2018年 12月 31日 ( 1 )

2018年も後残すところ僅かだと思っている暇もないWINDである。

昨日は遅出でそのまま消防団の特別警戒へ。

帰宅は0時を過ぎていた。

そして今日は夜勤である。

平成最後の年越しは病院で過ごすことになった。

今年が終わってしまう前に、例年の振り返りをしていこうと思う。



最初に家庭だが、

王子が2回目の骨折(というほど大げさなものではないが)をした。

やはり、多動性が出ているのだろうと思う。

通知簿は王子も大変よくできましたの数が減っている。

王子に至っては、初?の「がんばりましょう」が。

学力的には大きな遅れはないものの集団での生活、

(親の前だけだと思うが)他者を想わない発言などみられる。

これは一概に障害云々より、持って生まれた性格だろう。

嫁さんを合わせ3人共健康には大きな問題はなく過ごせたのは有り難い。

も女子の集団には馴染めないが、問題がありながらも1、2人の遊び友達も

出来たようで、それはそれでよかったと思う。

王子も年末から始めた柔道も1年が経ち、

弱っちいが小さな試合ではメダルも取る事ができた。

正直、今の環境では強くなるための練習は出来そうにもないし、

中学にも柔道部はない。

まぁ、強くならなくてもパワーを発散でき、

自信が付く場所が出来ただけ良しとしよう。

来年は小学校最後の学年。

歩いて登校できるようにはなって欲しい。




自分の事、

昨年と比べて仕事にも馴染んで来たかと思ったが、業務改善とやらでやることが

次々に変わってくる。自分も発達ちゃんなので、表立って不安は表さないが

内心

「勘弁してくださ~い」

である。

トップが変わったりと病棟内も混乱しており、今年も重心の研修に行けなかった。

後期の目標にもしていたのにどうしたものか?

色々ありまくりなので、病棟も変わっても良いかなと思っている。

体調は小康状態。 特に入院や手術を勧められることもなかったが、

四十肩を始め、左右の腕から手への痺れは増しているのでそれが辛い。



消防団は入団して1年が経過した。

一般に世間を騒がしているような飲み会などが多い分団ではなく、

月に一度の夜警と消火栓点検と時々回ってくるイベントの警備以外に集まることはない。

今年も年末の特別警戒に参加してきた。

来月は消防団の研修旅行なのだが欠席することにした。

何時支払われるのかは知らないが、報酬として年4万数千円が支給される。

これはこちらが受け取るわけではなくすべて分団長に渡す事になっている。

それで、備品を購入したり、年に一度の旅行に使う訳である。

他の団員の「これが楽しみで一年頑張っている」と言う意見も賛成。

だが、コンパニオンの姉ちゃんを呼ぶのに一人1万円ださなければいけない。

延長になれば延長料金、飲食代もこちら負担。

セコイ事を言っているのは自覚しているが、1万だして姉ちゃん呼ぶのだったら、

その分、ご飯を豪華にするかなしにして欲しい。

昨年参加して、姉ちゃんと呑むのがかなり苦痛に感じたので。

別に女性と呑むのが嫌と言う訳ではない。

仲間であれば全然問題ないのであるが、商売として「客」として

接する事がなかったので、どうにも居心地が悪いわけである。

でも、それだと完全無給ボランティアになってしまうので、

2,3年に一度ぐらいは参加しようと思う・・・。

後、消防団員として8年間勤務すると

防火対象物点検資格者

の受講要件を満たすことになるので、頑張ろうと思う。

後7年後にも資格勉強をやっていればの話だが。



今年の王子の誕生日に連れて行ったキッザニアの大人版

が開催されたとニュースで知った。

職業体験としては本格的なもので、世界中で人気なのも分かる。

このニュースを見て

「自分のやっている事は、ひとりキッザニアだなぁ」と。

学力も体力もなく子どもの頃から父に

ダメなやつ」

と言われ続けられ自信を持てないまま大人になったWINDであるが、

資格を取る事で、「なんちゃって」ではあるが、

設計も保育も看護もガス配管や電気工事だって出来るんだよ~って。(笑)

子どもの頃に得られなかった「承認要求」が有るのかも知れない。

まぁ、趣味とはその程度の事であるので、問題はない。



その資格の事だが、昨年の目標を見て見ると

1.応急手当普及員
2.既存住宅状況調査技術者
3.甲種危険物取扱者
4.保育士
5.マンション管理士
6.管理業務主任者

となっていた。

実際は、申し込んだのに体調不良もあったが受験しなかった甲種危険物取扱者。

受験すら申し込まなかったマンション管理士。

途中から勉強の計画を挙げながらも試験直前まで勉強せずに落ちた

公害防止管理者 ダイオキシン類・・・。

惨敗、大敗の挙句に敗走した結果がこれである。


2018年は

2017年に合格していて免状の届いた

1.第二種高圧ガス販売主任者 を始め
2.既存住宅状況調査技術者
3.特定化学物質及び四アルキル等作業主任者
4.安全衛生推進者
5.応急手当普及員
6.専従警戒要員
7.警戒業務管理者
8.認知症サポーター
9.保育士

数こそ増えたものの、

修了試験などを別にして、まともに受験して合格できたのは

保育士のみという情けない結果になった。

(管理業務主任者は1月18日まで合否は不明だが落ちていると思われる)

これで、何点かと問われたら1点もあげたくない気持ちだが、

一応、保育士合格は第一目標にしていたので・・・・。

2018年の点数は、

資格取得では、

15点


総合では、

18点


位の出来栄えだろうか?

勿論、100点満点であるぞ。

来年はぼちぼち様子を見ながらマイペースで行こうと思う。

甲種危険物取扱者と公害防止管理者に合格出来れば来年は60点以上を

つけてあげたい・・・。

師匠の来年の(国家資格のみ)の目標を拝見したが、流石師匠!

こういう、前向きで頑張っている方がおられると自分も

頑張らなくてはと思えてくる。

点数はこんな感じであるが、師匠やふじもっちさんとお会いすることが

出来ただけでも、それなりに良い一年だっと思う。

では、皆さん

来年もよろしく
お願い致します。