カテゴリ:NINJA250R( 75 )

今日は休みだが、午前中は王子の受診、午後からは公園で蝶を追いかけ、

タイチにいって、サイドバッグが合うかどうか確かめ、その後、リムストラップを貼り、

最後はみんなでボール遊びと中々ハードな一日であった。

は疲れてしまって、寝てしまっている。

まず、受診。

子供が遊んでいるのを見ながら、「成長(精神的に)していますね」と。

関わるときは、否定的な言葉を使わない事。 つまり一般のしつけとは真逆である。

あと、イメージできないので、前もっての約束はまず無理というか無駄であること。

同じおもちゃがあっても、他の子のを欲しがることについても、保育士が関わらなくてはいけない。

あとは、小学生になって、決まりごとが多い方が、それに合わせればいいので、自由より

パニックにならないで対応できるようになるのでは。という話だった。

たとえば、傘で遊んでいて危ない状況があるとして、

「危ないから、やめなさい」

では駄目らしい。

黙って、傘を取り上げ、それで泣いたり怒ったりしても相手にしない。

かなり難しいかもしれない。

医師からは、騒がしい場所はテンションが上がりっぱなしになるので、

あと、人が多い場所では注意しなければいけないことも多いので、

公園などで遊ぶように言われたので早速弁当を作ってもらい公園へGO!

そのあと、RSタイチでサイドバックが合うかどうか見てもらいにいくために、

自分はバイクで公園に向かった。

d0005908_19544190.jpg


蝶を捕まえるための装備をつけた、王子である。

走って、走って、走りまくり、王子は一羽の蝶を自分は4~5羽捕まえた。

「おとうさん、すご~い」

と父親の面目は保たれたようである。

その後、RSタイチについてみると、前に欲しいなと思っていたメガリが停まっていた。

d0005908_202021100.jpg


やっぱり格好いい。 しかし、あれだけのトラブルマシン。 自分には無理だろう。

シートバッグ合わせはぎりぎりセーフというところである。

リアのウインカーは覆われるが、干渉はぎりぎりかな。

帰ってから、リムストライプを適当に貼って、とりあえず思い描いていたカスタムが終了した。

マフラーとかタイヤなどは、後のお楽しみにする。












さて、単車の画像だが・・・・。




















まず、サイド。

d0005908_20183133.jpg


青系統の色で、ninjaに合わせて施工してもらったのだが・・・。

作業を見ていた人や手伝ってくれた友人は、

「デザインのようなもので、恰好良いと思うよ。 痛車に見えん」

褒めてくれたので、ホッとした。

一緒に走るのイヤと言われたらどうしようかと。


次にサイドのアップ。

d0005908_20191463.jpg


クラッチケースのところに、カバーを取り付けた。

トリックスターの文字が格好いい。

右側に転倒することが多いと思うので、こちら側だけ付けた。

(どこまで、チキンやねん)

画像を見て気づかれたと思うが、フロントウインカーが別物になっている。

d0005908_20251288.jpg


SEC エアロフラッシュ タイプB クリア スクエアタイプ SAC22

である。

球が15Wなので10Wと交換して取り付けた。

純正のウインカーは転倒時にカウルを割ることで有名なので、思い切って交換した。

次にリアを下から。

d0005908_20211287.jpg


おまけにくれた交通安全お守りステッカーと見る人が見ればわかるステッカー2枚である。

斜め後ろから。

d0005908_2023388.jpg


フェンダーレスはやっぱり格好いい。

最後は真後ろから。

リアカウルもこの通りになっている。

RSタイチで、青物2個ほど購入したのだが、それは次回の更新で。



今日一日遊ぶ分、一日のノルマを朝の4時過ぎまでやっていたので、今日はくたくた。

ブログ書きながら何度も居眠り・・・・。

ちょっち、限界である。
[PR]
今日は、仕事が結構きつかったので、へとへとのWINDである。

勉強はなんとか続けているが、相変わらず手ごたえがない。

それでも、続けるしかないのだ。

さて、全然ツーリングなどに行けていないので、ツーリングレポートなど書くこともない。

仕方がないので、今回もカスタムもどきを書くことにする。

と言っても、既に皆がやっている模範でしかないので、詳しいことは省く。

今回やったのが、

①ヤフーで落札したシールを貼って、カーボンもどきに。

②同じくシールで、なんちゃって二眼に。

③時計が無いので、時計を付けてみた。

④メーターをELメーターに変えて、自己満足とさをプラス。

⑤ツーリングに備えて、電源確保。

⑥オイルフィラーキャップ と フロントブレーキリザーバーを青化

⑦ニーグリップパッド装着。

以上である。

もう、なんだか滅茶苦茶で、自分も訳の分からないバイクになってきている。

こんなアホな事をやっているから、コメントもつかないのだろう。(笑)

