<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日は、親子でめばえ教室に参加したWINDである。

体力無制限の双子と遊ぶのには、ちと体力がなさ過ぎか?

勉強も殆ど進行していない状態である。

電気の計算関係

はほどほどにして、他の分野の勉強に移ろうと思う。

さて、さて、さて。

一日の楽しみの一つに、双子との入浴がある。

沐浴もやっていたが、里帰り出産が終わってから、入浴は自分の担当である。

寝返りやハイハイ時代は、少し大変だったが、歩くようになると、かなり楽になってきた。

ここで思いついたのが、タイトルのお湯お湯攻撃である。

シャンプーハットなど使わずにお湯を頭からかけるのである。

いつも攻撃してくる双子に一矢報いる唯一のチャンスである。 しかも、合法。

まともに顔からお湯を浴びていた頃から、双子も進化し、両手で顔を

隠すようになった。 これが可愛い。

そうなると、こちらも対策が必要になる。

現在、お湯お湯攻撃のバージョンは

1 普通にかける「通常攻撃」

2 かける振りをして、隙をつく「時間差攻撃」

3 少量のお湯を時間をかけて楽しむ「長時間攻撃」

4 頭をなでながら、お湯の落ちる場所を特定させない「乱れ打ち攻撃」

5 少し高い場所から、一気にお湯をかける「ナイアガラの滝攻撃」

と5つのバージョンを駆使して今日も頑張っている・・・・。

「えーん」」と泣く振りはするが、湯船に入るとにこにこで、逆にお湯を掛けられる。

こうして、親子の戦いが日々繰り広げられているのである。

あー 疲れた。
[PR]
双子がやっと寝てくれたので、ブログ更新のWINDである。

さて、さて、さて、今年はというか今年もやったのだが、ケースレポートから

やっと解放されたと思ったら、病棟の看護研究のグループと摂食のグループと

広報なんちゃらと、病棟のなんちゃら係になってしまった。

こんなに役がつくのは、9月に新病棟の研修?の為にごそっと

がいなくなるからである。

今年はまだ、中堅が揃っているから大丈夫であるが、

来年になると、4年以下の看護師と50代の看護師の比率が高くなるのである。

それも、厳しい役を上手い具合に避けることができる50代が殆どである。

相談できる中堅が居なくなるのはかなりの痛手である。

来年は、病棟いじりはせめて無しにして欲しいと切に願うが、無理であろう。

双子の事もあるし、勉強も今年で打ち切りかもしれない。

仕事と家庭のみとは、なんとも味気ない人生である。
[PR]
2日ほど、和歌山に帰省していたWINDである。

目的は、整形受診である。

レントゲンの検査の結果は、ずれもないし、順調ということであった。

が、痛みは相変わらずである。

そのことを先生に伝えると、

「(椎間板に入れた)骨が固まっていないからだと思うよ」

と同じ回答であった。

次回受診は、7月である。

このペースで行くと、あと2回で、約1年になる。

一年程度で骨はちゃんと固まる=痛みが無くなる

ということを信じて過ごすのみである。

今回の帰省で、和歌山に帰っていた、嫁さんと双子を無事回収した。

なかなかのご機嫌さんで帰ってきた。

夕食後の歯磨きは自分がやっていたのだが、半月も離れると忘れているだろう

と思っていたが、しっかりと覚えていたようで、歯ブラシを持って催促にくる

姿は可愛らしい・・・・・。

さて、今晩はちゃんと寝てくれるのだろうか?

さぁ、お風呂と寝かしつけに行って・・・・

あ、そうそう、どうやら世間では交通安全週間らしい。

テレビをみない自分は全然知らなかった。

先週の土曜日・・・・初めての電気工事士の勉強が訳わからなくて

気晴らしにバイクで走ったら、スピード違反で捕まった・・・・。

減点2点と、罰金1万2千円也!!

