カテゴリ:一年の振り返り( 7 )

今年も残すところ24時間になってしまった実感が・・・

全くないWINDである。

だって、普通に仕事だから・・・。

昨日の夜に嫁さんは一生懸命片づけをしてくれて、実家に帰省した。


さて、毎年の行事である「今年の振り返り」であるが・・・。


まず、家庭での事。

130万での枠内で働いてきた嫁さん。

政府の有り難いお達しのお陰で勤務時間を延長しなければ収入が激減することになった。

土日は子ども達が休みのため、休まなければいけない。

週5日勤務すると言ってくれたがそれだと嫁さん自身の時間が持てない。

学校の用事などもあるだろうし、平日に一日休みを入れてもらった。

しかし、一日の勤務時間は伸びてしまった。

預けている放課後デイサービスの時間も必然的に長くなってしまう。

デイサービスで宿題はやってくるものの、21時の寝る時間に間に合う事は殆どなくなった。

勉強においては、何とかついていけるレベルであるが、担任がイマイチのため

の登校拒否がでたり、王子の骨折、の腰痛。嫁さんの腰痛

そして、数か月に及んだ嫁さんの食後の嘔吐。

色々検査をしても異常はなかったので、精神的なものだろうと。

嫁さんも沢山のストレスを抱えてるのだろうと思うのだが、夫婦二人で

ゆっくりと話をする機会もあまりないのがあれなんだろうなと。

母への仕送りも後5年。

やり繰りも大変であるが、親孝行が必要なときにできるのであるから

ある意味幸せと思わなくてはいけない。

も中国で暮らし始めて結構経つが、和歌山に戻ってきても大した職がないので

強く戻るようにも言えない。

元気でやっているので、それだけが安心である。

ともここ数年会っていない。 電話は時々するのであるが、クリニックではなく

病院勤務になってからは中々会う事が出来ない。

甥っこも来年は受験生になる。


仕事については、

身体的には楽である。 前の病棟ではかなりの肉体労働だったから。

ただ、癒される患者はいない。

病棟全体的に調子の悪い人が多くなり、急性期に至っては

行くだけでストレスが溜まるキツイ勤務が続いている。

育休や病休などで、3人欠員(勤務表上は足りている)状態。

年休の希望も受け付けないという事になった。

看護部長から有休を取れるなら他病棟へ応援に行けと命令された為。

忙しいのはどの病棟も同じ。 仲間同士の連携はとれているのが救いである。

今の病棟で3年が過ぎ少しは精神看護が分かるようになってきた・・・かな?


最後は自分の事。

健康面においては、持病のコントロールはなんとか出来ているのであるが

上室性頻脈の発作で2年連続で救急車に乗ることになった。

両肩の痛みも取れないし、あちらこちらガタが来ているという実感はたっぷりである。(笑)

だまし、だましこの子らが成人するまでは頑張らないと。

成人したからと言って自立できるかどうかと言う不安はずっと残るだろうが。


今年から再開した資格習得勉強であるが、

ブログの仲間も沢山出来た。

色んな人の努力とか想いを知ることも出来て、この点だけは満点だと思う。

大切な、資格勉強の結果であるが、

合格したのが

・二級ボイラー技士

・第二級陸上特殊無線技士

・第二級海上特殊無線技士

・三級ファイナンシャルプランニング技能士

・宅地建物取引士

不合格だったのが

・二級ファイナンシャルプランニング技能士

・甲種第4類消防設備士

合格発表待ちなのが

・高圧ガス製造保安責任者 丙種化学 (液石)

・ITパスポート

5勝2敗2待ち。

決して良い成績ではないが、念願の宅建士に合格できたので、

素直に70点にしておこう。

来年の受験は数も増えるが、の試験が結構難関。

どうせけさんボボ・ブラジルさんの様に、自分を律することができないと

到底合格にはたどり着けない。

新年早々、夜勤というスタートだ。

しかし、お二人に習いしっかりと頑張っていきたい!

という事で、皆さん

今年はありがとうございました!

来年も引き続き、よろしくお願いします!




