宅建試験まであと38日と迫ったWINDである。

進行具合はというと。

やばいっすよ! おやっさん!

と言いたくなるぐらいやばいのである。

理由は、ここのところかなりきつい頭痛である。

腰の痛みもあるので、ペインクリニックにはじめていったのである。

取りあえず、ツムラの漢方薬が処方された。

全体のバランスを整えることで、腰の痛みも良くなるかも

ということであった。

痛みといのは、勉強の妨げになる。腰痛ももちろんそうであるが、

頭痛が酷いときに勉強は不可能と言ってもよいだろう。

後は、前に書いたとおりの学会の発表のポスターと口頭発表用の資料作りである。

「間に合う、間に合う」と気楽に言ってくれるが、間に合わさなければいけないのは

こちらである。 (笑)

早く片付けて、勉強に戻りたいと思う。

下の写真は私が使っているテキストと問題集である。

大好きな一問一答である。

確かな知識を得るには一番の問題集であると思っている。

問題集はもう2冊ある。が、1冊は5回分の模試なので、今月中頃から

解きはじめようと思っている。1冊は既に解き終わっている。

覚えるのに忘れちゃう方が多くなっていく、やなお年頃である。

応援よろしくである。

d0005908_1554658.jpg

d0005908_1556282.jpg

[PR]
# by whirl--wind | 2008-09-11 21:13 | 資格 | Comments(5)
腰痛、アイタタで、右足のしびれも悪化しているWINDである。

さて、充実した2・3日目の話しに移ろう。

どの「船橋駅」か分からないままとりあえず「西船橋駅」に向かうことにした。

新宿とかなり離れた場所に宿をとられたのだが、中央線で乗り換えなしに

行けるのが便利である。

流石、都会は違う・・・・。

西船橋駅についた私は取りあえず親に連絡をいれてみる。

「あんたなんで早く電話くれなかったんよ」

と興奮気味の母。

「いや、なんでって、こっちのホテルの連絡先知らへんの?」

実は親に宿を頼んでいたので連絡先は知っていると思っていたのである。

「知らへんよ」

思いこみは怖いものである。

親の話では、友人の実家の電話番号まで調べるに留まらず、

実家に電話、さらに友人にまで電話していたのである。

いや、そこまでしないだろう・・・普通。

この点においては、友人からも突っ込まれた。(笑)

まぁ、なんだかんだ言って、親のおかげで友人に会うことが出来た。

結婚式に来て貰って以来なので、2年半ぶりの再会である。

大学の時からお互い成長しているというより、

おっさん化

しているはずなのだが、しゃべり方も、立場というか役回りというか

そういうのも申し合わせたように同じである。

「夫」としての先輩?の意見ももらい、

もうちょっと気楽に構えた方がいいのかと思い直す所もあったりした。

特に行くところも無かったので、海に行ったのだが思ったより人が少ない

というか、殆ど誰もいない・・・。

そして、生臭い・・・。

青潮発生のために遊泳禁止だったのである。

生臭いのは、波打ち際にある貝の死骸だった。

工場が見える海を眺めながら、

「色んな意味で、今この海水に浸かりたくないわなぁ」

「そやね」 「当たり前やん」

関東の海で関西弁を話す絵にならないおっさん3人組がそこにいた。

九州にある大学の友人であるが、3人共関西出身である。

20時頃、友人と別れ、昨日コンサートに送ってくれた友人夫妻と会う。

この友人とは、本屋で出会ったのであるが、

当然話題になるのはその本屋である。

おばあさんが一人いる小さな本屋なのだが、妙に居心地が良く

仕事の帰りに寄るのが当時の楽しみだったりした。

その後本屋は閉店しおばあさんとは連絡がとれないままだったのだが、

運良く電話で話をすることが出来た。

10数年ぶりに聞く声はとても懐かしかった。

今年84歳と言っていたが、口調もあのときのまま変わってない。

「会いたいわ」

とおばあさん。

「子どもがもう少し大きくなったらディズニーランドに連れて行こうと思うので・・」

と言いかけると

「私もね。ほら、歳だからいつあの世にいっちゃうかわからないでしょう?」

その一言に

「来月、埼玉に行くので2日目早く切り上げて会いに行きます」

と勝手に話しを進めてしまった。

来月、日本重症心身障害者学会で看護研究を発表する予定になっていたのだ。

自腹を切っての発表なので、まぁ自分の発表が終わればいいか

思ったのである。 後で副師長に「ええんちゃう」と事後承諾を得た。(笑)

