もう、5月も半ばを過ぎた。 早いもんである。

とりあえず、宅建の勉強を始めたが、何を書いているのかさっぱり解らない。

法律関係は苦手である。 10月までは時間もあるし、ぼちぼちやっていこう。

その勉強だが、やはり家族に迷惑を掛けているような罪悪感がある。

一人の人としてか、夫、父親としてか・・・ 

ってそこまで大げさではないが。

今年を最後に長期間勉強を必要とする資格勉強はしばらく休もうと思う。

講習程度や、1、2ヶ月程度の勉強でいける資格(あるのか?)は別として、

やっぱり、家族とふれあう時間をもっと増やさなければいけないような気がする。

もちろん休日には出かけたり、遊んだりしているのだが。

准看護師を取ってから、福祉住環境コーディネーター、看護師、

建築士と毎年のように資格試験勉強。

運良く一発合格できてきたのも、自分の努力もあるが、嫁さんのサポート

を抜きにしては語れない。 その感謝も込めて。

再開したときに、いや、それ以前に根っからの怠け者が、

もう一度勉強するだろうか?

夢は、しょぼい小遣いを溜めて、子どもと一緒に大学を卒業

(もちろん自分は通信制だが)することだろうか。

まぁ、大学は一度出ているので、3年からの編入とちと、せこい考えだが。

それくらい、子ども達も大きくなって欲しい。

仕事でも、やることが急に増えてきたので、今月と9月までは大変そうである。

最近、更に疲労感が増している。 疲労感が溜まると能率が落ちるのが辛い。

宅建の試験は10月と言っても、あの合格率の低さ。

侮ってはいけない・・・・。

30代最後のどでかい?試験になるはずである。 有終の美を飾りたいものである。

重要事項の説明が出来る、看護師を目指して!!(いや、誰も目指さんだろう)
# by whirl--wind | 2008-05-19 00:59 | 日記 | Comments(2)
毎日、暑い日も寒い日も続いている。

訳のわからんこの天気に皆さん対応できているだろうか?

この前、仕事が終わってから、二泊三日で、和歌山に帰省した。

友達には連絡せず、9ヶ月ぶりに合う弟と朝まで語り合ってきた。

弟は弟なりに、人生について考えているようだ。

この不景気の中、安定を求める風潮が強い中で、

我が弟だからではないが、なかなかやる奴である。

兄貴としては、協力したいものである。

さて、ずっと悩ましている腰痛だが、

腰椎分離すべり症だそうだ。

とりあえず、痛みは座薬で誤魔化してそれでもダメなら手術だそうだ。

手術を受けるとしたら、退職が決まったときだろう。

新しい職場でいきなり、

手術するんで、休みます

とは言えんだろう。

毎年、9月頃?にそういったのも含めて、上司に提出するわけなのだが、

来年はどうすべきか・・・。

さて、話しは変わって、妹夫婦から頂いた鯉のぼりをこのGWにあげた。

ホームサイズだが、なかなか立派なものである。

風がなかったので、「面白そうに泳いで」いないのが残念である。
d0005908_22552258.jpg

# by whirl--wind | 2008-05-11 22:58 | 日記 | Comments(2)
こんにちは、相変わらず、だるだるのWINDである。

今日は夜勤明けの翌日なので、休みである。

昨日は、娘が便秘で病院に行ったが、今日は3種混合のため、

また、病院に行くことになっている・・・。

病院だけだと可哀想なので、昼過ぎから出かけて家族サービスをする予定である。

さて、今年受ける資格を決めた。 もう5月なので、決めるのが遅すぎである。

資格というものではないが、アメリカ心臓外科学会の認定の

BLSヘルスケアプロバイダーを5月に受けに行く。

これは、医療従事者を対象としたもので、成人、乳児、小児の一次救命処置、

気道異物の除去、AEDの使用を学ぶ。

終了後、学科試験と実技審査があるらしい。

学科は84%以上の正解で合格らしい。 

一次救命という命に関わる最初の処置を学ぶのだから、当然だろう。

ナースは、年に何回かは自己啓発の為に院外での勉強をしなければいけない。

身につけていて、損な知識や技術はないので、役立つ日もくるであろう。

そして、建築・・・・というより不動産関係になるが。。。とここまで書けばバレバレ

であると思われるが宅地建物取引主任者

つまり、宅建である。

合格率はかなり低め(自分としては)なので、しかも、問題集を立ち読みしたが、

はっきりいって、理解不能である。

今日ぐらいに問題集を探そうかどうか迷っている。

世のお母さん方には申し訳ないが、仕事と育児に疲れ切っているので

かなりモチベーションは低い。

年明けにもう一つと思っているが、未定も未定なので、心が決まったら

書くことにしよう・・・・。

とりあえず、GW明けのBLSを頑張ることにしよう。
# by whirl--wind | 2008-04-22 21:39 | 資格 | Comments(2)
なかなか疲れが取れない、WINDである。

何故こんなに疲労が蓄積するのだろう?

