<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日休みで、友人とうちの家族でバーベキューをしたWINDである。

消防設備士の更新講習だったと思っていたら、勘違いだったので、

急に予定が空いてしまった。

そこで、友人のところで、バーベキューをすることになった。

嫁さんと王子も外で食べるのは楽しいらしく、まぁ、賢く過ごしていたかな?

日頃は食べないものも美味しそうに食べていた!

機会があればまた、連れていてあげたいなぁと思う。


嫁さんらが帰ったあとは、片付けとこの前GoProで撮影した動画をみたりして、

和歌山方面に走りに行くか! と出発したのが16時前。

金剛山の方や広域農道を走ろうと、気持ちよく走っていたのだが、

坂の上の交差点(信号なし)で、孫をのせたばあちゃんがスクーターで飛び出してきた。

向こうは驚いた顔をしていたが、大きな道に出るときは、一時停止でしょ?

その後は、ノーヘルでかっ飛ばすばあちゃんとすれ違った。

バイクの乗り方については、年配者の方がタチが悪いのでは?


d0005908_155652.jpg


ワインディングロードがいっぱいで、結構楽しい。

d0005908_15574350.jpg


駐車場の下は釣りができるようになっている。


金剛山のあとは、310号線で、五条に抜けそのまま和歌山に・・・

のはずだった。

ここも、気持ちがいいワインディングロードが続き、飛ばしはしていないが、

40キロの法定速度は超えている・・・・。

そうしたら急に警官が立っているじゃな~い!