まず、①・③・④・⑤・⑥の写真

d0005908_23212557.jpg


①シールはそんなに長持ちしなさそうであるが、ちょっといい感じになった。

③ MOTO FIZZ 電波クロックは結構みんなつけている。

最初は左に付けていたのだが、電源を取るときに邪魔になり右へ。 

しかし、右にそんな余裕なし!ステーを適当なやつに変えて対応。

夜間の視認性は悪いが、昼間は問題ない感じ。

④は、Odax / EL METER PANEL for SPORTS BIKES I.N styleを付けてみた。

d0005908_23321763.jpg


「忍者」と漢字で書かれているのが、良いのやら、悪いのやら。

メーターの中心もなので、これも青化に成功。

d0005908_2331194.jpg


更に、

夜間、オレンジ色でイマイチ見にくかったのが、

d0005908_23315148.jpg


結構見やすくなった気がする。 しかも、更なる青化に成功。(笑) ちなみに緑にもなる。

ただ、メーターを外すには、フロントカウルを外さなければならず、それを外すには、

サイドカウルも外さなければいけないという、手間・・・・。

⑤は、一応防水だけど、イマイチな電源。基本雨の時は乗らないし、大雨の時はビニールでも

被せておこうと思っている。 これをiphoneやETCの電源に使う予定。(期待している)

⑥ フロントブレーキリザーバーはZETA 製のやつ。「Z]の向きが合っているのか?

まぁ、どうでもいい(ゼット!)

フロント周りはこんな感じ。

続いて、②もカーボン調のシールである。

d0005908_23364021.jpg


これが、ライトをONにしている時。 貼り方が下手で光が漏れている・・・。

d0005908_23373374.jpg


返って格好悪いか・・・。

⑥オイルフィラーキャップはくるくる回すだけの簡単施工。なので、盗まれそう・・・。

これも青化に成功。 (もう、ええがな)

そして、ニーグリップは、STOMPGRIP 08-12 NINJA 250R 《VOLCANO》 BKである。

d0005908_2343125.jpg


峠を攻めるときも良いらしいが、自分は、ツーリング中の疲労が溜まらないようにするのが目的。

最初痛いかなと思ったが、そうでもなく一体感が増したように思う。

d0005908_23452058.jpg



そして、最終カスタム!

更なる青化

「痛単車化」へ!

これで、一年はカスタムしない(できない)だろう。

一年後は、マフラーだろうか?

さて、勉強、勉強。

この記事を見て、引かないで・・・・頼みます。何か(中傷はいやだけど)コメントを。
[PR]
今日は休みだったWINDである。

明日は夜勤、そして明けると建築士の目標日になる・・・・。

建築士の勉強は、嫌いな法規と構造をやっている。

が、

悲しいくらいに遅い、時間がかかる、集中力が切れてくるといった感じで

ストレスだけが確実に積み重なっている。

そんな中で、カスタムをやった。

先ずは、ローダウン。

両足は届くのだが、安定しているわけではない。

立ちごけすると修理代が馬鹿にならないので、保険の意味を込めて

ローダウンにすることを決意。

DSに注文した時に取り付け代を訊くと

8千円以上。

カウルも外すとなるとそれ以上らしい。

そんなわけで、友人のところにGO!

d0005908_0312282.jpg


「どこを取り換えるんだ?」

「写真からしてここだろう」

「よし!外すか!」

と外すと車体がガクンと下がる。(当り前)

2本目を外すときテンションかかっているのだから、気づけよ・・・。

「これ(BEET)取り付けるとき、車体にテンションかかっていたら無理よな」

普通は、メンテナンススタンドを使うのだが、そんなお金はない。

「よし! フォークリフトで吊るか!」

d0005908_035341.jpg


取り付け無事終了! 数日で緩むので増し締めをしてくれと書いていた。

d0005908_0365276.jpg


こんな感じになった。

足つきはこれでもかっ!というぐらいに良くなった。

これで転んだら言い訳できん。

乗った感想は・・・・。

カブ?

