<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久しぶりに奈良公園に行ってきたWINDである。

愛知の友人と何年も前に行ったきりである。

今回は、病棟のプチ遠足ということで、5人の患者さんと行ってきた。

気温も丁度良く、天気も良く、正に遠足日和である。

近くまで鹿がよってきたので、ドングリをあげたり、散策したり・・・。

日頃、病院から出ることのない患者さんにとっては、外の景色は刺激になったようである。

帰りには、新婚さんも発見。

お幸せに!


今日で、最後の副師長試験の面接の練習が終わった。

試験は、11月5日である。

ペーパーテストも全然なのだが、モチベーションが上がらないので・・・・。

3日、4日と休みなので、その二日と当日は気合を入れていこうと思う。

d0005908_17494454.jpg


近寄ってきた鹿・・・。

d0005908_17501313.jpg


ここで、しばらく休憩。

d0005908_17504222.jpg


お若い新婚さん。 お幸せに。
[PR]
今日は、夜勤明けのWINDである。

やはり、夜勤明けは疲れる・・・。

最近、やたら同じ内容ではないのだが、よく似たシーンが夢の中に出てくる。

一体どういう意味なんだろうと・・・。

夢占いのサイトを見つけたので占ってみた。(無料)

書き込んだ内容は、

「建物に入るとき、ジェットコースターに乗って入っていく。
ノーヘルで知らない間に運転していて、気が付いた後、
警察に見つからないかと心配しながら運転する。電車で、
大きな川を渡り、遠い町に行く(外国?)」


占い結果は、


「迫り来る何かの気配や危機感、焦燥感の表れです。
ターニングポイントが近付きつつあることを、
薄々感じ取っているのかもしれません。
流されるまま消費している日々に危機感が芽生え、
そろそろ生活や生き方を変えていかな
ければいけないと感じている場合もあるでしょう。
人生にはいくつもの節目があります。
子供から大人へ向かい、若さから老いへと向かう時。
あるいは重大な選択や決断をする時。
節目を迎えるたび、その変化に対応し受け入れていかなければなりません。
夢は、あなたに次の段階へ進むことを促しています。
そしてあなた自身も変化を求め、新しい一歩を踏み出すことを望んでいるようです。

しかし、まだ今のあなたには未熟な部分が残っていたり、
学ぶことや取り入れていくことがあるのではないでしょうか?
もうすぐ迎え入れる新たな成長段階への選択や決断のとき、
正しい見極めができるように準備を始めましょう。
次のステップをスムーズに受け入れることができるように準備を始めましょう。
あなたがすべきことは、たくさんあるはずです。


という事であった。

たぶん、仕事面で、病棟看護研究や委員会、副師長試験が迫っているが、

思うように進んでいないこと。

建築士の勉強が全くできておらず、心身も疲れ切って何も手がつかない。

でも、このままでは、何も満足な結果を生み出せない事がわかっている焦り。

この心理状態が夢にでているのだなと・・・・。

ジェットコースターは好きなのだが。(笑)

明日は、休み。

明日こそ、しっかりと勉強をしたい。


夜勤入りの日に七五三に行ってきた。

自分で選んだ着物にご満悦の王子である。

d0005908_0481652.jpg

[PR]
相変わらず、「なんだかなぁー」の日々を過ごしているWINDである。

副師長試験まで、あと休みも数回。

この数回ぐらい気合を入れて勉強しようと思う。(もう、遅いが)

自分の病棟には、「てんかん」という病気を持った患者さんが、何人もいる。

てんかん発作は、間代性や強直性の痙攣が起こる場合が多いが、痙攣がないものもあり、

全身が痙攣するほどの発作もあれば、指先がしびれる程度のものもある。

また、意識障害が伴う場合もある。

てんかんによる事故としては、4月に起きた、クレーン事故の記憶はまだ新しいと思う。

クレーン車が小学生の列につっこみ、6人が亡くなった痛ましい事故である。

てんかん薬を服用せずに運転、しかも医師の注意を聞かなかった。

この責任は、大きなものであるし、亡くなった家族からすると

交通事故ということで、刑罰も軽く、納得できないし同じことは繰り返して欲しくないと思うだろう。

自分も、我が子が事故に巻き込まれたら、同じように考えると思う。


しかし、この加害者が薬をきちんと服用していたら事故は起きなかったのかと言われたら、

それは、「NO」である。

薬を服用することによって、何年も発作がない患者もいる。

だが、絶対にないとは言えないのである。

免許をもらうときに、正直に申告して免許がもらえないケースもある。

「それは当り前」

かもしれない。

運転にかぎらず、機械の操作や危険作業を行う人が何時発作を起こすかもしれない。

そういった人を会社は雇うだろうか?