今年行った、蒼樹うめ展。

じっくりと見られなかったのが、心残りである。

d0005908_21475015.jpg




[PR]
今年も残すところ後2日。

今日、嫁さんらも和歌山に帰省して、毎年恒例の一人きりのお正月

を迎えるWINDである。

母も実家に帰るという事で、この正月はどうしようか悩み中。

とりあえずは、明日が今年最後の休みになる。



2015年を振り返ると言っても、ブログに上げるような内容などない

一年であった・・・・。

1.夏にタイヤがすり減り、悪路を走った為に「雪風」に乗って初めての

  走行中の転倒をやってしまった。

2.意識混濁になり入院したこと。

3.宅建士試験に5年ぶりにチャレンジして2点も足りずに不合格になったこと。

4.同窓会の帰りに一時停止でパトカーに捕まり、ゴールド免許が又先に伸びたこと。

5.夏休みに長距離ツーリングを予定していたのが駄目になってしまったこと。

6.CVPPPとか、精神科の研修に希望を出すも全然受理されなかったこと。

個人的には、仕事もプライベートも何一つ結果を残すことが出来なかった、

惨敗・完敗・敗退の一年であった。

王子は・・・・。

通知簿だけでみると王子の「がんばりましょう」が、1つに減少したこと、

姫は、「がんばりましょう」がなかったことは良い事であるが、

「よくできました」から「できました」の数が増えている事。

まぁ、簡単に言えば他の子との差がついてきた(悪い意味で)という事だろう。

嫁さんは、薬に対しては否定的なので、まぁその辺はそちらでよろしく。

自分は将来の為に、減薬、投薬中止を前提にますは使ってみるべき

という立場であることをここに明言しておく。

今の年齢なら許されるところもあるが、そのまま大人になった

人間を仕事柄良く見ている。

それがどんなにひどい状態か・・・。

20歳になっても、改善の余地が無い場合、あるいはそれに類する状態の場合、

親として最後のけじめをとる覚悟もできている。

自分もゴミクズだが、燃やせば低質ながら役に立つ。(笑)

しかし、人様に迷惑をかけるだけの存在というのは煮ても焼いても食えないのである。

この場合の「迷惑」とは、人のお世話になるという意味ではなく、

人に害を及ぼすと言う意味である。

もちろん、そうならないように残り10数年頑張る。

願わくば、アホでもバカでもいいから、可愛がられる子に育ってほしい。


と言う感じで一年の振り返りは終わりにしておく。





さて、来年だが・・・。





結婚も10周年・・・というとスイートなんちゃらである。

今年初めの記事に書いたが、プレゼントは既に購入済。

結婚記念日と嫁さんの誕生日が近いので、食事は一緒でいいかな?

プレゼントは別に用意するが・・・。

まぁ、日頃頑張ってくれているし、24日には、介護福祉士の試験がある。

正直、今の進捗だと合格できるのかかなり不安である。

しかし、嫁さんには6割合格する国家試験に落ちたらどうなるか・・・。

と脅しを軽くいれている。(笑)

受験するのは嫁さんだから、自分にどれだけ投資できるかの価値が分かっていれば

結果を出すだろう。

今回の受験が駄目なら、多分一生ヘルパー(今は初任者研修っていうのだっけ?)

で終わると思う。











そして、毎年書いて実現していながとりあえず来年受験する(予定)資格を挙げておく。


1.二級ボイラー技士

定年後に何かの役に立つ。でも、高給は期待できない資格の一つ。

資格マニアと呼ばれる方々(自分は違うというか、なれない)のほとんどが

所有している資格でもある。



2.第二級陸上特殊無線技士

今年色々ニュースになった「ドローン」を操縦するのに一定の資格をという

ニュースがあり、第三級以上を持っていたら、将来に渡ってドローンが

飛ばせるから。 ただ、ドローンは所有していないが・・・。



3.第二級海上特殊無線技士

いつか、小型船舶免許もとって、(レンタルで)海とか家族で行くときに

必要になるかもしれないので、受験してみる。 夢をみるのは勝手だから(笑)



4.ファイナンシャルプランニング技能士3級

ユーキャンとか受講したら、いきなり2級から受験できるのだが、

お金が無い。 まぁ、3級なら独学でも余裕と誰かが言っていた。

3級に合格すると2級の受験資格ができるので、受験してみる。


5.甲種4類消防設備士

3,4年前に一度受験して、勉強していなかった実技で落ちた資格である。

乙種なら余裕だが、甲種もひとつくらいは持っておきたいというのと、

多分、消防設備士の中で求人の需要が一番高い資格だと思うから。





6.第二種ME技術者

受験する唯一の医療系資格。(笑)

しかも、情報少なく受験すらしない可能性も大。(爆笑)



7.宅地建物取引士

今年、惨敗した資格である。 2年連続受験したことは多分ないので、

単純に知識が蓄積されていたらなぁ的な受験である。

権利関係が難しく感じたので、ここは独学を諦め、通信教育などを使って

効率よく学習できればと考えている。 



と目標だけは毎回の様に立てるだけならタダである。

前に書いた通り、

・見栄えも良くない
・自慢できないというか、あまり人様に言えない
・漢率が高い(受験する女性が少なくむさ苦しい)