キップの色と同じくブルーな気分にさせてくれた。

皆も気をつけよう!
[PR]
何をやっても、疲れが取れなくて、寝てばかり過ごしているWINDである。

折角一人で居ている貴重な時間を勉強に全く使えていない。

今日も、夜勤から帰ってきて、トイレとお風呂の掃除をしてから寝てしまい、

今に至っている・・・・。

明日からは、真面目に勉強しなくては・・・・。

取りあえず、6月の頭までは、電気工事士の筆記を中心に気分転換に宅建

勉強も始めようとか思っている。

で・・・・病棟の工事も着実に進んでいる。

d0005908_2362399.jpg


地中梁に囲まれた埋め戻し部分にポリスチレンフォームを敷いている。

まぁ、簡単に言うと、断熱材である。

d0005908_23113134.jpg


一階スラブのコンクリート打設である。 っていうか、雨の日にコンクリート打設するな。

手前の柱・・・縦に伸びている太い鉄筋が柱の主筋、輪っかのように、横に

等間隔でならんでいるのは、フープ筋といって、主筋を拘束するためにある。

そのフープ筋に付いている、黄色のギアみたいなものは、スペーサーである。

かぶり厚といって、コンクリートの表面から鉄筋に達するまで、決められた

コンクリートの厚さが必要である。(でないと鉄筋がさびてしまうからである)

型枠をはめるときに、この厚さが一定になるように、これをつけておく訳である。

d0005908_2317531.jpg


今や、当たり前の「足場先行工法」である。足場を先に作ることによって、作業時の

安全を確保するわけである。

d0005908_23191772.jpg


病院の敷地に咲いている桜である。

ホーホケキョ
と可愛い声が聞こえてくるので、仕事が終わると、バイクの前に腰掛けて

しばらく聞いている・・・という訳である。
[PR]
嫁さんと双子が居ないので、静かだが、ちょっぴり寂しいWINDである。

それとこれとは別で、その間を利用して、玉掛けと小型移動式クレーンを取ってきた。

玉掛けがあると小型移動式クレーンの日数というより、費用!!がお得になるので、

まずは、玉掛けである。

労働安全衛生法により、制限荷重が1トン以上の揚貨装置、

又はつり上げ荷重1トン以上のクレーン、移動式クレーンもしくはデリックを使用して

玉掛け作業を行う場合は、玉掛け技能講習修了した方、

その他厚生労働大臣の定める者でなければ玉掛け作業に従事することができないのである。

「ワイヤーロープよし!」

「地切りよし!」

とかやってきた。

d0005908_1374978.jpg


運転者に対しての合図や重心や重さを自分の体を(手とか腕)を使って

目安をつける実習などがあった。

小型移動式クレーンとは、走行とクレーン操作

(動力で荷をつり上げ、つり荷を水平方向に運搬すること)

が可能なクレーンの中で、つり上げ荷重1トン以上

5トン未満の移動式クレーンのことをいうのである。

d0005908_1383381.jpg


学科は簡単な力学とかであったが、実地が少し難儀であった。

「揺れ」を止めるのが、最初なかなか上手く出来なかった。

荷物を移動させるとき、ここで止めると思い、旋回を止めても

荷物は慣性により進行方向に触れる。

移動のスピードが増すほど大きくなるのはご存じの通りである。

これを止めるには、進行方向に荷物が振った時に、同じ方向に動かしてやればよい。

理屈は簡単であるが、コツを掴むのがなかなか難しかった。

が、それ以上に楽しかったのであるが・・・・。

この楽しいと感じるのは、

「非日常的な事をしている」

からだと思う。 

旅行に行ったり、アトラクションで楽しんだりしているのと似ている。


取りあえず、2つゲットである。

明日は電気工事士のテキストを探しに行く予定である。

ああ、電気嫌い。 計算もしたくないし、配線図も見たくない。

なのに何故受けるのだろうか?
[PR]
ブログを訪問してみると、プロフィールを載せているところが多かった。

書いておくと、初めての訪問者でも何か話題が見つかり、書き込んでくれるかなと

勝手に思ったので、今さらであるがプロフィールを作ってみたWINDである。

◆出身地 : 和歌山県 和歌山市

◆生年月日 : 19XX年3月19日

◆職 業 : Nurse

◆最終学歴 : 和歌山県立高等看護学院卒

◆現在の所在 : 奈良県

◆現在までの足跡
 
19××年3月19日、和歌山に生まれる。生後一ヶ月で、気管支喘息を発病する。

なんとかぼちぼち過ごすが、小学5年の時、意識を失う大発作があり、
  
小学6年から中学2年まで、国立療養所和歌山病院(現国立病院機構)