全国に100万人以上いる患者のうち申告しているのは、1%ほどである。

申告したくてもできない環境がこの国にはあるのではないだろうかと思う。

普通に就職活動ができないし、障碍者枠で入社できるのも一握り。

あとは、定職につけない・・・。

障害者年金も月に数万円程度。 これでは、結婚して家庭を持つことすら叶わない。

障害を持つ=他人と違う=少数派の生活はそれほど重要視しなくてもよい

とはならないはず。

申告しない人には罰則を。 もっと厳しく!

遺族の気持ちとして、当然に実行してもらいたいことである。

でも、その人たちの受け皿がない状態では、実行すべきではない。

まずは、申告しても安心できる体制つくりをしなければいけないのではないかと思った。
[PR]
今日は夜勤明けのWINDである。

帰ってから、テレビを久しぶりにつけると、ミヤネ屋で、年金の事を放送していた。

自分が年金を受け取るときには、下手したら70歳とかになっている可能性も・・・。

年金を受け取るまでの生活をどうしろというのだろう。

70歳まで、現役で働けというのか?


昨日まで、割れたiphone3GSを使っていたのだが、今日から4sに変更である。

都会では、回線が集中して使いづらいという話であるが、田舎では関係ない。

家では、「FON」を入れているので、skypeもサクサクと使える。

テレビ電話(言い方が古い)もストレスなしで動くのはうれしい限りである。

あと、考えているのが、iphoneのケースである。

前のiphoneは、自転車にぶつけられて割れてしまったので、

もう少し強度のあるケースを探そうと思っている。

d0005908_22562316.jpg

[PR]
休みも終わり明日は出勤のWINDである。

家にじっとしていると、一日寝てしまう始末。

前のブログで書いた件は、師長からしぼられることはなかったが、

最近の仕事に身が入っていないように感じると言われた。

自覚はあった。

毎日の業務はやっているのだが、それ以外の委員会やプロジェクトなど

身が入っていない・・・・。

少し躓くと、先に進むパワーがないというか・・・・。

もちろん、副師長試験の勉強もほとんどしていない。

休みの日に何かしようと20年ぶりにプラモデルを買ったのであるが、

それさえも面倒で、箱を開けていない。

一体どうしたのだろうか?



