2018年 01月 23日 ( 1 )

今日は休みで耳鼻科に行ってきたWINDである。

明日は別の病院に受診予定である。(笑)

予想通り、副鼻腔炎でった。

抗生剤と痛み止めなどが処方された。

d0005908_15172567.jpg
薬局でこんなポスターが!(笑)

待合室で赤ちゃんがいたのだが、その一動作ごとが可愛い事。

癒されるわ~



病院から帰宅して、部屋の片づけや勉強をと思うのだが、

頭痛が酷くて進まない。(言い訳)

部屋の掃除ぐらい、やっておきたいな。

ブログの更新も休み休みでどうにか・・・。


そうそう、昨日管理業務主任者の不合格通知が届いた。

d0005908_14402181.jpg
何点かは書かれていないが、34点です。(笑)

これで、もやもやの一つは消えた。




話はコロッと変わるが、不倫疑惑で報道されている

小室哲哉さん。

報道のどこまでが正しいのか、ここまで報道する必要があるのかどうかは

別として報道した文春もまさか引退をするとは思っていなかったのでは?

自分は不倫はするつもり(する気力も財力も時間もない)はない。

不倫をどこまでが不倫になるのかも答えのない所であるが、引退という

言葉をすぐに出してしまうほど、心身ともに疲弊していたのかなとも思う。

育児であるなら、出来ない事が出来るようになり、その成長を喜べるが

介護は真逆である。

老々介護での心中や殺害、又は障害を持った子どもを悲観して殺してしまう

ニュースは、珍しくない。

そして、元々音楽活動というクリエイティブな仕事をしていた小室さんに

とっては、普通の人よりもしんどいと思う。

自分に言わせたら、ここは相談に乗った看護師が一線を引くべき。

入院している患者が看護師に惚れる話は聞くが、これは患者のメンタルが

弱っているから、その時に親身になってくれる人に・・・という物。

ましてや、仕事としてやっているのだから・・・・。

不倫を肯定するわけではないが、

「介護」とはそれほど苦しいものである。

麻薬に手をだしている芸能人より幾万倍もマシだと思うし、

全て彼の責任ではないだろう。





と熱く語るほど、小室哲哉さんのファンでもないのであるが、

アニメにもいい曲を提供してくれている。

自分が持っているSCDでも4枚あった。

今、音楽はただのデータになってしまったが、当時はCDの貸し借りとか

所有感みたいなものがあったのだけどなぁ。
d0005908_14403359.jpg
後、シティーハンターなど。

多分もっとあるはず。



歌だけでなく台詞もあるけど、どうぞ。


[PR]