に入院し、みはま養護学校(現みはま支援学校)に通う。

かろうじて、情けない高校に進学し、奇跡的に同情される大学に入学する。

大学では建築学を学ぶ。(この頃が人生絶頂期)

大学卒業後、一部上場ゼネコンの建築部積算課に勤務するが、

不景気の為、倒産。

半年間の看護助手を経て、和歌山市医師会准看護学院

(現和歌山市医師会看護専門学校)に入学し卒業後准看護師になる。

卒業後、和歌山県立高等看護学院に入学し卒業後看護師となる。

卒業後、奈良県内の病院に就職、約一年後結婚する。

今の職場に就職してから、交通事故(肋骨骨折)・肺炎(数回)・副鼻腔炎(毎年)

謎の頭痛(年に数回だが始まれば数ヶ月続く)・鬱病(完治っぽい)・不眠

腰椎分離すべり症(手術)・右眼網膜剥離(入院手術2回)

右手手根管症候群(手術)・意識混濁で入院・両膝OA(変形性膝関節症)

そして、今は頸椎椎間板ヘルニアによる右手の痺れと脱力感と痛み、

頸部と後頭部の痛み坐骨神経痛で臀部と脚の痛みしびれと全身ボロボロ

であるが、夫として、双子の親父として看護師として頑張っている。

2011年12月に姫が発達障害と診断(詳しい検査などはまだ)

王子も診断まで至らなかったが月に二度の作業療法士による訓練開始になる。

その後、兄妹共広汎性発達障害と診断される。

現在普通級に通いながら、放課後デイサービスを利用している。

普通の子の子育ては知らないが、色々ありながら楽しくやっている。

◆趣 味

ツーリング

と思いたいが、今のバイクを購入してから一度しか行っていない。

しかも県内。←結局行けないまま売却。。。

d0005908_18334243.jpg


HONDA CB400 SUPER FOUR(2005)

             ↑家計の為売却・・・・・。
 
KAWASAKI KSR-Ⅱ 後期型(多分・・・・)

d0005908_14431091.jpg



             ↑家計の為売却・・・・・

その後、KAWASAKI Ninja250R(2012)を

人生初めての新車で購入。 長距離ツーリングにはあまり行けていないが、

職場でのツーリングチームも発足し、

ブログ仲間と走る機会も増え、今やこれなしでは生きられない

趣味となっている・・・・。

何時かは大型二輪免許を取って、北海道をバイクで走るのが夢である。

d0005908_135890.jpg




プリカ収集:漫画家のプリカを収集している。

赤石路代・北川みゆき・藤田和子・渡瀬悠宇・なかじ有紀・かわちゆかり

くりた陸・ひびき玲音

(以上少女漫画家)
        
曽田正人・皆川亮二・しげの秀一・高橋しん・三浦建太郎・花見沢Q太郎・宮野ともちか

家計の為。売却・・・・。

たかみち
   
(以上少年・青年漫画家・ゲーム)

資格習得:結婚して何年かは頑張っていたのであるが、病棟移動などで5年ほど放置。

平成28年から気合を入れて再始動!

漫画・アニメ:と言っても、最近のは全然知らない。又、見ている暇がない。

昔はそこそこ観ていたが、オタクと呼ばれるレヴェルには到底達していない。

Annette Himstedtのドールを5体所有しているが、スペースと嫁さんの

反対により自室で待機中・・・・。実家へ出戻りは避けることができている。

d0005908_14531851.jpg



◆好きな季節 : 春が一番である。

◆今夢中な事 : どでかい資格を取りたい。(身の程ぐらいの) 

◆特 技 : 指の関節が結構曲がる。あらゆる関節をポキポキとならせる。


◆future :  

何時かは海外旅行がしたい。
      
ルーシー・モード・モンゴメリ(赤毛のアンの原作者)が住んでいた

プリンスエドワード島で、アンの気分に。そして、ヨーロッパの諸国

をまわり、すばらしい建築物の鑑賞と美味しい食べ物を満喫したい。


勉強してきた、そしてこれから勉強する、看護・福祉・建築の知識や

経験を生かして、自宅で生活される、高齢者・障害者の役に

ほんの少しでも貢献できる人になりたい。

まだまだ、知識・経験共に不足しているが、いつかは・・・。


 ◆Update: 
          2009/12/08         
          2010/12/19
          2011/12/17
          2015/12/30
[PR]
夜勤明けで、フラフラのWINDである。

双子がいないので、ゆっくり仮眠を取ることが出来たが、すっきりとはしない。

やはり、寄る年波にはかてないのであろうか?

