友人から借りた看護師国家試験の復元問題を見てみた。 大変びみょーな点数だった。
しかも、20問以上どれに回答したかを覚えていない。多少甘く付けてこれだから、きっと危ないのだろう。落ちていたらどうしよう? 看護の道は諦めて、別の業界に進むべきか?もう一度チャレンジすべきか?かなり悩んでしまう。
 発表まであと10日。4月1日からは、一応就職が決まっているが、落ちたら採用も取り消しだ。色々と準備もある。困ったちゃんだ。今の気持ちを「烈火の炎」のOPフレーズでいうと、
「なんかため息 深くため息 わずかな落ち込み人生を転がす なんかだめかも 全部だめかも 見えないハードル うまくは進めないね」って感じ。でも、今更慌てたところで点数が上がるわけでもないし、不合格が合格になるわけでもない。こうやって、ボーと過ごせるのはあとわずかなんだから、今この時を楽しむことにしよう。いやーなんて前向きなんだ。(笑)
話は変わって、今日某オークションにテレカを出品する。理由は貧乏だからだ。
テレカを買って貧乏になって、テレカを売っていたのでは何もならないじゃないか?と思うのはごもっとも。ジャンルはこれ以上広げずにゆっくりと掘り下げることにしようと思う。

[PR]
# by whirl--wind | 2005-03-19 21:47 | 看護 | Comments(8)
 2回目の投稿は漫画だぁ! ということで、ヤングジャンプ連載の「カウンタック」の話だ。
僕が小学生の頃、スーパーカーブームで、テレビでも夕方の時間帯にスーパーカーの番組をやっていた。確か、オープニング曲に「僕の憧れ、僕の恋人スーパーカー」というくだりがあったように思う。しかし、当時で1000万円を軽く超える値段は、小学生でも「こりゃ買うの無理やろ」というのが理解できた。それでも、特にカウンタックには一目惚れだった。あの跳ね上がるドア!あのシルエット!別世界にいることは分かっていながらも・・・・。
あれから大人になってブーム(自分の中だけなのかもしれないが)も去り、今だ車も持てない現実。しょぼい人生だ。(笑)
そんなとき、愛読?しているヤングジャンプに連載されたのが、「カウンタック」だ。
主人公の空山舜もある意味では僕以上のしょぼい人生を送っていた。だけど、彼はタイムカプセルに埋められていた、未来への自分のはがきを読みもう一度夢を追いかける!そう、憧れだったカウンタックを手に入れるために!そんな舜があるサイトを見つける。そこには、カウンタックを譲ると書いていた。しかし、その理由を書かなければいけなかった。舜には誰にも負けない理由があった、その想いをキーで打ち込んだ。その早朝、「あなたに譲ることにしました」とのメールが!
まぁその後は作品を読んで下さい。もちろんカウンタックは手に入れた訳なんだけど、その後もなかなか熱くなるストーリーが続くぞ。僕のというか僕らの果たせなかった夢を舜が叶えてくれたぜ!って毎週楽しんでる。特にd0005908_1148145.jpg同世代は読むべし!(写真は僕がスパーカーのイベントに行ったときのもの)

[PR]
# by whirl--wind | 2005-03-18 21:30 | 漫画 | Comments(0)
2年間も放置していたHPのリニューアルに着手した。2年も経つと色々便利になっていて、HPの数は増えるし、ブログというものも流行っているらしい。友人に「簡単だから、やってみなよ」と言った手前、僕が作らなきゃ洒落にならないというわけで、HPのワンコーナーとしてブログを作ってやった。凄く簡単で時代の流れを感じずにはいられなかった。世の中便利になったもんだ。 一応趣味のことや仕事の事、私生活で面白いことがあったときなど書き込んでいこうと目論んでいる。そこの可愛子ちゃん見るべし。
[PR]
# by whirl--wind | 2005-03-18 02:20 | 日記 | Comments(1)