カテゴリ:資格( 144 )

13時から、帝塚山大学で、第二種電気工事士の学科を受験したWINDである。

今回も2時間の試験を1時間で退出した。

分かるところは、速攻で解答できるのであるが、分からないところは

幾ら考えても分からないままである・・・・。

資格の大先輩の方のコメントを見習って、格好良くやってみた。

(問題が途中退室でももちかえられるからであるが・・・・)

今回ラッキーだったのが、計算問題が簡単だったことである。

過去問でも、計算全部間違えと仮定して、合格点ぎりぎりだったので助かったのである。

夕食を買って帰宅すると速報が出ていた。

点数は、80点。

基準の60点を超えていたので、超ラッキーである。

だが・・・・。

複線図がさっぱりでは、技能試験に合格できない。

技能試験の為の工具がない!!

練習する材料など買うと結構な金額になる・・・・。


二ヶ月の小遣いは飛ぶだろう。

しかも、学科と違い技能は独学での自信がない。

講習に行くとなると、更なる出費が・・・。


「合格祝いに工具買ってあげるよ」

とは、嫁さん言ってくれないでだろう。

そう考えると少しブルーである。

下は受験会場の建物である。

20代の若者から、定年間近の方までいた。

女性もパッと見で、何人か居た。

d0005908_21281731.jpg

[PR]
試験まであと3日と迫ったWINDである。

3日前なのに、ここまで勉強していないのは初めてである・・・・。

帰ってから、疲れ寝てしまう・・・・。

頭痛が少し出てきて集中力が続かない・・・・。

歳のせいか記憶力も・・・。

っていうか、モチベーションが上がらない。

残り3日というのに、明日は職場の人と食べに行くし・・・・。

日曜の13時から試験が始まるので、高校の時に得意だった

必殺!一夜漬け!!

で、対応できると!!  は、とても思えないのである。

まぁ、試験まではネットを封印して望む次第である。

応援よろしくである。
[PR]
色々やっている割に中々順調に事が進んでいないWINDである。

今日から、嫁さんと双子は和歌山に帰省している。

色々あるようで、育児ノイローゼになっているようである。

先生と保健師と色々話しが出来、気分も楽になったようであるが・・・・。

嫁さんは、出来ないことがあると「自分は駄目な親だ」

と責めてしまうのだ。

自分は、嫁さんに駄目でもないし、責めることもない。

失敗があったら、何故それが駄目なのか一緒に考えようと

完全に助け船という訳ではないが、アドバイスや気晴らし、

そして、相談できるように色々な手も打っていた。

が、自分から動くことがなかったので、怒ってしまった。

反省である・・・・。

今まで周りが助けてくれる環境で生活していたが、親から離れ

結婚するとそうはいかない。

全部自分が手を出してしまうと、嫁さん自身の成長がないと思うからである。

だから、アドバイスなどでどう動いてくれるか見守っていたのであるが・・・・。

嫁さん自身のリフレッシュも兼ねて、帰省することになったのである。

疲れて悩んでいる嫁さんを見ているのも辛いので、

認可外の保育所にも足を運び説明など聞いてきた。

金銭の面で、月に2度ほどしか利用できないが、双子も他の子供とふれあう

機会も出来、嫁さんのリフレッシュになるならなんとか工面してみようと思う。

もちろん、自分もこれまで以上に育児に頑張らねば・・・と思う次第である。


さて、さて、さて。

電気工事士の勉強であるが、そんなこともあり

全く進んでいない。

試験は6月7日

時間もない!

取りあえず、点の取れそうな所から重点的にって、いうか・・・・。

やばいっす!

明日は、夜勤。

今日は早く寝て、明日からラスト1週間、気合い入れていくと思っているわけである。
[PR]
夜勤明けでフラフラのWINDである。

このブログが書き終わったら、仮眠する予定である。

さて、申し込みをしているはずの(まだ申し込み用紙が届かない)

第二種電気工事士の試験まで、一ヶ月を切った。

進行といえば、殆ど進行していないといってもよい。

宅建の勉強も沈黙を守っている・・・。

GWもまともな勉強が出来なかったので、この3連休でなんとか問題集を一周させたい。

しかし、初日は家族サービスでどこかに出かけることになっている。

だ、大丈夫なのか????