               ↑
 個人的には、女性が多い職場は華やかかと言う問いには答えたくない。

と3拍子そろっている


「質より量」
の資格であるが、走り始めから欲張りはよろしくない。

まずは、手堅く一歩を歩んでいく。




毎回、後悔だらけの振り返りだが、今年もコメントをくれた皆さん、

コメントはしていないけど、見に来てくれた皆さん、ありがとうございました。

また、来年もぼちぼちやりますので、応援よろしくお願いします。

良いお年を!
[PR]
今年も残すところ1日を切ってしまい、

またまた、一人で年越しをすることになっているWINDである。

今年は宅建の勉強しようかなと思ったら、申し込みが過ぎていたとか、

管理業務主任者の問題集を購入したが、受験費用は出せないと言われたりで、

資格と呼べるかどうか不明だが、SST(知的障害・発達障害)に行ったぐらいである。

嫁さんとしては、自分が子供と関わる時間が増えたという事で、

このまま、勉強をせずに過ごしていてほしいらしい。

まぁ、資格は半分父に対してのものでもあったし、

(跡を継ぐときに、認可されている、電気工事・設計・施工・液化石油ガス設備工事

等をそのまま引き継げるため) 水道関係と浄化槽は、実務経験がないので無理だったが。

その父もいないわけで・・・。

家計も火の車で、夏までのつなぎで、独身時代のへそくりを投入する予定。

なんとか、来年中には火の車から脱して、普通に貧乏程度に戻りたい。

でも、今回はバイクは売らない。

あれが、仕事で疲れ切っている心を癒してくれるから。

働くのも別に幹部になれる訳でもなく、なれるとも思っていないし、なる資格もない。

とりあえず、情けないモチベーションだが、

赤字解消のATMになること。

バイクを(できるだけお金をかけずに)楽しむため。

に働くことにしよう。



子どもの障がいもまぁ、相変わらずだが、保育園と比べるとまだ改善されたかとも思う。

王子に関しては、今のところ薬を使う事を自分自身は考えている。

落ち着くこと、集中することにかけている王子は、これが原因で勉強についていけず

勉強が嫌いになるきっかけを作りたくない。宿題も繰り返せばすぐに上達する。

障がいを持っていても、このゴミ屑な親父など遥かに超えてほしいのが希望である。

来年も、苦労ばかりが絶えない年になりそうだが、

何時の日にか、苦労分の果実を手に入れたいものである。

来年も、よろしく頼む。

More
[PR]
あと、何時間かで終わる2013年を一人で過ごしているWINDである。

嫁さんの子供たちは今日から4日まで里帰りである。

自分は、明日(日勤)明後日(深夜勤)なので、奈良に残っているわけである。


毎年恒例になっている今年の振り返りであるが、何もイイ事がないのは相変わらずだ。

バイクツーリングなどは、久しぶりの近畿脱出などできたが、悲願だった

北海道ツーリングはここしばらくは、嫁さんの反対で不可能だろう。

二度の病休に長年勤めてきた病棟からの移動、父親の末期の胃がん。

かなり早期だったので、何事もなかったが、母親の大腸がん。

嫁さんの仕事や子供の預ける場所などは何度も話し合ってとりあえずの方向は決まった。

勉強もここ数年一級建築士に取り組んできて、結果諦めたので、

結果を全く残すことが出来なかった。

勤務が2交代から3交代に変わったので、睡眠が取りにくくなってきている。

眠るには毎日睡眠薬を使っているのであるが、

日勤→深夜や遅出→深夜、準夜→日勤は、正直仮眠程度しかできないので、

仕事から帰ってきても疲れて何もできないのである。


なので、来年の目標と言われても、成し遂げて達成感の得られる目標は

考えられていない・・・・。

一応、資格では

宅地建物取引主任者の久しぶりのチャレンジ

管理業務主任者、マンション管理士、FP3級、ボイラー2級

と漠然とは考えているのだが、まだ何も取り組んでいない。

失速感がかなりあるか・・・・。

こんな気持ちで新年を迎えるのは嫌なのだが、やってきた結果であるからな。

どんな形でも来年の終わりには、何か一つでも達成感が味わえればと思う。

来年も、よろしく頼みますわ。


d0005908_1923468.jpg


取り敢えず、年越しセットを買ってきた。

1日は仕事だから、ゆっくりとは出来ないけどそばでも食べることにする。
[PR]
明日で、今年と今年最後の仕事が終わるWINDである。

昨日の晩から実家に帰省して、今日帰ってくるという余裕のない帰省だった。

弟の赤ちゃん、(姪っ子)はとても、ほっぺがぷにぷにしていて、

とても可愛らしかった。 久しぶりに赤ちゃんを抱っこした。




さて、恒例の一年の振り返りであるが、一番残念だったのは、


一級建築士2点足りずに落ちる!

