2018年 06月 04日 ( 1 )

昨日は、クリーンキャンペーン(殆ど参加していないけど)

消防団の訓練と夜警に行ってきたWINDである。

休みであったのに勉強も全然進んでいない。

保育士の実技も全くの手つかずである。

何と言うか、疲労感?もやもや?

何もする気になれないのである。

多分、原因は仕事だろうと思うのだが・・・。

病棟内の委員になっているのだが、自分がリーダーで

他に3名がいる。

病院なので、毎日同じ時間に出勤することはなく、合わない人は1週間ぐらい

勤務で顔を合わすことがないことも多々ある。

こちらとしては、改善点と対策は見えているので、

トップダウンで任せてくれた方が進行が早いのであるが、

皆の意見も取り入れながら改善するのもリーダーの役目。

ただ、日々の業務に追われていて(只今、業務改善中)

中々、話し合いが行われていない状態である。

正直、面倒である。(笑)


さて、今回は前回に書いた通り日本橋で購入した漫画の紹介。

試験を受けまくっている訳でもなく、勉強法を語れるほど勉強もしていない。

ツーリングにすら行っていないので、書く内容がないよ~

って状態である。

日々の事を綴ると愚痴というか、楽しい内容がない・・・。

リア充?が羨ましい限りである。





まずは、早くも2巻発売の

d0005908_03053824.png

MF GHOST 2巻である。

車は相変わらず上手なのだが、人物が下手・・・。

いや、保育士の実技すら描けない自分が言える立場ではないのだが。

後、このレースの方式なのだが

d0005908_03054921.png
d0005908_03090569.png

ポイント制になっている所は、F1と同じであるが、

安全を考えてか同時スタートではなく、時間を空けてのスタート。

各ポイントの通過タイムで今自身が何位に居るのかが分かるようになっている。

勿論差が詰まったり決勝となれば別なのだろうが、車同士のバトルがないのが

迫力に欠ける点かなと・・・。

今後のレース展開に期待かな?



つぎは、バディドッグ3巻である。

d0005908_03123559.png

主人公が左遷された40代のおじさんというのがあれだが

自身が癌であることが分かり、愛玩ロボット犬、バディドック

(中身は凄いコンピューターと言うかシステムが入っている)

のアドバイスにより、紹介状などを偽造し

より良い病院で診察を受けることになった。

d0005908_03161315.png
人間の感情についての探求心が強くなっているバディドック(バド)

は2巻で疎外感を感じる。

d0005908_03172684.png

挨拶はコミュニケーションの基本である。

犯罪者の近所のインタビューでも、

「挨拶をしてくれて、いい人だと思っていたのですが」

と言うのを聞いたことはあるはず。


d0005908_03191494.png
d0005908_03192521.png
転院した病院から進行癌(それまでは初期癌)と言われ絶望する。

d0005908_03204278.png

ここで、データから信頼できる内容をバドは話始める。

そして、

d0005908_03214006.png
この、心を持たないバドの一言によって癌と正面から向き合う決意をする。

ギャラリーフェイクでは芸術を

愛しのバットマンでは野球を

細野先生の凄さが分かる。


最後は、 微熱空間 2巻である。

d0005908_03263850.jpg

両親の再婚によって義理の姉弟になった二人の話であるが、

大きな進展はないものの、うめ先生のほのぼの感がでているので。(笑)

ただ、連載誌が二か月に一度の発行なので、話が進捗しないし

次の発売までかなりの時間が経ってしまうのがちょっと。

購入特典も頂いた。

d0005908_03353882.jpg



あ、そうそう。

以前に紹介した

「やがて君になる」

がアニメ化されるらしい。

おススメした漫画がアニメ化するのは嬉しい。

実写じゃなくて良かった。(笑)

d0005908_03310864.jpg

累計50万部突破の人気恋愛マンガ『やがて君になる』がTVアニメ化決定。シリーズ構成・脚本は、『響け!ユーフォニアム』シリーズや『宇宙よりも遠い場所』などで知られる花田十輝が担当し、2018年10月より放送される。

『やがて君になる』は、恋する気持ちのわからない女子高生・小糸侑が、誰に告白されても相手のことを好きになれないという先輩・七海燈子に悩みを打ち明けたことをきっかけに展開していくガールズラブストーリー


ニュースより抜粋


明日と言うか今日こそ勉強と思うのだけど既に3時半を回っている。

これじゃ、きっと今日もグダグダになりそうだ。

[PR]