「取締か?」

と思ったが、そうではなくこの先のトンネルでバイク同士の正面衝突があって、

バイクが燃えているとのことだった。

d0005908_1622563.jpg


この先には・・・・。

d0005908_16259100.jpg


パトカーが、何台も並んでいる。

事故を起こした方は、病院に搬送されたそうである。

あんな直線でしかも、バイク同士で正面衝突なんて・・・。

友人と警官が話をしている横を見てみると。

d0005908_1655793.jpg


お花が供えている。

ステッカーとかは、仲間が貼ったのであろう。

ここで亡くなられた方の冥福と、トンネル事故のライダーの無事を祈りたい。

自分も初めて走るコースで、調子こいてたので、砂にタイヤを取られそうになり

ラインを変えたのはいいが、センターラインをオーバーしてしまった。

その時に対向車が来ていれば終わっていたわけで・・・。


時間も時間だし、和歌山行きは諦めて近くのスーパー銭湯に入り帰ってきた。

本日の走行距離は142キロ。


皆さんも事故には気をつけて!
[PR]
今日、保育園で発達障害について先生と保健師、保育士が同席で発達相談があった。

テストを終えて、去年よりも成長しているとのこと。

去年は、年齢より少し遅れている感じであったが、それをカバーして

年齢相当の発達はあるとのことであった。

検査の時は、二人共かなり緊張していた。

後ろに座っていたのだが、振り向いた時に笑顔で応えると嬉しそうにしていた。

その後、現状の問題を話し合った。

この内容を7月の受診の時にDrにみせ、どうするのかを決めていくのだろうと思う。

小学校への進学は、とりあえず、普通の小学校の普通教室で行きましょう

という感じで話はまとまった・・・。


小学校に上がったら、担任の先生には事情を話し、配慮してもらおうと思っている。

今まで、乗れていなかったコマなし自転車も、

コツなどを教えたらうまく乗れるようになり良かった。

王子には「自転車乗れなかったら、バイクにも乗れないよ」

と言ったのが、効いたのか

「これで、小さいバイク乗れる?」

と何度も聞いてきた。



これからも、色々あると思うが一歩は踏み出せた感じである。


そして、父親から奈良に来ているので会えないかと電話があり、

急遽会うことになった。

こちらの方には行くと言っていたが多分無理だろうと思っていたので。

妹の所にも行くとのことであった。

抗がん剤の副作用で頭髪が抜けるので、髪をかなり短くカットしていた。

体重も40キロ台に落ち、子供の頃は力では圧倒的に適わなかった

力強い面影はない。

一度は下がった腫瘍マーカーも上昇しており、動けるうちに

やらなければいけない事、やりたい事をやっているのだろう。

26日には、弟夫婦と一緒に会う予定になっている。



父が帰った後、外も涼しくなったのでバイクでも洗おうかと思ったのだが、

あまり乗っていないのでそれほど汚れていない。

という訳で、車体に大きく貼っているあのステッカーの補修と

シートの塗装が落ちてきた部分の再塗装、そして、新しいステッカーを貼った。

大きなステッカーのエンジン部分は、熱を持つのでステッカーが剥がれやすい。

局面など浮いてきた部分に接着剤を付けて補修。

シートは取り外し、スプレーで再塗装。乾くのが早いので助かる。

最後にステッカーは、Ninja乗りの方がよく貼っている

「モンスターエナジー」

のステッカーを貼ってみた。

モンエナは、緑が基本色?でオレンジなどもあるが、紫や青系でまとめている

自分のバイクには、合わない色である。

ところが、ヤフオクで紫のステッカーを発見したのである。

d0005908_22381748.jpg


この位置は、目立たないように思えて結構目に付く場所である。

そして、ここ。

d0005908_22384532.jpg


もちろん、反対側にも貼っている。

こんな感じで、一日が終わり・・・。

今度は土日が休みだが、バイトと消防設備士の免許更新講習で潰れてしまう。

あ~ 勉強やべえ!
[PR]
夜勤が終わって、久々の連休だったWINDである。

昨日と今日は、特になにもせず、勉強をちょこっとしたぐらいである。

さて、タイトルだが知っている人は誰でも知っている、知らない人には

説明をしても分かってもらえないので、省略するが、ある方の言葉を

少し変えている。

結論から言うと、Ninja(雪風)に乗って、初めて立ちゴケしたのである。

いつも、スタンドを出してから乗り降りするようにしていたのに・・・だ。


看護のインシデントもそうであるが、やったつもりというやつである。

スタンドを出したつもりで、バイクを傾け始めたら、そのまま転倒してしまった。

気づいた時には遅く、ゆっくりと倒すようにするのが精一杯だった。


傷は、左ミラーとフレームスライダーとバックステップ、リアカウルの出っ張り

であった。

特に、バックステップは、可倒式ではないために、ステップバーに損傷が。

根元が曲がっているため、カタカタ揺れる・・・。

部品代と送料合わせて、8千円ぐらい。

とりあえず、乗ってみたが支障はない・・が、体重をかける部分なので

走行中に折れたら転倒につながるので、なるべく早いうちになんとかせねば。

残りは、ヤスリでこすり、ペンで黒くカキカキしたら、遠目ではわからなくなった。

d0005908_20144969.jpg


まずは、ミラーである。

カーボンもどきに傷が・・・。 ペンでちょこと修正。

ミラーは動くので、それほど大した事はなかった。

アウトバーン ワイドビューミラーが割れていたら、シャレになっていないが・・・。

d0005908_2017427.jpg


そして、前回活躍して欲しくないと動画で言っていた、フレームスライダー。

削れたところや傷のところをちょこっと補修。

これがなければ、カウルがえらいことになっていた。ありがとう。

d0005908_20275736.jpg


傷が入ったのは、黒いエンドキャプのみだったが、ステップバーが重症。

これも、フレームスライダーの役割をしてくれたのだろう。

傷のみ、ペンで修正。

d0005908_20304682.jpg


そして、NInja250R乗りで転倒したことがある人なら知っている

リアカウルの飛び出し部分。 

傷防止のシートと、ステッカーのおかげで少し、削れた程度だった。

傷をペンで補修、ステッカーの一部カット、その上に傷防止シートを再び貼り付けた。

走行中の転倒なら穴があいていたので、不幸中の幸いだった。



さて、なぜこうなったのかというと、夜勤中に20年来の友人から

ツーリングのお誘いがあった。

しかし、夜勤明けではということで、中止に。

夜勤から帰り、月曜日のツーリングに備えて洗車していると・・・。

「やっぱり行かへん?」

というお誘いに乗り、五条まで前回行けなかった、バイク屋まで走った。

そこで、天気が崩れるという情報をアメダスから入手。

このまま昼飯を食って帰るという案も出たのだが、吊り橋までなら大丈夫!

とバイク屋の店長からの助言もあり、吊り橋まで向かう。

途中雨が降ったが、気にするレベルではない。

そして目的地に到着。

d0005908_20423757.jpg


日本一の吊り橋らしい。

長さが?高さが?それとも両方?

d0005908_20433199.jpg


全体ではこんな感じ。

d0005908_2044066.jpg


渡り始めるとこんな感じ。

d0005908_20443144.jpg


下を見るとこんな感じ。

と吊り橋を堪能(GoProでも撮影した)したあと、どうするかと相談。

雨が少し強くなったのと、二人共雨具を持っていなかったし、

自分も昨日から寝ていないので帰るか?という話になっていた。

しかし、ここまで来たら十津川まで行こうや!という希望もあり、スタート。

途中で、紀伊半島大水害の爪痕が生々しく残っているのをみた。

新しい道路が整備されているところもあるが、工事はいまだ続いている。

途中、強い睡魔に襲われ意識が遠くなりながらも目的地に到着。

d0005908_20584118.jpg


湯の峰温泉である。

何もないところから、その一角だけ温泉街。温泉街と呼ぶにも小さすぎる。

外界からはなされた感じがして、どこか遠くに来た気分になれた。

友人はここのつぼ湯を狙っていたらしいのだが、

待ち時間がほとんど無しで入ることができた。

d0005908_2121273.jpg


d0005908_212379.jpg


中はこんな感じ。

2人で丁度いいぐらいで、詰めたら4人?

世界遺産に登録されているらしいが・・・・。

d0005908_215598.jpg


下から見上げたら、こんな感じ。

その後、公衆浴場で話をしながら、外に出ると周りは真っ暗。

d0005908_2144676.jpg


温泉卵を食べて、さて、どのルートで帰ろうかという話になった。

ここで選択肢を間違った。

外灯のない道は危ないということで、田辺市の海側まで行き、

国道42号線で帰るというルートを選んでしまった。

これがえらい距離で、田辺市の中心部に着いたときは、21時過ぎ。

広川町で22時半。 和歌山で0時。 粉河のモスを出たのが1時。

なんと帰宅したのは3時すぎであった。

そして、41時間寝ていないのである。

走行距離は、下道ばかりの、

d0005908_21113927.jpg


389キロ。 


下道の自己最高記録である。

そして、運命の時が来た。


家に着き、スタンドを出したつもりで、降りようとして、

冒頭の状態になった訳である。

「こんなに計画性のない走りは大学いらいやな」

と話をしたのだが、大学生の頃の若さもあるわけもない。

歳は取りたくないものだなと強く思うのであった。
[PR]