だろう。

まぁ、それが実力だから仕方がないわな。

来年の復讐を誓ったのであるが、それもどうやら諦めなければいけなくなった。

昨日、母と兄弟がだけで話をしたのであるが、(実家は梅干屋である)

売上が落ちていて、家のローンや固定資産税などが重くのしかかり

支払っていくのがキツくなってきたので、助けて欲しいということであった。

妹夫婦は共働きである程度稼ぎはあるものの、月2万の負担は大きいようだ。

自分は財布は嫁さんが握っているし、自分の親だけの為に家計から捻出というのは、

なかなか理解してもらえんだろう。

小遣いも1万円。 全額入れても半分にしかならない。

5年間を乗り切れば、あとはなんとかなるそうである。

そういう訳で、建築士の勉強をする時間が持てそうにない。

更に、払い込んだ製図の授業代を違約金を引いて返金してもらい、

それも支払いに当てようと思っている。

他の資格勉強ならなんとかなるだろうが、建築士の勉強をそんないい加減にやっても

合格できるわけではない。 

バイトを入れる分、休みが減るので、家族の時間、自分の時間、体調管理

などに一層気をつけなければいけない状態になるので、

一級建築士へのチャレンジはこれで終了にする。

残念な気もするが、ここが引き際なんだと思う。



次に、王子のことであるが、最近王子の暴力(や嫁さんに対して)が目立つようになっている。

保育園とは二人共別人のようだそうで、保健師も保育士も驚いていた。

来月の4日に3度目の受診があるので、このままでいいか?

知的には障害はないようであるが、月一度の感覚統合だけで大丈夫なのか?

ドクターは調べるまでもないと言っているので、どの程度の障害なのか?

そういう親の会みたいなものがないのだろうか?

療育センターに通ったほうがいいのか、このままあと1年保育園で過ごす方がいいのか?

小学校に進学したとき、通常学級でやっていけるのか?

心配は尽きない。

でも、毎日笑顔で、「パパ、パパ」と言ってくれるだけで、結構幸せだったりする。




嫁さんも、仕事の更新が決まり、時給もアップ。

いつも、定時より遅くなるので、(もちろんタダ)その分延長して働き、

扶養などの件でお金がオーバーしないように、平日に休みを作って、嫁さん自身の時間を

持てるように提案してみたところ、喜んでいた。

もうじき、誕生日なので、何かしてあげないと・・・・。



最後は、Ninja250Rと巡り合えたこと。

今まで、バイクは「足」としか考えていなかったので、ろくに洗車もしないし、

具合が悪くなるまで、放置プレイ。もちろん、夏は半袖でノーグローブという体たらくだった。

Ninja250Rを手に入れ、初めてバイクを買った時の19歳の気持ちに戻れたような気がする。

まめに洗車し、自分でカスタムしたり、(カスタムは自己責任で!)

ツーリングに出かけ、世代の違う人たちと出会えたり・・・・。

バイクという一つのカテゴリーの中で、楽しさが更に細分化されているというか、

ずっと続けていけそうな、そんな趣味に出会えたというか気づかされた。

もちろん、事故を起こせば車よりもただでは済まない事も念頭において、これからも

楽しみ続けて、王子とロングツーリングに行くまで、現役で走り続けたい。

まだご一緒できていない、比較的近郊にお住まいの、

おきごんどうさん・おきごんどうさん旦那さん・山ピーさん、策謀さん、大和さん。

もう一度一緒に走りたい、grapen331さん、森のツンデレラさん。

ちょっと遠いが、わかめさんをはじめ、中部・関東のライダーさん。

一緒に走れる日を楽しみにしている!