そんな状態を打破すべく、家族で出かけてきた。

買い物をしたり、ぶらぶら歩いたり。

頭痛もあるが、それほどひどくはない。

王子と嫁さんと一緒に楽しく過ごした。


買い物ついでに、書店で漫画を2冊買ってきた。

「まんがでわかる構造力学」

も買おうか悩んだが、ネットで古本を注文することにした。


まずは、

AZUMI 9巻

d0005908_23221835.jpg


人斬り以蔵があずみに惚れているのだが、手は出したいけど、出せない以蔵が

可愛そうな気がする。 あすみ自身はこれが恋ではないのだが、恋かどうかの判別が

つきにくい感じである。これも可愛そうである。

次の巻ぐらいで、大きく物語が進展するのではないかと期待している。


次は、北川みゆき先生の

僕だけのバタフライ

d0005908_23225487.jpg


テレカの収集もしているのだが、最近の作品を読むのは久しぶりである。

基本、ストーリー構成も前と変わらず安心して読める。

30歳を過ぎた女性が10歳も年下の男性と恋愛するのであるが、

年上の女性をかわいらしく表現しているなとか・・・。



最後に気合入れて、プラモを作った。

今は、接着剤がいらないし、塗装もほとんどいらないのには驚いた。

組立自体はかなり簡単であったが、シールを貼るのが面倒だった。

d0005908_23232424.jpg



休みの日に久しぶりいろいろやってみた。

もちろん、勉強も1、2時間ぐらい。

明日から、調子よく行けると良いな。
[PR]
明日、仕事に出かけるのが、憂鬱なWINDである。

この前、病院で模試があったのだが、嫁さんの体調不良があり、

病院まで連れて行ったり、保育園に迎えに行ったりとしていて、行くのを忘れてしまった。

朝は覚えていたのだが、走り回っているうちに・・・。

気づいた時には定時をまわっていたので、翌日話そうと決意し職場に行くが、

師長は、出張中。

そして、師長からのメモ・・・・。

もちろん内容は、このことである。

明日、しぼられそうである。 

更に、前期の個人目標の評価のため、面談もある。

入浴日で人は日曜並み。昼から委員会で司会、入院受け、

更に病棟看護研究を17日までに論文形式にして提出らしい。

まだ、研究が終わっていないのにどうせいというのだろう。

それらの話が一気に明日、押し寄せる・・・・。

気が重すぎである。

まぁ、これも給料のうち(というほど貰っていないのだが)と思い頑張るしかない。

昨日、久しぶりに料理を作ってみた。

子供が大好きのハンバーグである。

伊藤家の食卓での裏ワザを使い、柔らか肉汁たっぷりのハンバーグができた。

毎日、「早く食べなさい」と注意しているのだが、

その日は、何も言わなくてもパクパクと食べてくれた。

「パパのお料理美味しい!」

王子もご満悦。

初めての割にはおいしくできた。

料理はたまーに作ると結構面白い。

毎日作ってくれる嫁さんに感謝である。
[PR]
スティーブ・ジョブズの死去のニュースをみて、驚きが隠せないWINDである。

今は、Windows7のパソコンを使っているが、パワーマックからキューブまでは、

自分もマック使いであった。

アップルコンピューターを設立し、初代マッキントッシュを「マック」の愛称で

呼ばれるまでに普及させたのも彼の功績によるものだ。

看護師であれば、マッキントッシュというと喉頭鏡が浮かぶだろう。

マックと言えば、ハンバーガーであろう。(笑)

マックは、その性能から、医療・芸術などで活躍されている人が愛用していた。

マックのOSはどのOSより先進的だ(自分の考え)と思っている。

近年では、iPhone・iPadなどヒット商品も出している。

それにより、アップルを時価総額で世界一のIT(情報技術)機器メーカーに押し上げた。

しかし、すい臓がんを患い、今年の8月には職責を果たせないとして第一線を退いた。

それから、わずか一か月半での死去である。

まだ、56歳の若さである。

ご冥福をお祈りしたい。


d0005908_22112752.jpg



最後にアップルのCMをいくつか。

日本国内でのCMだが、どこか日本のCMとは違うと感じるのは自分だけだろうか。

藤井フミヤのマックCM
最後の画面にでる文句が好きである。




クレイジーな人たちがいる
アップルを表現しているのだなぁと感じるCM



iPod Nano
見ているだけで、欲しくなってしまうCM



iMAC
カラフルなモニター一体型のPC あなんあこともこんなこともという機能面の紹介など何一つない。


[PR]
夏季休暇が終わり、休んだ分溜まった仕事がようやく片付いたWINDである。

持病が悪化しているせいか、体が怠くて、しんどい。

何をするにも人一倍の気力が必要になる。

なので、夏季休暇もほとんど寝たりして体を休めることが多かった。

そんな夏季休暇の最終日、双子の運動会に行ってきた。

駐車場係りということで、早くに保育園についたのだが、

肝心の車がなかなかやってこない。

その間、ほうきを借りて運動場を均していた。

そうこうしている間に運動会が始まった。

双子の出るところは、全部ビデオに収めている。

今回は、かけっこで、一番を取るということであったので、楽しみにしていた。



最初に走ったのがで、一番。

二番目が王子

最初に出遅れて更に大きく膨らんで、3位だったのが、途中で1番に肉薄するも2番。

自分と違い、足が早いようである。(笑)

帰ってきて、思いっきり遊んで、夏季休暇も終了である。



ここ数日前から片頭痛が再発している。

前と違うのは、左側頭部だけが痛いことである。

疲れているし、怠いし、頭が痛いけど、勉強もそろそろ再開しないと・・・。

試験まであと一か月・・・・。
[PR]