2018年 07月 29日 ( 1 )

今日は鈴鹿の8耐を観戦しているWINDである。

と言いたいが、残念ながら仕事である。

明日は、遅3と仕事が終わり帰宅するのが21時を回る嫌な勤務だが

明後日は休み。

少し疲れ気味なので、ゆっくりとしたい。

でも、勉強も進めなきゃやばいしな~


そんな中で読んだけど、紹介していない漫画の紹介という

コメントしにくい企画のスタートである。

先ずは、曽田正人先生の


d0005908_19030268.png
change! 2巻である。

やはり、曽田先生。

一巻があっさりと終わってしまった感じがあったが、それは

次に向けてのステップなのかと思えるぐらいにしおりの周りの世界が

固まって行く。

自分は、ラップの事は相変わらず疎いのであるが、熱くなるものを感じた。

次巻も楽しみな作品である。

d0005908_19073797.png
d0005908_19075240.png
しおりは昴と正反対の様な性格に見えるが、芯の強さは共通するものがあるかも。

ミキも頼れる仲間になっているし~



次は、

何時もの

d0005908_19115670.png

魔法少女特殊戦あすか 7巻である。

実は画像検索して知ったのだが、既に8巻が発売されているらしい。(笑)

今回の表紙はやはり以前は敵だった魔法少女が表紙。

d0005908_19145593.png
違法な魔法少女があるとはいえ、数的に圧倒的に少ない魔法少女を

殺すよりは利用すると言った感じで、自衛隊から警察庁の特殊部隊支援班

へ編入されるそうだ。

首についているハートのチョーカーは、裏切り行為が発生時に

毒薬が注入されることになっている。


d0005908_19263884.png
d0005908_19264387.png

ウクライナで戦闘があったが敵は少数。

そこで、米軍と自衛隊の出番となったわけである。

もちろん正式なものではない。



しかし、アメリカの魔法少女ミアが自衛隊と合流する前に

立ちはだかだったのは、ペイペイとタマラ。

理不尽にも伝説の五人と言われた魔法少女同士の戦闘になる。

何とか話し合いに持ち込みたいが、ペイペイもタマラも

何も語らない・・・。

本当は5人揃ってバベル旅団に立ち向かうというのが、王道なのだろうが、

現実的にそう上手くもいかない。

こんな嫌な戦いはないだろう?

この嫌な感じは当たって行くのだろうか?

これまた次巻が楽しみである。


そして、アニメ化決定らしい。

初めて知った・・・。

前半と後半のねーちゃんが邪魔だが、一部アニメになっているシーンもある。

来年の1月から放送予定らしい。




[PR]