<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昨日は、日勤リーダーで今日の夕方から夜勤入りのWINDである。

日曜日は、面会や外出が多くその対応がかなり面倒である。

次の外出の予約をしていくのだが、システム上、帰院登録をしないと

次回の外出泊が予約できないのである。(当たり前と言えばそうなのだが)

しかも、家庭用のインターホンをつけているため、

「どちらさまですか」と尋ねても返答なし。

押した瞬間にカメラから離れるので識別できない。

ナースステーションから離れているので、鍵の開け閉めを3回して

行かなければいけない・・・。

ここでも、病棟の動線が出来ていない。

何を考えて設計をしたのか、コンセプトが何なのか

小一時間ぐらい問い詰めたい。

明日の夜勤明けから、和歌山に帰省する予定なので、暫くコメントできない。

すまん。


夏休みの宿題だが、とあるブログで

小学生ができないような宿題を出すな!

と書かれていた。

いや、まったくもってその通りである。

金曜の時点で、自由研究と読書感想文を二人とも仕上げていない。

絵は、アドバイスぐらいで描けたのであるが、ドリル以外はさっぱりである。

まぁ、毎日放課後デイに通っているので時間がないのは分からないではないが、

土日になると遊びに連れて回るので、そのしわ寄せが来ているのである。

自由研究は最初2人共日赤で学んだ血液の事にするはずだったのだが、

「はたらく細胞」を見て細胞も、

王子は、何故か全国の偉大な建築物の本を借りてきて、建築物の発表をするらしい。

風呂敷だけは大きく広げてみたものの、やり方が分かっていない。



王子が3年の時にあまりにとんちんかんな感想文を書こうとしたので、

手を出してしまったら、何か賞をもらってしまった。

「これは、やばい」

と昨年の読書感想文は手伝わなかった。

昨日も仕事から帰ってみると、感想文も建物の事も下書きはやったのに、

何一つ完成させていない。 

勿論、も同様である。

それでいて、涼しい顔をしているのが、非常にムカつく。

親が助けてくれるだろうと。

親が言うのもあれだが、このままでは、ろくな大人にならないだろう。

来年は6年生。

8月8日の誕生日までに読書感想文と自由研究が出来ていない場合は

誕生日のお出かけはなし!

今年のクリスマスにはサンタさんは来ない事を伝えている。

嫁さんは、自分の何倍も大変だろうが、

その一端を担う・・じゃなくて、片棒を担いでたから仕方がない。

そう言いながら、協力している自分も甘ちゃんなんだろうな。


先ほどの話で登場した「はたらく細胞」であるが、

第7話「がん細胞」

で、こんなニュースが流れた。


体内細胞を擬人化したTVアニメ「はたらく細胞」の第7話「がん細胞」が18日から順次放送されている。放送を見た癌研究者の大須賀覚氏は、Twitterで「がん細胞」の内容について解説。「とても正確な内容だったと思います」と称賛している。


第7話「がん細胞」は、一般細胞に化けていたがん細胞が正体を表し、白血球(好中球)やキラーT細胞、NK細胞たち免疫細胞と戦う回。がん細胞がどのように発生・増殖するのか、どのような体の働きで排除できているのかを、がん細胞側の心情も描写するなどわかりやすく描いている。米エモリー大学ウィンシップ癌研究所に所属している大須賀氏は、この「がん細胞」回についてTwitterで言及。「がんの初期発生を免疫細胞がいかに防いでいるか」について、「癌研究者目線でも、とても正確な内容だったと思います」と称賛した。


アニメ内で赤血球が大量の栄養をがん細胞に届ける描写があったことについて、大須賀氏は「癌細胞は体の栄養を大量に消費します。何もしていないのに急激に5~10kgも体重減少したときには、医師は癌を疑って精密検査を行ったりします」と解説。高齢者にがんが多いことについては、「正常細胞にコピーミスが起こり癌細胞ができる頻度が大幅に上昇することと、あそこに登場していたたくさんの免疫細胞の能力が大きく落ちてしまい、癌細胞を発見して排除することができなくなるために起こると考えられています」と説明している。


大須賀氏は、「表面だけ知ろうとせずに、詳しいメカニズムに目を向けることは大事で、それは医療情報デマに騙されることも減らせるし、医師患者間のコミュニケーションレベルも上げられる」として、わかりやすく学べる「はたらく細胞」の視聴を勧めている。



細かい所まで凝っていて、細胞の大きさもある程度表されているし、

赤血球が酸素を運ぶ時の制服は明るい赤色で、CO2を運ぶときは暗い赤色に

変えられるようにリバーシブルの制服になっていたりと。



和歌山では、高校の友人たちと会ってこようかと思っている。

一年半ぶりぐらいなので、積もる話もあるかもしれない。(笑)




まぁ、資格試験勉強をしていない自分が子どもに偉そうに言えないのだが、

一応父親として・・・ね。(笑)

[PR]
5勤初日終了のWINDである。

後4日だぁ~!