腰に優しい事には間違いない。

峠を攻めるわけでなく、まぁ、こんなもんだろう。

次はフェンダーレスなのだが、交換するのにカウルを外すのが嫌になるくらい。

そうやって、やっと取り付けたと思ったら、

d0005908_041349.jpg


合わない・・・。

タンデムシートも見事なずれっぷりを見せてくれた。

d0005908_0415517.jpg


悲しいよ。

翌日メーカーに電話したら、検品してずれが大きい様だったら交換してくれるという話になった。

嬉しいが、あの作業を2回もするのか・・・。

リアフェンダーはタイヤぎりぎりで

「擦るんとちゃうか?」

と思ったが、今のところ大丈夫のようだ。

d0005908_046693.jpg


パッと見は、恰好よくなったフェンダーレス

d0005908_047192.jpg


次は、おきごんどうさんを始めみなさん考えていることは同じである。

そう、ちび黒忍は「黒すぎるのである」

自分は、アクセントとして、好きな「ブルー」をチョイス

青化計画は、

d0005908_155321.jpg


d0005908_05457.jpg


d0005908_0542214.jpg


d0005908_0553792.jpg


どうだい? どうなんだろう・・・。

今日、初めての洗車をしたのに、今大雨が降っている・・・・。

雷もなっている・・・・。

悲しいよ。
[PR]
今日は休みで、一日勉強頑張ったWINDである。

昨日は雨だったので、自転車に4年ぶりに乗って坂道を登ったら、

股関節が痛い・・・・。

悲しすぎるぜ、俺の肉体。

今回のカスタムは、

1.バイクカバー (カスタムちゃうやろ)

2.ハンドルアップスペーサー

3.ミラーのドレスアップ

である。

バイクカバーは、販売店のおっちゃんはカウルに傷が付くからやめときと言ったらしい。(嫁さんに)

しかし、雨ざらしというのもちょっとあれである。

バイクカバーで調べてみると、良いのもあるが、悪いのも多い。

問題になるのは、

1.カウルに付く傷

2.エンジンやマフラーの熱でカバーが溶ける

3.熱がこもって、サビの原因になりやすい

利点としては、

1.雨や紫外線にさらされない

2.防犯対策になる  ←これ重要

値段と性能は正比例するもので、数千円のは一年もたないとか、雨がしみこむとか・・・。

良いのになると流石なのだが、2万円以上もかるくする・・・。

カバーに2万以上は・・・・。

で、結局 ある程度防炎や耐熱があり、裏地はソフトで、黒忍にぴったりの・・・・。

d0005908_2347540.jpg


すなわち、純正を買った。

いや、決して安くない。 カバーで一か月の小遣いが・・・。

しかし、「KAWASAKI」の文字が恰好良いだろ?だろ?だろ?(やけくそ)

熱の籠りに対しては、

d0005908_23491359.jpg


メッシュになっているところから熱が逃げるようになっている。

熱に対しては、基本通り、帰ってから1時間後ぐらいにカバーをかけることにした。

肝心の傷対策は、ブログでやっている人を参考にして、

d0005908_23514320.jpg


ミラーを折りたたんでいる黒忍。 ミラーがうさぎの耳みたいで可愛い。

(すでに、ミラーはカーボンもどきになっている。両面テープで被せるだけの簡単施工)

これに・・・

d0005908_23525636.jpg


着なくなったTシャツの後ろを切り抜き、袖のところをミラーに通す。

すると、傷がつかな~い。(笑)


後ろは、トレーナーを(笑)

