発達障害の勉強法

夜勤明けのWINDである。

今日は天気も良かったので、針テラスにでも行ってみた。

と書けるような体力が残っている訳でもなく、

適当に昼食を摂り、数時間仮眠した。


この前、不注意優勢型(ADD)と診断された訳であるが、

これって何だろうとウィキペディアで調べてみた。

DSM-IV-TRでは症状に従い、以下の3種に下位分類がされる。

  • 多動性・衝動性優勢型
  • 混合型
  • 不注意優勢型 (attention-deficit disorder, ADD)

特に男子では多動性と衝動性しかみられず、特に女子では不注意しかみられない場合がある。過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多い。

一般にADHDとして扱われるADDは、多動性が少ない不注意優勢型である場合が多い。子供ではICD-10による多動性障害たどうせいしょうがいの診断名が頻繁に適用される。

不注意(inattention)には、以下の症状などがある

  • 簡単に気をそらされる、細部をミスする、物事を忘れる
  • ひとつの作業に集中し続けるのが難しい
  • その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる

女子かよ!(笑)

確かに看護学校時代に

「男は嫌だけど、WIND君はいいわ」

と言われた事がある。

男がもっている嫌なところがなくて、良いらしい・・・。

バカにされているのか褒められているのか悩むところだが・・・。



多動性とか衝動性は確かにない。

しかし、心配しないで欲しい。

仕事、こと薬などに関してはダブルチェックをおこなっており、

自身でも最大限の注意を払っているので、インシデントも起こしたことはない。

インシデント委員だったこともあったので、特に気を配っていた。

仕事の手順や管理リーダーになったらしなければいけない

業務のチェックリストも作成し、抜けがない様にしている。


就職試験で内田クレペリン検査

があるもので落とされた理由も分かった。

きっと定型曲線を描けていなかったのだろう。

筆記試験も面接もばっちりなのに、この検査があると落とされる。

勿論対策として練習もしたのだが・・・。

一時、自分を全否定されているようで、落ち込んだこともある。


だが、しかし!

要領の悪い、阿呆であるが、阿呆は阿呆なりのやり方があるはず!


現状打破であ~る!



ここで、こんなやつでも効果的に勉強できるだろうかと

調べて今回の試験でやってみた。

まずは、「52・17」ルール

生産性を上げるため、52分仕事に集中し17分は休む。

その52分間は目的意識を持って取り組むと言う有名な方法である。

自身の集中できる時間は試してみたら30分程度。

それに10分の休憩を入れるようにした。

そして、「5秒」ルール

勉強するぞと決めたら、5秒以内に動き出す。

それを過ぎると、やらなくてもいい理由を考えてしまうからだそうだ。

この感覚を覚えてやっていこうと思う・・・。

あと先を見通した行動がと書かれていたので、

d0005908_19130031.png
こういうのを作ってみた。

こんなの作らなくても良いのにとも思わなくもないが・・・。


これによれば、甲種危険物取扱者保育士実技を並行しなければ・・・。

甲種は、やぶりんさんに、保育士は、ボボ・ブラジルさんに

合格者の世界から釣り上げてもらう事にしよう。


頑張っていきましょうか!



あ、この前のシャア専用ドリルはGETした。

d0005908_19351680.jpg
1.マネジメント編

2.自己啓発編

3.情報管理・分析編

4.評価編

の四部構成である。

いまの自分より3倍デキるようになりたい君へ

の言葉が胸に響く。(笑)

[PR]
by whirl--wind | 2018-04-30 19:39 | 発達障害 | Comments(8)
Commented by にゃんこ at 2018-04-30 21:49 x
こんばんはー!

保育士の造形の合格作品をネットで
見たのですが、みんな上手すぎ!
保育所の日常や季節のイベントを
題材に出題されるんですねー。
夏だから、七夕とかー夏祭りとかー。
色々思い浮かびますね。

今回の記事で5秒ルール、成る程です。
やらない理由、確かに考えます。
そして、もう少し時間がたつと、
やれない理由がないことに気付きます。笑
シャアの3倍出来る自分になる。
え?3倍ってすごすぎません?
例えば、短距離走3倍早くなったら世界新記録樹立かも。笑
なにが3倍になるのかなー。
興味津々です。
Commented by 3240-hahaha at 2018-05-01 10:51 x
おはようございます。

やっぱり1人だと、ご飯は簡単になっちゃいますよね(。-∀-)

私なんて、簡単でも作るのやだよ〜(笑)

たまに私も、軽く精神疾患があるのかな?
なんて、思うことあります。

遺伝的なものもありますしね。


『男は嫌だけど〜』

女性がホッとできる人なんですね。

女性から結構悩みなんかも、打ち明けられるのでは?

看護師さんの職場は、まだまだ女性が多い職場なので、女性からそう言ってもらえるのは、いいですね(^∇^)

ところでシャアのドリル、すごいわ〜(*≧∀≦*)

中身見てみたいわ!!