基本、あまりと言うか殆どテレビは見ないのであるが、ドラマも例外なく見ていない。

看護師だったら、医療ドラマに興味があるのではないか?

まぁ、確かにあると言えばある。

コミックは持っている、

d0005908_17341318.png
Ns`あおい

などは好きであるが、ドラマは見なかったなぁ。

じゃぁ、アニメはどうしているのだよっという話になるのだが、

それは別の方法で・・・・。(笑)

今の病棟は、救急病院でもないのでドラマの様な事もないし、大層な知識もない。

それでも見ていて「あれ?」と思う場面がある。


最近のドラマでは改善されているのもあると思うが見ていないので。


まずは、

1.胸骨圧迫の方法が。

  真っすぐに圧迫するのに斜めになっているし、更に柔らかいベッド上。

  圧迫の深さが足りない・・・。 

  意識のある人にやったら、「痛いわ」とどつかれそうだが。


2.気管切開して人工呼吸器に繋がっているのに、普通に会話。

  いや、できんやろ~!!

3.救急隊員が頸動脈を触りVfと言う。

  不整脈があるかどうかぐらいは分かるだろうけど、それ=Vfではない。

  心電図でなきゃ・・・。あるいは、AEDが作動した時とか?

4.病院に搬送された意識のない患者。
  医師が来た時に看護師が「意識レベル0です」と言った。

  0って何もない数字だから一見正しそうに見える・・・。

  この表現に仕方はJCS(ジャパン・コーマ・スケール)

  3-3-9度方式による意識障害の分類になるのだが、下の表を見て欲しい。

d0005908_17502448.jpg
  0は、意識清明なのである。

  一番重度なのは「300」の刺激しても痛みに全く反応しないに

  「A」の無言無動を合わせて「300-Aです」と言うのが正しい。



後酷いのが、看護師(男性)が交通事故に遭った人を

自分の病院まで背負って走る。

交通事故は、高エネルギー外傷である場合も考えられる。

頸椎などに損傷がある場合、背負って走るのは危険すぎる・・・。



いい話な程、こういうのを見つけてしまうとガッカリ感が大きくなる。

WINDが医療ドラマを見なくなった所以である。


ここをクリックしてちょ。
[PR]
今日も疲れているWINDである。

一昨日はは久しぶりに内緒の残業をして、帰宅が22時。

昨日の仕事も色々あり疲労困憊である。

今日は、やっと休みであるが、6時半から消防団の消火栓点検。

朝は涼しいが、動き回っていると結構暑い・・・。

汗だくて寝不足で帰ってきた・・・。


今から眠るか、勉強するかであるが、明日から日勤のみの5連勤。

10日間で休みが1日とはご老体にはちと堪える。


そんな中で、ダイオキシンの問題を見るが、化学の所がさっぱりんこ。

何を言っているのか、問題集の解説だけでも全然分からない。

分からないから勉強が進まない、進まないからやる気が起きない

悪循環である。


あ、古い情報であるが、花王のアタックと進撃の巨人

がコラボしたそうだ。

d0005908_23323314.png



すでにデザインは決定しており、

d0005908_23332004.png

Bが選ばれたようである。

12月?に商品化予定である。

さぁ、買うのだ!


試験勉強は、グダグダだが、月末に和歌山に帰省するので、

その際に、マン管・管業の願書は一応貰ってくる予定である。

受験料も高額であるし、強度行動障害の研修によっては、

マン管か管業のどちらかは諦めなければいけないかも知れない。

秋は、資格ラッシュ!

皆さん、頑張って行きましょう!

