2018年 06月 12日 ( 1 )

明日は休みのWINDである。

6月の休みはそんなに多くないのに講習に2日取られる為、

(自分で勝手に入れた予定だが)


勉強できる日程はかなり短くなる・・・。

学科では全然役に立たなかった通信教育(結局付属の市販問題集のみ使用)

だが、実技のDVDも

「そんなのネットで調べたらわかるわ」

程度のお粗末なものであった。

そこで、造形に対して自分の立てた計画というほどの物ではないのだが、

模写から始めることにした。 

観て描く事もできるのだが、姿勢や向きなどパターン化して何種類か

描く事ができれば、その組み合わせである程度は対応できるのではないか?

と考えた訳である。

建築士の製図の時は法令も含めてだが、書くスピードを上げる練習や

色々なパターンを兎に角経験することでエスキスを早く完成させ

製図へと移していく。 ある意味似ているのではないか?


とある、エキサイトブログ(もう何年も更新されていない)で、

造形の練習のイラストをアップしているところがあった。

元々から絵を描かれているようで、画力は高い。

下手な絵でパースがめちゃめちゃなのをトレースしてもダメ。

自分にとっては良い教材になりそうだ。

そこで、トレース台代わりにガラス板と缶を使って

トレース台もどきを。

d0005908_22523075.jpg
目の前に誘惑の品々が並ぶが、やる時は真っ暗なので・・・。

かなり使いにくそうだが、まあいい。

感覚を掴む初期だけ使うものだから。

って、試験まで半月なのにこんな段階ってどうよ?





d0005908_22554051.jpg

仕事帰りにツーリング部の基地(寂れた駐輪場とも言う)に行くと

大きな猫が眠っていた・・・。

写真を撮ると目が覚めたようで、面倒くさそうに降りてくれた。


明日は、この台を使って描きまくるぞ!

[PR]