という感じで2日目は終わった。

3日目は、秋葉原を探索た。

しかし、自分がいた頃とすっかり趣を変えていたので、

少し寂しいなと、やっぱり時の流れを感じてしまった。
[PR]
# by whirl--wind | 2008-09-06 01:36 | 日記 | Comments(4)
二泊三日の東京滞在を終えたWINDである。

初めから終わりまで雨続きの日々であったが、なかなか充実した3日間であった。

今回は初日の23日について語ることにしよう。

写真も載せたいのだが、それは出来ないのだ。

何故と言えば・・・・

携帯を忘れてしまったのだ。

会うはずの友人とも連絡が取れず、改めて携帯の便利さを痛感した。


東京に行った本来の目的は、従兄弟の披露宴である。

私の結婚式にも来てくれたし、直接おめでとうを言いたかったから

予算は厳しいが、参加した訳である。

花嫁さんがなかなかの別嬪さんで、従兄弟もイケメンである。

結婚式はハワイで行ったので、その時の写真が置いていたのだが、

ポスターにでも使えそうなぐらい

イケていた

花嫁さんは看護師をしているらしい。

うちの従兄弟には看護師と結婚したのが2人、

看護師をしているのが3人と、看護師関係が多いように思われる。

友人のスピーチも大変楽しく聞かせて貰い、退屈知らずの披露宴となった。

さて、その後 連絡の取れない友人の電話番号を調べるべく

104に電話するが、登録されていないため、分からなかった。

唯一住んでいるところが分かっている友人の元へ向かった。

留守と思っていたが、タイミング会うことができしばらく話しをしていたら、

コンサートの時間が迫ってきた・・・・。

10年ほど前にチャット友に誘われ何度か行ったことがあるのだが、

その人と連絡が取れなくなってから、行く機会もなかった。

何気なく検索をしていたら、東京に滞在中にコンサートがあることを知り、

思い切って予約したのである。

友人の奥さんに場所を調べて貰い、友人の車で会場まで送ってもらい

(本当にありがとう!)

なんとか間に合うことができた。

昔からのベストのコンサートだったので、懐かしい曲も多く

ブランクがあるわりに、楽しむことができた。

10年経っても変わってない、雰囲気がなんとも言えない。

音って波で伝わることが体感できるボリュームでたっぷりと堪能できた。

ただ、かなり離れた席だったので、顔は見えなかったが・・・・。

バンドのメンバーの話などもなかなか笑えた。

「さいとうくん」のファンになりそうだ。

とまぁ、「ゆりかごめ」に揺られながら、そんな感じで1日目は終わった。

と言いたいのだが、そうはいかない。

もう2人会う約束をしている大学時代の友人とは連絡がついていない。

最後の望みは、家にあるはずの卒業アルバムから、友人の実家の

電話番号を調べ、友人に連絡を取ることである。

しかし、置いてあると思われる場所には無かったと母から電話で聞く。

覚えているのは、12時に船橋駅???だけ。JRも覚えていたのだが、

船橋・西船橋・東船橋と3駅もある。さて、どれが正解か?

母も引き続きアルバムを探してくれると行ったが、難しいだろう。

かなり、不安な気持ちで1日目を終えた。
d0005908_22512712.jpg

[PR]
# by whirl--wind | 2008-08-26 22:57 | 日記 | Comments(5)
夜勤明けで、和歌山の実家。そして嫁さんの実家に行き、

疲れ果てて帰還したWINDである。

今月は帰る予定ではなかったのだが、腰の手術が決まり術前の検査で

心筋梗塞の疑いがあると言われたので、

専門のところで受診することになったのだ。

どこでも良いからと言ってくれたら楽だったのだが、

和歌山の病院を指定されたので仕方が無く帰省することになった。

まぁ、思っていたとおり結果は異常なしだった。 

これで、無事手術できるわけである。

折角帰ったので、高校からの旧友と会った。

色んなことを本音で言える数少ない友人の一人である。

話しをしたあと貸してくれた本がなかなか良かった。

なんというか、少し肩の荷が下りた感じがした・・・・。

考え方一つの違いで人生、見方が変わるものだと・・・。

長く染みついた考えは早々に変わるわけではないが、

これからの参考になると思われる。

さて、入院日だが、少し伸びて11月4日になり、オペは5日になった。

入院中、双子と嫁さんを預かってくれる、嫁さんの実家が農家なので、

忙しい事、3週間の入院なので、月初めにしたら、高額医療の関係で負担が

少なくなるという2点での変更である。

そう、我が家は貧乏なのだ。余計な出費は抑えなければ・・・・。

その入院中にお世話になる嫁さんの実家に挨拶に行ったわけである。

動き回るので、その間サークルをレンタルすることなど話しをしてきた。

後は、生活費などを渡す予定である。

(金の問題ではないのだが、世話になる以上できることは・・・)

