<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ある日、大きな箱が届きました・・・・。

d0005908_1675635.jpg


アン「おっきな箱だねー」

音羽「どこかで見たような・・・ってゆーか入っていたような気がする・・・」

とりあえず、寝てみることにしました。


d0005908_1695931.jpg



「むひょぉぉぉぉ! やっぱりおっきいよぉヽ(A`*)ノ」

「だ、だめだよ、そんな所で遊んじゃ(゚д゚;)」
「こういうときはね、まず・・・」



d0005908_16124944.jpg



「ハイ、チーズ」
「記念撮影しなきゃ!」


「美味しそうなかぼちゃ・・・・」

「さぁ、箱を開けましょう!(*´∀`)ノ」


d0005908_1615832.jpg



「ぎょぇぇぇぇぇ! ミイラが入ってるぅぅ」

「うーん、怖いかも・・・。」


2人は恐る恐るぷちぷちを取ることにしました。


d0005908_1626386.jpg


「うっわぁ! この子お肌が焦げてるよぉ(゚Д゚≡゚Д゚)?」

「焦げていないのよ。 日焼けが凄いのね」
「きっと、UVカットが不十分だったのよ」


「ふーん、そうなんだぁ」

Kida「ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!! 」

着いたとたんに好き勝手言われています。
まぁ、エジプトの子だから、ミイラはある意味的を得ていると言えますが。

[PR]
先日母と弟が来た。
目的は私の新居を見に来るのと、病院の社宅を見るためである。
本当は一泊してもらって観光にも連れて行ってあげたかったが、
急遽休みが無くなってしまったので諦めたのだ。 すまん。

ところで何故社宅を見に行くかというと安いからである。
金銭的に余裕のない私にとって家賃の安い社宅は
少し魅力があった。

が、社宅に住んでいる方の話を聞くと
「結露で壁がべたべたになって、それが下にたれて畳が腐るんやぁ」
「虫とかよーさん、這ってるわ」
「湿気が凄くて、日当たりも悪いから梅雨は一部屋使えないよ」
「布団にカビが生えて何組捨てたかわからんわ」
との大変貴重な情報を得ることに成功した。

住む所ぐらい人並みの所に住みたいな。( ゚Д゚)

社宅は病院と同じ敷地にあることは知っていたが、まだ見たことがなかった。
ひょっとすれば、話より良いかもしれないではないか!

「百聞は一見にしかず」

僅かな望みを持ちながら、見に行く事にした。

病院の敷地に入る・・・・

鬱蒼と生える木々、動物でなく物の怪でもでそうな雰囲気である。
弟が運転する車が社宅へと近づく・・・・。

そして、我々は見た!

「イヤ━━━━ヽ(;´Д`)ノ━━━━ン!!」

d0005908_2123636.jpg


「廃墟やん!∑( ̄□ ̄;)!!」

と開口一番弟が叫ぶ。

「こんな所に人がすんでいるんかぁ?ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿」

「お化け屋敷やん」

驚く弟。

驚く母。

驚く私。

噂には聞いてはいたが、聞きしにまさるすごさである。

夏になればさぞ、ヤブ蚊が飛来してくるだろう。

素晴らしき木々により日照権はもはや存在しないだろう。

「ここはダメだね(;´Д`)ノ」

弟がぽつりとつぶやくと私たちはそこに立ち止まることもないまま
無言でそこを後にしたのだった。

[PR]