<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

皆さん、お久しぶり。 皆さんのWINDである。

ここのところ更新も出来ていない。

テレカなんぞリニューアルした一年前から変わっていないのだから

大したものである。

テレカは結婚を機にかなり減ったが、増えているジャンルもある。

落ち着いたら掲載することにしよう。

落ち着くとは、今年3つの資格試験が終わる12月10日以降なのだが・・・。

というわけで、今回は私が受験する資格をご紹介しよう。

紹介して3つとも落ちているとアレなんだが、

背水の陣というか自分を追いつめてみようと思う。

決して、「M」ではない。

一つ目は二級建築士である。

看護師の私が何故建築士を取るのかと思われるが、理由はちゃんとある。

まぁ、これは受かってから格好良く語らせてくれ。

使用している教材はこれである。

d0005908_2265022.jpg


テキストで、覚え、○×問題で問題を確認している。

古典的だが、これがなかなかである。 某S学院の模試では82点という

本人もびっくりの点数をたたき出した。

この18日にはN学院の模試があるのだが・・・。今度はどうなのだろう?

(パンフレットにはこの模試で60点以上なら97%が合格するらしいが)

私ははっきり言って、構造力学が大の苦手である。

この本は5日では厳しいが、かなりわかりやすく解説してくれている良い本である。

これで、なんとか学科を突破したいものである。

試験は7月2日(日)である。  応援よろしく!


さて、今度は2級建築施工管理技士である。

手っ取り早く言うと、「現場監督さん」である。  かなり大雑把であるが・・・。

最初二級建築士と勉強する分野が同じと思っていたのだが、

流石施工管理技士というだけあって、施工の問題がちとアレだ。

そして、極めつけなのが実地試験である。

その名の通り、実際現場に立って経験したことを記述するわけだが

建築から離れて早8年。しかもあまり現場に行くことがなく

積算という仕事をしていた私にとっては、かなりの難関であることに気付いた。

そこで、根性で合格!という本を買ってみた。 以下がテキストである。

d0005908_22252920.jpg


大学の同期に話しを聞き、後はお得意の「作話」で乗り切ろうと思う。

この試験は1級施工管理技士と違い、一日で学科・実地と行う。

試験日は11月12日(日)である。 合格を信じてくれ!


最後はキッチンスペシャリストである。

私も一人暮らしが長かったから台所に立つ機会も多かったが、

やはり主婦のそれには遠く及ばない。

最近は、キッチンとして独立せずにリビングや

ダイニングと一体とすることが殆どである。

主婦が多くの時間を過ごし、また家族の団欒の場にもなる

キッチン作りをプロとして提案していくのが、キッチンスペシャリストである。

この資格は圧倒的に女性が多いわけであるが、

我が野望の延長線上にある為受験を決めた。

が、これもかなり難しい感じがする。 今は時間があるときに

パラパラと問題集を観ている程度である。 

これがその問題集である。

d0005908_22331683.jpg


二級建築士の実技で作図スピードをあげ、更に課題をこなしていかなければ

合格は難しい。

試験は12月10日。  合格のためにお百度参りをしよう!


と言うわけで、今年の更新の遅れは見逃して欲しい。

え?来年? もちろん我が野望の為にあと4つは最低でも取るつもりだ。

嫁さん・・・許してね。
[PR]