問題は、日に日に痛くなる腰としびれに痛みをプラスされた右足である。

痛いのは痛いのだが、痛いというと周りに気を遣わす。

職場でも、男性看護師の体力面で頼まれることも多い。

痛くないように振る舞うのが、なかなか大変である。

もう、小走りも出来ない状態である。

楽しいはずのバイクも振動がもろにくるわ、フルフェイスは暑いわで、

あまり楽しくなかったりする。

嫁さん&双子は帰省中なので、宅建の勉強もここで一気に決めるつもりである。

(↑)ほんまか?
[PR]
# by whirl--wind | 2008-08-19 21:38 | 日記 | Comments(2)
さて、

20年度の宅地建物取引主任者資格試験

まで、67日と迫っているWINDである。

どの程度勉強しているかというと、

一日1時間できれば良い方である・・・・。

こ、これでは、受からない可能性が大である。

合格すれば、これまでの苦労が報われるわけであるが、

不合格であればこれまでの時間はムダになるわけである。

「いや、そうではないよ」と言われる方もおられるだろうが、

こういった類のものは、結果がすべてである。

課程は問題ではないのである。

これから先は、心を入れ直して更に追い込みをかけなければ。

出来るだけ家族に迷惑がかからない方法で・・・・。

やっぱり、睡眠時間を削るしかないか??

励ましのコメント待っている!
[PR]
# by whirl--wind | 2008-08-13 21:26 | 資格 | Comments(4)
今日は双子の誕生日である。

13時にスタジオアリスに予約を入れているので、

とりあえず間に合うように出かける。

服は私と嫁さんがそれぞれ1着ずつ選び、撮影開始。

進化した双子は「機動力」という武器と、

「大人しく座っていられない」

という、どうでも良い武器を手に入れたらしい。

大人しい・・・って、大人じゃなきゃ出来ないのか・・・。

前回とは又違う、大変であった。

相変わらず、スタッフの方々は大変だと感じる。

結局、撮影が終わり会計を済ませた時には15時を軽くまわっていた。

帰りに予約しておいたケーキを取りに行き、家で誕生日会。

思いっきり手でケーキを叩いていた・・・・。

ケーキの甘さが気に入ったのか、食べる食べる。

2人で4割近く食べたのではないだろうか?

まぁ、年に一度の事であるし、いいかなと思う。

しかし、今日も散財しまくりである。

貧乏なのに・・・・だ。

無事に1歳を迎えられたことに、感謝することにしよう。

ども! ありがとございやーっす!
[PR]
# by whirl--wind | 2008-08-08 22:26 | 日記 | Comments(3)
なんだか、色々あった勤務が終わり、明日から3連休のWINDである。

受け持ち患者さんは状態が悪く転院してしまうし、腰は痛い、疲れが

とれないとかなり、しんどい日々だったが、良いこともあった。

今日、病棟に先輩と後輩が結婚する旨の挨拶をしにきてくれた。

2人共公私ともにお世話になっているので、嬉しい限りである。

年上の女房は金のわらじを履いてでもさがせというが、

本当に良かった。

是非、幸せな家庭を築いて欲しい。



ちなみに「金」を「きん」つまり黄金と思っている方はいるそうだが、

それは違っている。

金は「かね」つまり金属。

「わら」ではなく、金属のわらじがすり切れるほど探す価値があるって

ことなのだが、うちの嫁は知らなかった・・・・。


さて、話題は変わるが、明日大阪で行われるファミリーフェスタに

行く予定である。 「たまひよ」のイベントらしい。

電車で行く予定であったが、和歌山に帰省することにしたため、

車で行くことになった。

腰の調子も思わしくないので、10月頃に手術でも受けようかと考えている。

9月までは夏休みを交代で取るため、9月末に学会での発表があるため、

休めない・・・。

10月始めに手術を受けて、19日に宅建受験会場に行ければ問題はない。

術後のパスがどうなっているのか、仕事復帰までどれくらい

かかるかを尋ねるために帰省するわけだ。

それらの条件が合えば(あくまで、宅建受験できるかが問題!!)