[PR]
今日は夜勤明けの休みだったWINDである。

明日から土曜日まで出勤。

日曜日は朝から消火栓の点検。

月曜から金曜日まで仕事とあまり休みがない。

今日も疲れて休みだけで終わってしまった。

勉強も相変わらずの手をつけていない・・・。 (´・ω・`)

体調も思わしくない日々が続くのがなんだかだるい。


仕事と日常の話は愚痴にしかならないので、

今回も困った時の、「コメントに困る企画」である。



まずは、

ReLIFE 9巻である。

d0005908_21522604.png

学園祭の実行委員に海崎が選ばれてしまう。

「再試が忙しい」

と断るが、逆に
d0005908_21523799.png

内申点を上げるためになれと押し切られてしまう。


d0005908_21541231.png
そして、何故か日代が自ら立候補する。

ここからは、ネタバレになるので書かないが、海崎の空気を読んで

場を収めたり、衝突をさけるスキル。

自分にも欲しいものである。(笑)

仕事をするとき、

「今日はWINDさんと一緒だからいいわ」

と言ってくれる人もいるが、まぁ社交辞令だろう。

自分の高校に戻るのは勘弁してもらいたいが、

新しい環境で学生生活と言うのは良いかも知れないな。




次が、

魔法少女特殊戦あすか 8巻である。
d0005908_22034141.png
d0005908_22051331.png
d0005908_22055821.png
d0005908_22061570.png
魔法少女同士の戦いになる。

くるみが負傷することで戦う決意をするが、まだ迷いがある。

こういった、不本意な戦いは前回警視庁の仲間になった魔法少女が

ペイペイの人質を解放することによって、少し希望が見えてくる。

タマラ以外の全員が揃い強敵を倒す。

こうでなくては!

しかし、この作品のアニメ、原作のえぐいシーンをどうするのか?

カットすればそれは作品の質が低下するし、まともに描いたら

PTAあたりから苦情が来そう・・・。

[PR]
一昨日は、栄養ドリンクを飲んで早い目に就寝し、

昨日はモンスターエナジーを目覚めに飲んだWINDである。

8日は、双子っちの11歳の誕生日である。

行先は、

d0005908_18121312.jpg
キッザニア甲子園である。

朝の5時半の電車に乗り甲子園駅に。

そこで、

d0005908_18130795.jpg
メジャー2のうちわを貰った。

今は、夏の甲子園の真っ最中。

応援する人たちが列を作っていた。

うちの高校は当時は硬式野球部がなかったし、創部された今でも

甲子園に行ける可能性は10のマイナス12乗%ぐらいなので関係がない。

和歌山代表も知らないうちに消えてしまったようである。

d0005908_18235161.jpg
松井選手が現役の頃、看護学校の友人と阪神巨人戦を見に来て以来。





このキッザニアというのは、職業を体験するような場所かな。

子どもにとっては面白い場所であるが、大人にとってはただ見ているだけである。

ラウンジには、行き場のないおやっさんが

目の前の甲子園の試合をテレビ観戦していた。

d0005908_18205665.jpg
救急車や消防車や宅配の車も走っていた。


d0005908_18263905.jpg

転職するときにお世話になるのかな?(笑)


d0005908_18281648.jpg

森永でハイチュウを作っている所。

食い物系から攻めているようだ。

今回は、ピザは逃したようである。

d0005908_18302109.jpg

沢山の企業が参加している。

これくらいの企業に入社できたらなぁ・・・。

もちろん、企業の職員が案内するわけではないが。

双子っちの様子を見ながら自分は途中退場して

郵便局へ。

軍資金を降ろすのと

d0005908_18322376.jpg

保育士の登録手続きをしてきた。

10月に保育士証を頂くには10日必着と書いていたので・・・。

帰りは近くの店でコミックを購入。

そして、誕生日定番のココ壱番屋。

双子っちの破水の知らせを聞いた時、

会社の同僚とここで夕食を食べていたのだ。

今は、出産前だったら休暇ももらえるだろうが、当時はムリで・・・。

連絡後に高速で和歌山に帰省してまた奈良に戻り仕事という・・・。



取りあえず、双子っちも喜んでくれたし、こちらも

やっと成人までの折り返しが終わったので、残り後半も頑張らねばと思う。

[PR]
土日を挟んでの連勤でクタクタのWINDである。

妙にだるい~

勉強もここ数日は出来ずである。

さて、3日に発送された保育士の通知が東京などでは4日に

届いたという事で、昨日かなと待っていたら届いていた。

オレンジなら合格と聞いていたので、まず色を確認。

そして裏面を覗くと

d0005908_00362270.jpg
やれやれ。

中を開けると

d0005908_00370451.jpg
造形が36点

言語が41点

合計で77点

と言う訳で、何とか実技試験もクリアできた。



しかし!