使用しているテキストはこれである。


d0005908_122269.jpg



どのテキストが良いとは言えないが、自分には合っていると・・・信じたい。


d0005908_1224999.jpg


問題集はあきもせず、大好きな一問一答式である。

なんとか、筆記試験が突破できるように頑張っていきたい。


さて、例の司法病棟の建築であるが、別ブロックの土工事、基礎工事が終了しているようだ。

写真で写る範囲では、一階の柱・壁・梁の型枠工事と平行して、コンクリートも打設されている。

下の写真はの上部は、コンクリート圧送車からのホースである。

d0005908_12142369.jpg


関係の無い話しだが、夜勤あけでバイクの近くに行くと、いつも猫がいる。

結構人には慣れているというか、病院で飼われているような猫である。

いつも「ご苦労様」と待っていてくれるような気がする。

下の写真がその猫である。

d0005908_1293678.jpg


ねこ1号と呼称している。
[PR]
嫁さんと双子が居ないので、静かだが、ちょっぴり寂しいWINDである。

それとこれとは別で、その間を利用して、玉掛けと小型移動式クレーンを取ってきた。

玉掛けがあると小型移動式クレーンの日数というより、費用!!がお得になるので、

まずは、玉掛けである。

労働安全衛生法により、制限荷重が1トン以上の揚貨装置、

又はつり上げ荷重1トン以上のクレーン、移動式クレーンもしくはデリックを使用して

玉掛け作業を行う場合は、玉掛け技能講習修了した方、

その他厚生労働大臣の定める者でなければ玉掛け作業に従事することができないのである。

「ワイヤーロープよし!」

「地切りよし!」

とかやってきた。

d0005908_1374978.jpg


運転者に対しての合図や重心や重さを自分の体を(手とか腕)を使って

目安をつける実習などがあった。

小型移動式クレーンとは、走行とクレーン操作

(動力で荷をつり上げ、つり荷を水平方向に運搬すること)

が可能なクレーンの中で、つり上げ荷重1トン以上

5トン未満の移動式クレーンのことをいうのである。

d0005908_1383381.jpg


学科は簡単な力学とかであったが、実地が少し難儀であった。

「揺れ」を止めるのが、最初なかなか上手く出来なかった。

荷物を移動させるとき、ここで止めると思い、旋回を止めても

荷物は慣性により進行方向に触れる。

移動のスピードが増すほど大きくなるのはご存じの通りである。

これを止めるには、進行方向に荷物が振った時に、同じ方向に動かしてやればよい。

理屈は簡単であるが、コツを掴むのがなかなか難しかった。

が、それ以上に楽しかったのであるが・・・・。

この楽しいと感じるのは、

「非日常的な事をしている」

からだと思う。 

旅行に行ったり、アトラクションで楽しんだりしているのと似ている。


取りあえず、2つゲットである。

明日は電気工事士のテキストを探しに行く予定である。

ああ、電気嫌い。 計算もしたくないし、配線図も見たくない。

なのに何故受けるのだろうか?
[PR]
新しい年の始まりは元旦であるが、何故かが始まりと感じてしまうWINDである。

体調も少しずつ良くなり、後は疲労が取れてくれたら大丈夫であろう。

春と言えば、新入社員が入社してくる時期である。

今日から配属になった、新人看護師さん。

なんと、今月結婚するそうである。

就職前にそれを伝えると就職に影響するからであろうか、今日師長も知ったそうである。

21歳という若さであれば、もちろん今年中に妊娠、産休の可能性も高い。(以前もいたので)

そうなったら、そうなったで、めでたい事なのであるが、

今年の9月からきりぎりの人数でやって行かなくなっている状態なので少し困る。

仕事も始まってすぐに結婚休暇・・・・。

今の若い者とは言いたくないが、ちと常識に欠ける所があるのではないだろうかと

考えてしまうのはおっさんになった証拠であろう。

さて、前回の日記に書いたとおり1級土木施工管理技士の受験が出来なくなったので、

代わりに受験する資格を見つけた。

優先順位で並べると

1 宅地建物取引主任者

2 小型移動式クレーン運転技能者

3 玉掛技能者

4 乙種4類危険物取扱者

5 特殊建築物調査資格者

6 コンクリート造の工作物の解体等作業主任者

7 第二種電気工事士

8 コンクリート橋架等作業主任者

9 カラーコーディネーター2級

の9個である。

どれもパッとしない資格である。

2・3・5・6・8は講習と修了試験で取れるので、まぁ勉強は必要ない。

問題は、追加した第二種電気工事士である。

以前も書いたが、電気はさっぱりどころが、

苦手意識バリバリである。

しかし、あえて踏み込もうと思っている。

と思ったら、締め切りまであと僅かである!!(4日まで)

明日、休みなので早速願書を貰ってきて手続きする予定である。

カラーコーディネーター2級は、うーん時間が空いたら勉強しようかという程度である。

オームの法則さえ忘れてしまった自分が2ヶ月で学科試験に受かるのか?

やったこともない、電気の配線の実技なんぞ出来るのか?

不安であるが楽しみでもある。

母から「あかん、あかん、お前落ちるに決まっているわ」

と言う暖かいコメントを頂いた。

内容はかなり簡単な資格だらけだが、(自分にとっては難しかったりする)

受験する数としては過去最多!

質より量の最初で最後のチャレンジである。
[PR]
2月に復職してから、取りあえず、資格(講習)に燃えていたWINDである。

おかげで、休む日も休まずだったので、疲れが溜まっている。

今日は、家族と免許の再交付に出かける予定であったが、自分自身で車をチェック

してみると・・・。

免許証あるし!!

