<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんばんは、WINDである。

この前受験した2級建築施工管理技士だが、

受かっているのか落ちているのかよくわからない。

学科は即日解答で合格はわかったのだが、問題は実地である。

とある問題集から問2にあたる語句の説明とその留意点

を60以上覚えたのだが、かすりもしなかったのは驚いた。(;´Д`)ノ

いくら現場施工の用語が多いとしても、60も覚えたのだから

1問でもかすってほしいというのが人情ではないか?

今の所、実地が合格している可能性は30%だろうか?

来年の2月にならなければ結果はわからないので、それまでの楽しみとしよう。



さて、話を本題に戻そう。

こういう最悪な状態から治療を始めることになった。

最初は院長らしき歯科医が治療した。

痛かったが、元から痛いので仕方がない。

治療が終わり会計をしていると受付が・・・・

受付「次回は○日でよろしいでしょうか?」

半月も空くのか?ちょっと長いのではないか?

そう思いながらも予約を入れた。

それからは、毎回半月に一度のペースで若い歯科医が治療することになった。

その間、削ったり、洗浄して詰めるということを半年間繰り返した訳である。

治療中は痛い、下手すると治療後にめちゃくちゃ痛くなる、

予約を入れても一時間待ちは当たり前。

歯科医は「歯は綺麗になっているのですが、おかしいですね」

と言うばかりであった。

そして、運命の日が!

その日の治療が終わったあと、まるで治療前に戻ったような痛みが走る。

土曜に治療したので、月曜日まで待つしかない。

市販の鎮痛剤を飲みながら我慢して、月曜日は半年休を取って

ハッスル歯科医院に向かった。

受付 「予約でないので、待って頂くことになりますが」

といつもの決まり文句。

「大丈夫ですか? 診察まで我慢できますか?」

の一言もかけてくれても良さそうなものだが。

2時間待ち、ようやく順番がキタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!! 

今回は院長だった。

院長 「詰めたのがきつかったので、痛かったのでしょう。」

私 「そうですか・・・」

院長 「しかし、この痛みは虫歯でなく、歯周病からでしょう。」
    「歯周病になっては、歯科医は何も出来ませんから」
    「長い間通って貰って悪いのですが、抜いた方がいいと思います。」

はぁ??????( ゚Д゚) 

なにぬかしとるじゃい! このおっさんは!!

何のために半年前から通院しとるじゃい!ヽ(`∀´;)ノ

今までの時間と代金返せ!と怒鳴りたい気持ちを抑え

ハッスル歯科医院を後にした。

その後ネットで検索して、大和(元総理大臣の名前)駅の近くに

歯科を見つけ行ってみたところ、

院長を始め、スタッフも皆丁寧な対応をしてもらい、

今の歯の状態、今後の治療方針など細かく説明してくれた。

待ち時間も殆どなく診察が受けられた。

最初からここにしておけば・・・・。

大きな代償であった。

さて、診察して貰った結果なのだが、

なんと、歯周病は関係なく、レントゲンでは結果だけしかわからないのだが、

虫歯の痛みだそうだ。 治療中になったのか、削りすぎて穴が空いてしまったのか

はわからないらしいが・・・。

しかし、院長の診察前や治療中にもレントゲンは撮っている。

ということは、後者の方だったのだろう。

皆さんも歯科医に関わらず病院選びは慎重にしたほうが良い。

[PR]
こんばんは、WINDである。

あっという間に11月になってしまった。

今年もあと2ヶ月を切ったわけだ。

この一年何をやってきたのだろう?_| ̄|○

と毎年後悔するわけだが、それが来年に生かされていない所が私らしいと思う。

さて、タイトルの「だめだこりゃ。」の何がダメかというと、

某歯科医院である。

実名を出しても、歯科医など個人病院は院長の名前が病院名だということ、

正確に私の住所をここでは書いていないので、ばれないと思うが

まぁ、何かあるとアレなので、ヒントを込めて

「ハッスル歯科医院」としよう。

ハッスル歯科医院は、殆どの歯科医院と同じく予約制である。

しかし、歯痛は待ってくれない。

歯痛を感じた私は、ハッスル歯科医院へ行った。

私 「歯が痛いので、診てもらいたいのですが」

受付 「午前中は無理です」

そこから何も言わないので

私 「午後からはどうですか?」

と尋ねると

受付 「午後からは院長がいないので、無理です」

と言われてしまった。

その対応にムッときたが、仕方がないので翌日出直すことにした。(-ω-;)・・・






翌日・・・。

私 「歯が痛いので、診てもらいのですが」

受付 「ご予約は?」

私 「していませんが」

受付 「予約制になっておりますので、今日は無理です」

だったら、昨日言えよ! ぷんぷん。

私 「いつ診て貰えるのでしょうか?」

受付 「一週間後に来て下さい」

おい! 今、歯が痛くてたまらんから来てるんじゃい!

一週間も待てるか! あほぅー( ゚Д゚) 

私 「その間我慢できなかったらどうすれば、いいのですか?」

受付 「来て貰っても構いませんが、かなり待って貰うことになります」

と冷たく言う。

事務的な態度とはこういう事なんだろう。

正論ではあるが、人間としての温かみが微塵も感じ取れない。

看護職として、患者と接するときは気をつけなければと改めて思った。

「病院と家との間で自転車で通えること」

を第一条件としていた私は、従うしかなかった。

これが、後悔への第一歩とは知らずに・・・。

後編に続く。

[PR]