d0005908_23544992.jpg




続いて、まだ100キロも乗っていないのだが、慣れていないせいもあるが、やはり腕と腰が・・・。

腰にボルトオンしている自分は無理が効かない。

そこで、これだ。

d0005908_2356508.jpg


ハリケーンのハンドルアップスペーサーH18である。

名前の通り18㎜ハンドルを高くするものである。

ジュラルミンでできているので、こんな小さいパーツでも、小遣い一か月分。


これが、

d0005908_030691.jpg


取り付けたらこんな感じ

d0005908_0171119.jpg


見た目は変わっていないが、実際乗ってみるとポジションがめっちゃ楽である。

その時である。

師長から電話。

出てみると「残念なお知らせがあります」と。

内容は、看護研究をもうひとつ違う場所で発表して欲しいという総看護師長からの要望であった。

場所は、兵庫・・・。

時期は大阪が10月、兵庫が11月らしい。

建築士の試験も終わっているし、ツーリングのつもりで、行ってくるか・・・。

密かに貯めつづけた小遣いの底が見えてきた。というか、底しか見えん。
[PR]
昨日と今日が休みで久々に連休のWINDである。

今日は、環境・設備の勉強をしたが忘れているところも多く・・・情けない。

なんとかノルマを守って頑張っている。

5月11日にKSR-Ⅱとお別れし、昨日、生まれて初めての新車を購入した。

KAWASAKIの

Ninja250Rである。

排気量が、Ninjaの中で一番小さいので、「ちび忍」とも呼ばれているようだ。

HONDA CBR250Rと最後まで悩んだのであるが、

良くも悪くも自分は「KAWASAKI乗り」なんだなと思う。

バイクを取りに昼前に出発し、まずは腹ごしらえ。

行ったところは、奈良県橿原市のちゃんこ堂らーめん ちゃんこ堂である。

らーめんも和風で惜ししいのだが、丼ものもすごく美味しかった。

姫と王子もぺろりと食べてしまった。

d0005908_2021422.jpg


d0005908_2024436.jpg


お腹が満たされたら、今度はバイク屋へ。

バイクについて説明を受け、大阪の友人の家に行った。

家族とはここでお別れ、多少緊張しながら走る。

d0005908_20252224.jpg


d0005908_20254496.jpg


黒忍である。

買ってから1時間しか経っていないのに早速、カスタムもどきを始める。

先ずは、フレームスライダーである。

ブログ友をはじめ、自分も過去にやってしまった

伝説の立ちごけ

の精神的のいや、カウルのダメージを軽減するありがたい品物である。

多分、立ちごけ程度のダメージは防いでくれるに違いないと思われる。

カウル直付けはカウル加工がめんどいので、やめたが、意外と値段が高い。

とりあえず、相場の半額程度の物をオークションでGETした。

d0005908_20324071.jpg


これが、素晴らしく(何も書いていていない)説明書なので、細かいところが分かりにくかった。

それよりも大変だったのが、カウルを外すことであった。

初めての作業なので、とりあえずナットを外し、上や横や振り回して、

d0005908_20355322.jpg


d0005908_203666.jpg


取り外し終了。

これに時間がかかり過ぎた。

なぜか、部品が一個あまあってしまったのであるが、無事取り付け完了。(翌日撮影)

d0005908_20382394.jpg


d0005908_20394879.jpg


スライダーの取り付けが終わったあと、辺りは真っ黒。

電気スタンドを点けて作業再開。

次は、テールライトである。

d0005908_2052035.jpg


純正を取り外そうとしたが、また外しにくいところにあったので、思ったより手間取った。

取り付け終了後、作動を確認する。

d0005908_20432585.jpg


上手くいったようである。

走行中は同じようなものであるのだが、停車中は

これが、

d0005908_20451546.jpg


これになった。(翌日撮影)

d0005908_20455362.jpg


少し厳つくできただろうか?

これもオークションで、定価の6分の1ぐらいの値段で買ったのだが、

「ニトリ」のようにお値段以上とはいかず、ちょっと隙間がある、お値段通りの品物であった。

休憩中に、タンクパッドとフュエルキャップを張り付けた。

d0005908_20523772.jpg


これが、

d0005908_20501951.jpg


これになった。

d0005908_20511851.jpg



暗かったのと、疲れていたので、歪んでいる・・・。(泣)(翌日撮影)

これで、チャックやベルトなどでタンクが傷つくことはない。

最後は、クラッチレバーとブレーキレバーである。

純正も悪くはないが、握りやすくするためと、ドレスアップにこれまたオークションで・・・。

d0005908_20541036.jpg


さて、っこれにて今回のカスタムもどきは終了、家に帰ろうとエンジンを掛けスタート!





あれ?


クラッチがきれたまま繋がらない!


前方に「えい!」と押してやると繋がる・・・・。


ふ、不便だ・・・・。

原因は、強く締めすぎていたことだった。

純正より短く握りやすかった。

これが、

d0005908_20575357.jpg


これになった。

d0005908_20582310.jpg


NINJA250RとKAWASAKIの「K」の文字が格好いい。(自己満足)(翌日撮影)

これで、第一回ちび忍カスタムが無事終了した。




こうして再びバイクに乗れるようになったのは、


嫁さんのおかげ!


ありがとう!


愛してるよん。


d0005908_21135670.jpg


王子を乗せるのは、もうちょっと慣れてから・・・・。
[PR]