書店で売ってるのかしら?
Commented by whirl--wind at 2018-05-01 19:34
> にゃんこさん

保育士の造形の合格作品をネットで
見たのですが、みんな上手すぎ!
保育所の日常や季節のイベントを
題材に出題されるんですねー。

そうみたいです。 イベントごとの背景とかもと思っているのですが、まだ手付かずです。
あの小ささの中によくあそこまで描けるもんだと感心しますねって感心している場合じゃないのですが。(笑)

>例えば、短距離走3倍早くなったら世界新記録樹立かも。笑
なにが3倍になるのかなー。
興味津々です。

中身は読んでいないのですが、タイトルにあるように

4つのドリルをマスターしたら、「仕事ができる」ようになるのかな?
Commented by whirl--wind at 2018-05-01 19:42
> 3240-hahahaさん

>やっぱり1人だと、ご飯は簡単になっちゃいますよね(。-∀-)

ですよね。 GW中は一人なので、この前はカツようのお肉をバターで焼いて
タマネギも同じように炒めて塩コショウもなかったので、ケチャップで味付けして食べました。
雑な男料理です。

>看護師さんの職場は、まだまだ女性が多い職場なので、女性からそう言ってもらえるのは、いいですね(^∇^)

そうですね。 今の病棟は一番男率が高い病棟なのですが、トップは女性ですし、その中では
そこそこ上手く立ち回ることができているのかなと思います~

>ところでシャアのドリル、すごいわ〜(*≧∀≦*)
中身見てみたいわ!!

開けるのがもったいない(オイっ!)ので、そのままにしてるのですが、
うん、開けてみよう!
Commented by yaburin at 2018-05-02 19:30 x
あ~奈良は8月に甲種危険物がありますよね(^^♪
一度ご一緒した・・・いやいや、今回で決めてwindさんを釣り上げねば(; ・`д・´)
Commented by ちゃる at 2018-05-02 23:33 x
ADDについてご自身で調べてみたのですね。こういう大人の発達障害がちゃんと世間で認知されるようになったのはここ10年くらいですかね。仕事で精神疾患について、県図書館まで行って10冊ほど書物を借りて、読み解き「資料作成」に8時間ほど費やしました。私なりに「認知行動療法」と「アサーション+SST」について患者さんの立場に立ったものを作成するのに一苦労しました。前回にもお話した通り「PSWが戦力として機能していない」ので患者さんに準備したアンケートに記入していただき回収して、今日の午後に自立支援センターにレポートとして提出してきました。来週のGW明けがある意味楽しみです。
WINDさんは自分の強みと弱みをしっかり理解して行動に移せているのでいいと思います。自分自身を嫌いにならないという部分が特に。資格取得や漫画やツーリングなど「ストレス発散して溜めないようにする姿勢」もちゃんとできているので尊敬しています。
私の友人は「うつ病」に勝てずに8年前に他界していて、
亡くなる1ヶ月前は175cmで50キロで薬の過剰摂取による心不全でした。月2回は救急車に運ばれていたそうです。
精神疾患に関わる病院のコンサルタントの仕事には躊躇していました。しかし、何かの巡り合わせだったのかもと思い取り組んでいます。
私は明日からGWに入ります。プールとBBQと友人の子供に勉強を教えることで終わってしまうかなと(笑)
お互い頑張っていきましょう!
Commented by whirl--wind at 2018-05-04 18:18
> yaburinさん

>一度ご一緒した・・・いやいや、今回で決めてwindさんを釣り上げねば(; ・`д・´)

8月にあるのですよね~  でも、既に逃げ腰。(笑)
ちょっととある試験が気になって、それによっては、来年に持ち越しかも?

受験の時は、しっかりと食いつくので、釣り上げてくださいね!(`・ω・´)
Commented by whirl--wind at 2018-05-04 18:31
> ちゃるさん

>こういう大人の発達障害がちゃんと世間で認知されるようになったのはここ10年くらいですかね。

そうですね。 ちょっと変わった子とか最近で言えば空気の読めない子と言われていましたね。
自分の知り合いで発達障害と言われた人は所謂空気の読めないタイプでした。

>「認知行動療法」と「アサーション+SST」

この方法は良いですよね。知識とあと、SSTを行う人が上手いか下手かで
患者さんの気持ちが変わるので、腕の見せ所でもあります。
自分が精神科のある病院を選んだ一つに、薬物療法だけでない、看護師の関りでも良くも悪くもなるところに魅力を感じたところもあります。

>WINDさんは自分の強みと弱みをしっかり理解して行動に移せているのでいいと思います。

知って辛い、悪い所を再認識すると言うのは気持ちの良いものではないです。
でも、自分の限界と言いますか、無駄なところに時間と手間を費やすなら
効率よく良い所を伸ばしていく方が良いからです。

>私の友人は「うつ病」に勝てずに8年前に他界していて、

自分の友人にもいるのですが、状態が悪くなる一方らしいです。
持論ですが、精神科の薬はある意味毒薬でもあります。
うつだから、鬱っぽいと言って、内服を開始すると副作用でしんどいことも多いのです。
自分も一時、内服したことがあるのですが、飲めば気分が晴れやかになるのかと
思いきや、身体がしんどくて動かなくなるのですよ。

精神科に関わるのは大変な面も多いかと思います。
他の病気と違い、血液検査などで、病気の進行や改善具合が明らかにならないからです。
(そういう研究も続いていますが、実用化までには至っていないようです)

お互い、大変ですが、頑張って行きましょう!