登録するには、登録の手引きを取り寄せなければならない。













だが、心配ご無用。







d0005908_00524176.jpg

既に取り寄せている。(笑)

だが、手続きが面倒である。

ATMが使えない窓口のみでのこの方法は見直した方が良い。

9日が休みなので、その日に登録の手続きを済まそうと思う。


体のしんどさが大きいのと色々あったので、

実感はないのだが嬉しいはず。

今日も6時間ちょい後には働いている。

明日は、双子っちの誕生日でめっちゃ早起きしなければいけない。

ぼちぼち、シャワー浴びて寝るわ。

[PR]
最近、連休がなくちょっと疲れが取れないWINDである。

夜勤明けの時はやっぱり連休が欲しい。(笑)

うちの職場は、6月~10月の間に夏季休暇を取る事になっている。

つまり、その間は職員の数も減るので、年休もまずもらえない。

ちなみに正月休みのある1月も年休はもらえない。(笑)


今日は、午前中はゆっくりと休み、午後から勉強の予定であったが

昼前に嫁さんから電話。

双子っちがお世話になっている放課後デイの車で移動中、

後ろから追突されたと。

嫁さんの話具合からすると、大丈夫っぽいが念のため病院で検査を受けていると。

自分が到着した時は、頭部CTの撮影も終わり頭部に異常なし

と言われ、頸部レントゲンの撮影待ちだった。

幸い、運転をしていた職員も王子も怪我はなかった。

初めての救急車で調子が上がっていたが・・・。

そう言えば、自分も初めて救急車に乗ったのが5年生だった。

自分の場合は意識がなかったので覚えていなかった。

その翌年にも乗ったのであるが、その時も呼吸困難で

救急隊員が話かけてくるのだが、こちらは息をするので精一杯。

「話しかけてくれるな」と思った。

今思えば、意識の状態の確認だったのだろう。

王子も元気そうだったので、取りあえず一安心。



受診した病院が、手根管症候群の手術をした病院。

右腕の事もあったので、ついでに予約しておいた。(笑)

腕の不調は、頸部か肘の神経が関係していると思うので

近くの整形だと検査する設備がない。

紹介状を書かれて受診して、その返事の料金も払ってまた近くの整形受診

だと無駄なお金と時間が掛かるので・・・。


運転していた職員とその上司?にも必要以上に気にしないように伝えた。

人を乗せて運転する時の緊張感は大変なものだと思うし、

こちらの過失が少ないにしろ、当事者は顔が真っ青な状態だと思う。

そこへ親からの叱責は必要ないだろう。

事故の相手が、任意保険に入っておらず、しかも車検切れ

(という事は、自賠責も切れている)状態だった事。

金銭面でのやり取りは、こちらは関係ないのだがそれだけでも事業者側

としても、面倒な事になっていると思う。

検査も診察も無事に済み、折角近くまで来たのだからと

図書館に行ってみた。

夏休みとあって、パパさんのブログのように学生さんが多いのかなと

思ったのだが、現役引退者ばかり・・・。

絵にならね~!!

d0005908_21052425.jpg
よくわかるの方を3時間ほど勉強。 やっと初めての勉強が終わった。(笑)

公害総論を斜め読み。ダイオキシン類概論に入ったところで終わり。

d0005908_21080557.jpg
資格取得入門は、どれだけマニアックに資格を取るかとか

書いていたような。 司法書士や行政書士のような難関については書かず、

また単位を取らなくてはいけないような資格にも触れず。

あくまで、

動機は不純だが、取得は真剣

な人向けの本であった。

ただ、かなり古い本なので情報もそれなりだが。

真ん中の本は、

子どもをケアする仕事がしたい!

とその関係の仕事の内容や勤務している人のインタビュー

資格などの紹介があった。

一番右は、資格マニアのバイブル。(笑)

3~4年に一度ぐらい購入しているが、最近はブログ巡りなどの

ネットサーフィン(死語)で見つけることが多くなった。


何かあったようで、何もなく何も出来なかった何時もの休日であった。


[PR]