、時々見せる、心の闇というか見せる表情が凄いものがある。

ベルセルクのガッツみたいな。

ラプチャーも左腕をもがれ、護衛する対象のタビラ将軍は瀕死状態。

そして、タビラ将軍からの届け物は奪われるという不利なまま次巻を待つことになる。

5人目のラウ・ペイペイは、今の所関与せず、フリーの暗殺者・傭兵として活躍中らしい。



d0005908_15082319.jpg

ギャラリーフェイクや電波の城で有名な細野不二彦先生の最新作である。

アニメで放送していた、GU-GUガンモやさすがの猿飛も好きである。

自立型AIを搭載した犬型ロボットの「バド」とバドと関係を持った相沢家とのドタバタした

SFチックな話。

実際バドについて知っているのは、親父の正志のみだが・・・。

以下説明より抜粋

1匹のAIと地球の命が、相沢家に託された!

AI(ヤツ)の名はバド!!

2019年、米国国防省から逃亡中の人工“超”知能が、かつて量産されたペットロボットのバディドッグ、通称「バド」に乗り移り、日本に現れた!!
バドはなぜか平凡な男・相沢に管理されるコトを望む。最強のAIを搭載するバドを預かった相沢一家は、その“変犬”ぶりに右往左往させられるが・・・
人工知能は人類の相棒(バディ)か? 医療や金融、将棋など様々のジャンルをAIキャラクターの視点で斬る、細野不二彦流「少し不思議」な日常系SF始動!!


最後の庵野秀明との対談も面白かった。






















ちょっとは、勉強してみよう。   うん。

[PR]