<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バイクで走ると、寒さを感じるにはいられないWINDである。

今回は、もう一か月以上前に行ってきた丹後方面のツーリングの動画である。

天橋立を見ようと思ったのだが、

そもそも天橋立というのがどういうものかを知らなかった為、

見ることができなかった・・・。

ガッツリと500キロ弱のツーリングだったと思う。

ツーリングチームの若い子が、そんなフォームで良く曲がれるなという

走りをしていたので、動画後半におまけとして付け加えてみた。

時間のある方は是非見てくだせえ。



あと、双子の就学相談にも行ってきた。

市の教育委員の方が授業を見学し、親の意見や学校の意見を聴き

今後、双子に対してどうしていくのかを決めるそうである。

手厚くみてほしいなら、特別学級へどうぞというのが、向こうの考えらしい。

クラスには、他にも発達ちゃんがいるので、我が子一人に付きっきりではなく、

もう一人の先生が、そういう子ども達にちょっと促してもらえたら

それで良いという意向は伝えたのだが・・・。

来年、8月に小児精神科に受診となるのだが、それまでに王子

落ち着きがないようであれば、薬を使う事も自分は考えている。

落ち着いてくれば、量も減らせるし無くすこともできる。

今は授業についているが、今後は分からない。

落ち着きがなく勉強に集中できない→理解できなくなる→勉強が嫌いになる

と言うのは、避けたいのが本音である。

なんとか上手くすべての案件が進むことを願っている。

d0005908_1995956.jpg



[PR]
お久しぶりのWINDである。

ここの所、なんだか疲れが溜まってしまっている・・・・。

ブログの更新はおろか、コメントにさえ行けていない感じである。

この前、名古屋でSSTの勉強会に行ってきた。

大阪と神戸でもやっていたのだが、気が付いた時には終わっていて・・・・。

交通費は支給されるのだが、中央で発表しなきゃいけないことや、

書類も面倒ちぃので、全部自腹だった。

しかし、担当の先生がいい先生で出したお金の元以上の物が得られた。

今回のSSTは、発達障害と知的障害向けのもので、最近病棟にもそういった障害を

持っている人が入院されたりで・・・。

そういう方には統合失調症で考えているプログラムに中々乗ってこれないので、

何かヒントになることはないかという事。

双子への関わり方のヒントになることはないかという事で参加したのである。


SSTとは   (SST普及協会より抜粋)


“Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や
「生活技能訓練」などと呼ばれています。
小児の分野では「社会的スキル訓練」、教育の分野では
「スキル教育」とも呼ばれます。
SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる新しい支援方法で、
対人関係を中心とする社会生活技能のほか、
服薬自己管理・症状自己管理などの疾病の自己管理技能に関わる
日常生活技能を高める方法が開発されています。
近年わが国でもその効果が認められ、1994年4月
「入院生活技能訓練療法」として診療報酬に組みこまれました。
現在では、医療機関や各種の社会復帰施設、作業所、矯正施設、
学校、職場などさまざまな施設や場面で実践されています。
家庭や職場訪問など地域生活の現場での支援も行われています。
精神障害をもつ人たちをはじめ社会生活の上で
様々な困難を抱えるたくさんの人たちの自己対処能力を高め
(エンパワメント)、自立を支援するために、
この方法が広く活用されることが期待されています。


家では、朝集団登校に間に合うためにどうすればいいのか双子に言ってもらって、練習や

出来たことを褒めて伸ばしていくという事をやっているが、効果は出るのか楽しみである。


そして、名古屋には当り前だがバイクで行った!

d0005908_198077.jpg


初日には、大学の友人と一緒に名古屋コーチンを味わいまくり、

二日目は、森ツンさんとライダーカフェで久しぶりに会うことが出来た。

d0005908_1993255.jpg


今、風邪を引いて辛いが、明日の準夜勤、明後日の遅出をこなし、明々後日で完治させ

15日は、行先がコロコロと変更になった職場のツーリングチームの

今年最後のツーリングに行ってくる。  行先はどこになるのだろう?
[PR]