手術を受けようと思う。

もし、手術が決まったら、土建屋ということにするつもりだ。

看護師と言ったら、やりにくいだろうし、わてもやりにくい。

土建屋が一番である。

あ、しかし、こんなに日焼けしていない土建屋はいないか?
[PR]
# by whirl--wind | 2008-07-25 23:22 | 日記 | Comments(2)
7月も半ばを過ぎ、毎日のように猛暑が続いている。

出費は痛かったが、クーラーを購入して正解であった。

今日は仕事も休みでゆっくりさせてもらっている。

ここの所色々あって、ゆっくり休んでいなかったので、

まったりと過ごすことにする。

宅建の勉強だが、今日と明日の休みでとりあえずテキストは

一通り読み終えそうだ。

が・・・・

読み終えたのとマスターしたとでは、天と地以上の開きがある。

後は問題集をひたすら解きまくって、傾向を知る以外無いだろう。

よく、「過去問なんてやっても・・・・」

と聞くが、あれは大きな間違いである。

過去問を解くことによって、どこで引っかけるのか、どこが重点的にでるのか

知ることができる。 答えを覚えるのでなく、すべての選択肢において

説明ができるのであれば、過去問が解けるだけで十分合格できるはずである。

まぁ、私は全然説明できないのであるが・・・・。

試験まで100日を切ったので、そろそろスパートをかけないと。


話しはコロッと変わるが、最近の生活パターンは、

仕事から帰ってくる→双子を風呂に入れる→双子にご飯を食べさす

→寝室に連れて行く→子どもと遊びまくる、あるいは寝かす

(その間に嫁さんが風呂、夕食作り、夕食を食べる)→交代(この時22時前後)

それから勉強をして、夕食を食べて1時頃寝るって感じである。

勉強のためもあるが、一人部屋に閉じこもることも多いためか、

嫁さんは不満そうである。 すまん、嫁。
[PR]
# by whirl--wind | 2008-07-20 21:30 | 資格 | Comments(4)
この前、高校からの知り合いで、看護学校でも同級生だった子の一周忌だった。

色々な理由があったので、一周忌はしないとのことだった。

もう一年経ってしまったんだなぁって、思ってしまう。

友達ってなんだろう?と時々考えることがある。

学生で言えば、同じ学校、同じくクラスだった人だろうか?

今だったら、同じ職場で働いている人だろうか?

いや、そうではないと自分は思う。

例え離れていても、仕事上や学校上の関係は終わっていても、

特に用事がなくても・・・・・・・

「どう? 元気にやっている?」

とメールが来たり電話が来たりする人が、本当の友達だと思う。

自分にはそういう友人が高校時代まで一人もいない。

大学からの友人で2人。

社会人になってから1人である。

あとは自分から連絡することが殆どである。

つながりを絶ちたくないからなんだろか・・・・。

メールで送るのも億劫だし、電話代は高くつくから、それとも時間がないから?

こうやって、過去の出会いは精算されていくのだろうか?

もし、こちらからの連絡を止めても、連絡をくれる友人は殆どいないだろう。

そんな、本当の友人をこれから一人でも多く見つけられるといいなと思う。

過去の良かった頃にいやらしくしがみついているだけなのだろうか?

今の職場を離れる事になって、それでも連絡をくれる人っているのかな?

家族はもちろんだけど、誰からも必要とされる人間になりたい。
[PR]
# by whirl--wind | 2008-07-09 01:55 | 日記 | Comments(2)
連勤続きで、お疲れ様のWINDである。

今日は久しぶりの休みだが1日限り。

明日から2度目の連ちゃんが待っている。

双子と嫁さんの調子も良くなったので、

今日はゆっくりと休んで、勉強をしようと思っていたが、

双子が泣くと気になって、寝ることも勉強することもできない・・・。

昼から気張らしに、買い物に。

マイナス続きの我が会計だが、とりあえずボーナスも入ったので、

嫁さんに服を双子にDVDを買った。

今から、双子を風呂に入れてくる・・・。

そろそろ嫁さんからお呼びがかかる頃だろう。

ちなみに、とうとう私が風邪を引いてしまった。

勉強も全然やっていないので、夜中に頑張ることにしよう。

さぁ、入浴介助だ!
[PR]
# by whirl--wind | 2008-07-02 19:42 | 日記 | Comments(0)