そんなわけで、来年もアップアップしていると思うが、よろしく頼みます!
[PR]
なんだかんだで、2011年もあと半月となってしまった、WINDである。

今年の振り返りであるが、振り返る事すらしたくない一年であった。

しかし、今後の問題の傾向と対策を知るためには必要なのだろう。


まずは、家の購入。

嫁さんの祖母が体調を崩し、もう長くはないのでは?と心配されたが、

なんとか退院まで回復したが、何かあったら、家を購入したせいだと言われるかと・・・。

家もトラブルが多く、なんとか直しながらやっている。

色々な不幸ごとが家を購入してから始まっているので、購入した喜びや仕事へのやりがい

よりも後悔が多く感じられる。


自分の事。

去年よりは点数は上がったが、一級建築士受験は8点足りずで2度の連敗。

なんとも情けない結果である。

これ以上、夢に時間をかける事も出来なくなってしまったので、

来年の受験を最後にする。(学科試験)

仕事もパワーダウンというかモチベーションが上がらず、上司からも指摘される有様。

幹部候補試験は、努力した振りをして、落ちて、それを理由に二度と受験しない

という計画である。 発表は来月だが、かろうじてこれだけは達成できそうである。

年が明けても、病棟看護研究や委員の仕事、プロジェクトの仕事など山ほどある。

来年度は、少しお気楽な状態で過ごせることを期待したい。


家族の事。

嫁さんも家の事仕事など、頑張ってくれている。

色々な提案に対しても素直に聞いてくれるようになった。

休みが合うときは、できるだけ一緒に過ごすようにしているが、

これからは、更にそうしていくべきだろう。

子供の事は、正直気持ちの切り替えはまだできていない。

次の診察が半年以上も先ということは、それくらいのスパンでないと変化が見られないという事か。

最悪の場合も考慮に入れて臨まなければいけないだろう。

来年からは、苦難の年の始まりである。




今年はすべてをひっくるめて、大赤字に転落の一年であった。

底辺付近まで落ちたのだから、これからは這い上がるだけ。


すべてにおいて、絶望せずこつこつとやるだけだろう。




※メインのプロフィールも資格と一部追加。
[PR]
2010年も残すところ10日あまりとなったWINDである。

今年も終わりと言うことで、プロフィールの追加も含めて、振り返りをしようと思う。

 まず、家族のことであるが

双子は。今年いっぱいで保育園に通うようになって、1年になる。

途中、希望していた保育園に変わったものの、そこでも慣れてきてくれている。

最初の頃はよく風邪ももらってきたが、最近はかなり丈夫になってきた。

自分が、生後一ヶ月から喘息持ちなので、この苦しみを与えずにすんだことは嬉しい。

オムツも日中は外れたが、夜はまだまだである。

ご飯を食べない、中々動かないとどこの家庭も同じであるが、まだまだ

発展の余地は沢山あるので、楽しみである。

言葉も増えて、話しているととても楽しい。

このまま、何事もなく成長して欲しい。


嫁さんは、結婚して初めてのパートの時と比べると、見違えるほど成長している。

はやり、母親という自覚がそうさせているのだろう。

弁当はともかく、他の家事はしっかりとやってくれる。

自分も時々手伝っているのだが、いや、本当に頑張っているなと思う。

子供も二人で眠れるようになったので、多少は自分の時間も持てている様子。

再来年の介護福祉士には、合格して欲しいなと思っている。

腰は、痛いものの、動けないというほどではないようで、今は時々湿布を貼っている。

寒い間は特に痛めやすいので、気をつけて欲しい。



さて、自分は、仕事面では、病棟看護研究などには当たらなかったので、

比較的、業務外で動くことは少なく、他の看護師のサポートに撤した。

これはWINDに任せよう。

WINDが居なければ寂しくなる

とまぁ、社交辞令でも言われると嬉しいものである。

人事異動で、この病棟で一番の古株になってしまった。

来年の人事異動では、病棟移動があるものと思われる。

行くのなら、2病棟に行きたいなと思う。


健康面では、入院もすることもなく、順調と思われたが、腰痛、頭痛に悩まされている。

新しく、変形性膝関節症という老人病の疾患名までつけられた。

不眠は相変わらずで、軽いうつ薬と一緒に服用中である。


勉強面では、一言でいうと

「惨敗・完敗」

の一年であった。

今年は、一級建築士一本に絞り、頑張ってきたつもりだが、

集中力のなさ、部屋にいることによる、五月蠅さと、誘惑の多さと

自分自身に責がある原因により、全く勉強が進まず、

結果、合格点から14点も足りないという結果に終わった。

十年ぶりの受験ということは、言い訳にならない。

宅地建物取引主任者においても、学科試験の惨敗を引きずり、

勉強を始めたのが、一ヶ月と少し前。

その割に良い点数だったのだが、宅建始まって2度目の

36点合格のため、一点足りずで不合格。



夫、父親としての自分は幸せだったが、

WIND個人としては、アホな自分の現実を見せつけられた一年であった。

来年は良い結果を出したいものである。


※メインのプロフィールも資格の所だけ更新。
[PR]