という訳で、行き先変更! 針からしばらく行ったところにある、こどもの森へ!!

と、所が、火曜日は休園日!!

仕方がないので、針で、買い物をしてから、バイク屋でバイクを受け取り帰ってきた。

何をした訳じゃないが、家族4人楽しく過ごすことができた。

さて、資格だが、今回というか2月一ヶ月掛けて、

大型特殊自動車免許を取ってきて。

この車、フォークリフトと同じく後輪で旋回するため、ケツをふるふる。

最初なかなか慣れなかったが、結構面白いものである。

d0005908_011680.jpg


これが、教習所で使用したホイールローダーである。

しかし、この免許は、公道で走らすための免許であり、作業することはできない。

と言うわけで・・・・。

その後、車両系建設機械(整地・運搬・積込・掘削)と(解体)の技能講習を受講した。

来ているのは現場マンなので、今の建築や土木の話しなど昔に返り、

色々な楽しい話しができた。

日頃看護の話しばかりなので、かなり新鮮で、景気とか色々な情報もゲットすることができた。

この講習により、運転できる建設機械は、

d0005908_0193975.jpg


ホイールローダー

d0005908_040441.jpg


油圧ショベル

d0005908_0212179.jpg


ブレーカー 

先に付いている物。(これでコンクリートを砕く)

d0005908_0221541.jpg


おなじみのブルローザー

その他に、トラクターショベル、ドラグショベル、ミニショベル、大型油圧ショベル

ずり積機、スクレーパー、スクレープ・ドーザー、ドラグライン、クラムシェル、

トレンチャー、バケット掘削機
など の操縦を行うことができる。

これだけ運転できれば、銀行のATMなど敵ではない。

あっという間に機械ごと持ち去ることができるのである。

が、そんなことには使うはずがないが・・・・。

これで、基礎工事用以外の車両系建設機械の運転ができる「看護師」になった訳である。

さあ、ここまでへんてこりんにな看護師は全国数十万の看護師の中でも100人も

居ないはずである。

今回、習得した資格は

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)
車両系建設機械(解体用)
大型特殊自動車免許
足場の組み立て等作業主任者

である。

今年に入って、7つ目の資格となる。目標まで後少し。

今年中に30個行けるか!!

応援よろしくである。
[PR]
この前、夜勤明けで数日和歌山に帰省したWINDである。

目的は整形受診である。

今回は、腰を曲げたりして、腰椎がどうなっているのかを診ることであった。

結果としては、問題ないということで、コルセットも徐々に外して良いとのことであった。

しかし、寝る(というより、臥床したらであるが)と立ち上がるのに

かなりの痛みがあるのは変わっていない。

頸椎のヘルニアも気になるところである。

腰もそうであるが、首も結構辛い。 左の肩胛骨の辺りにしびれも感じる。

この体もかなりガタがきている。

車のように買い換えられると良いのだが・・・・。

まぁ、あと20年もってくれれば良いのであるから、なんとかなるであろう。

さて、先月に受験した、消防設備士乙種5類であるが、

合格していた。

実技で、こりゃあかんわと思っていたが、最後まで粘った甲斐があったのであろう。

これで、救助袋・避難ばしご・緩降機等の点検・整備ができる「看護師」になった訳である。

更に奇天烈度が増したWINDにご声援を!

この試験の終了で、早くて7月まで試験はお預けである。

3月末までは、とりあえず、レポートと論文に専念することになるであろう。
[PR]
今日は、なんだかヘトヘトのWINDである。

明日は、バレンタインということで、職場の同僚からチョコを頂いた。

ありがとう!!

さて、今日は一ヶ月前に受験した消防設備士乙種6類の合格発表があった。

仕事から帰ってきて、HPをチェックすると・・・。

合格である!!

消防設備士の中では簡単な部類に入る乙種6類であるが、

無事に合格出来た事は嬉しい事である。

これで、消火器の点検・整備ができる「看護師」になった訳である。

これからも、日本で稀少でヘンテコ極まりない看護師を目指して突き進んでいく。

よろしくである。
[PR]
25日に乙5

を受験してきたWINDである。

これでしばらく受験はない予定である。

1級土木施工管理技士は、以前勤務していた、

ゼネコンが判を押してくれるかどうかで決まるのである。

取りあえず、それまではゆっくりとしようと思っている。

その乙5だが、流石に5日の勉強では歯が立たなかった。

実技の問題ではちんぷんかんぷんな問題も出題された。

やはり一番の勉強は実務経験であると感じた。

合格している可能性は、2割と言ったところであろうか。

筆記はなんとかなっていると思うが、実技が問題であった。



帰ってきてから、久しぶりに双子と遊んだ。

これがまた楽しい。 子どもの笑顔はまるで麻薬のようである。

下の写真は、試験会場の大阪府立大学に置いていた、二酸化炭素消化器である。

d0005908_22304730.jpg

[PR]