夜勤と言えば、うちの病院は基本3交代なのであるが、変則的な2交代が

1病棟、そして、一応完全な2交代をしている自分の病棟がある。

とある、HPで2交代と3交代のどちらが良いかアンケートの結果が載っていた。

2交代が良いが47%、3交代が良いが31%、どちらでも良いが22%であった。

最近の傾向としては2交代が人気があると聞いている。

夜間の通勤がない、まとまった休みが取りやすいなどの理由らしい。

自分も入職した頃は3交代であった。

遅一→深夜勤という勤務になると、色々して帰宅が19時台。それから夕食、入浴等々

して、仮眠。翌日0時30分から勤務開始である。

自分は近くて、殆ど残業もないのでまだ良いが、残業あって、女性なら

帰ってから食事の用意や育児をして休む間もなく夜間に出勤である。

2交代はまとまった休みを取れるが、勤務時間が長いので疲労も強くなる。

自分の病棟でも、看護師の人数が減るため、10月から3人夜勤から2人夜勤になる。

単純計算で三分の一の戦力低下である。

人数が増えたので、2交代になっていたのだが、3交代の人数に戻る訳である。

しかし、2交代の病棟もあるというアピールの為、2交代のままで継続するようである。

さて、こうなるとどちらが、患者さんや看護師にとって良い方法であるのか?
[PR]
新しい年の始まりは元旦であるが、何故かが始まりと感じてしまうWINDである。

体調も少しずつ良くなり、後は疲労が取れてくれたら大丈夫であろう。

春と言えば、新入社員が入社してくる時期である。

今日から配属になった、新人看護師さん。

なんと、今月結婚するそうである。

就職前にそれを伝えると就職に影響するからであろうか、今日師長も知ったそうである。

21歳という若さであれば、もちろん今年中に妊娠、産休の可能性も高い。(以前もいたので)

そうなったら、そうなったで、めでたい事なのであるが、

今年の9月からきりぎりの人数でやって行かなくなっている状態なので少し困る。

仕事も始まってすぐに結婚休暇・・・・。

今の若い者とは言いたくないが、ちと常識に欠ける所があるのではないだろうかと

考えてしまうのはおっさんになった証拠であろう。

さて、前回の日記に書いたとおり1級土木施工管理技士の受験が出来なくなったので、

代わりに受験する資格を見つけた。

優先順位で並べると

1 宅地建物取引主任者

2 小型移動式クレーン運転技能者

3 玉掛技能者

4 乙種4類危険物取扱者

5 特殊建築物調査資格者

6 コンクリート造の工作物の解体等作業主任者

7 第二種電気工事士

8 コンクリート橋架等作業主任者

9 カラーコーディネーター2級

の9個である。

どれもパッとしない資格である。

2・3・5・6・8は講習と修了試験で取れるので、まぁ勉強は必要ない。

問題は、追加した第二種電気工事士である。

以前も書いたが、電気はさっぱりどころが、

苦手意識バリバリである。

しかし、あえて踏み込もうと思っている。

と思ったら、締め切りまであと僅かである!!(4日まで)

明日、休みなので早速願書を貰ってきて手続きする予定である。

カラーコーディネーター2級は、うーん時間が空いたら勉強しようかという程度である。

オームの法則さえ忘れてしまった自分が2ヶ月で学科試験に受かるのか?

やったこともない、電気の配線の実技なんぞ出来るのか?

不安であるが楽しみでもある。

母から「あかん、あかん、お前落ちるに決まっているわ」

と言う暖かいコメントを頂いた。

内容はかなり簡単な資格だらけだが、(自分にとっては難しかったりする)

受験する数としては過去最多!

質より量の最初で最後のチャレンジである。
[PR]