無理は効かない歳といっても、限度があるだろう。

ここ数日前から、双子の調子が悪い。

下痢、嘔吐もあり、高熱になったので、医者に行った。

途中で、待合いから離れた場所に案内されたので、

「感染タイプだろうか」

と思っていたら、予感的中である。

ロタウイルスということだった。 

ノロでなくて幸いである。

まぁ、世のお母様方にはおなじみのあれである。

脱水に気をつければ・・・。

しかし、体調の悪い我が子を見ていると悲しいものがある。

嫁さんは、ちょっと焦っていたが、自分は冷静であった。

うーん 愛情が足りないのか?

その嫁さんも、少し体調を崩しているようである。

嫁さんも、

疲労が溜まっているようである・・・・。


明日は、病棟の仲間と久しぶりに呑みに行く予定だったが、

断らなければやばいだろう・・・。

企画者が断るって、どう言おう。(苦笑)
# by whirl--wind | 2008-04-13 17:41 | 日記 | Comments(2)
かなり、疲労が溜まっている、WINDである。

頭を悩ませていた、介護支援専門員実務研修もようやく修了した。

1月から3月一杯までと、かなりの長丁場だった。

この歳になると、無理がきかない・・・。

老化というものを否応なしに意識させられてしまう。

この前、申請していたキッチンスペシャリストの資格者証が届いた。

なんと、介護支援専門員証と同じ日にだ。

キッチンスペシャリストの方がかなり立派である。

キッチンはきちんとしたプラスティックなのに対して、ケアマネは・・・

ただの紙である。

せめてラミネート加工ぐらいしてくれい!

有難味がかなり薄い・・・・。 

さて、今年は何を取ろうか?

と言いつつ、4分の1が過ぎてしまった。

いや、月日が流れるのは早いもんである。
# by whirl--wind | 2008-04-02 02:27 | 看護 | Comments(4)
やっと子どもが寝てくれたので、日記更新である。

それにしても、娘の泣き方といったら、あの怒鳴り散らすような泣き声

(夜間が多い)はなんとかならないものか・・・・。

何をしても泣きやまないので、困り果てる。

頭痛で苦しいとき、耳元でやられるとかなりきつい。

頭痛だが、頭痛外来では異常なしということであった。

MRIまで撮ったので、かなり高額になってしまった・・・。(泣)

鎮痛剤を多用することによって、頭痛を引き起こしているのではないかと

いうことであった。 鎮痛剤を絶つように言われ、今日で一週間。

あまり変わらない。というか、鎮痛剤飲めない為、腰痛が悪化。

今日、患者さん抱えてかなりやばく、帰って娘抱いて、撃破いや

轟沈だろうか?
昨日、熱があったので市販薬の風邪薬を飲んだら、

一時間後に薬疹ばりばりである。

今日、当直医に診察して貰いなんとか収まったが、かなり掻いていたので、

風呂に入ると

しみるー
明日は休みだが、介護支援専門員の研修が朝から晩まで待っている。

休みたい、ああ、休みたい。
# by whirl--wind | 2008-03-16 00:25 | 日記 | Comments(2)
毎度おおきにのWINDである。

今、何が一番の苦しみかと言うと

頭痛である。

2年前も頭痛で苦しみ、最悪の年越しをしたのだが、

去年の11月からまた、頭痛に悩まされている。

2年前は、副鼻腔炎が原因だったのだが、治った後も痛みが続いた。

去年からの頭痛も副鼻腔炎だろうということで、内科で治療開始。

治療と言っても、抗生剤と痰切れを良くする薬と鎮痛薬ぐらいである。

数ヶ月続けたが、一向に改善されない。 何故?

耳鼻科に行ってください、と内科医にさじを投げられ

耳鼻科へ・・・・。

副鼻腔炎はあったのかなかったのか検査していないので、不明であるが

治っているとのこと。

頭痛は、無呼吸によるものではないかと言われ、(前に無呼吸と判定済み)

鼻炎もあるので、少しでも呼吸が出来やすいように、と薬と鎮痛薬を処方される。

しかし、頭痛は一向に改善されない。

仕方がないので、頭痛外来に行くことにした。
# by whirl--wind | 2008-03-09 21:57 | 日記 | Comments(5)
明日、明後日と久しぶりの連休のWINDである。

連休と言っても、病院の委員会のカレンダー作りで、丸一日。

介護支援専門員の研修で丸一日つぶれるので、あまり嬉しくない。

1月から研修が始まって、3月一杯まであるのだから、結構きついもんである。

一日も早く終了して欲しいもんだ・・・・。

もう、5日もすれば嫁さんが帰ってくる。 結局羽を伸ばすどころか

余計にしんどかったりする。

嫁さんは、ゆっくりと里帰りできただろうか?

勉強も進めなければと思いながら、停滞している。

いかん、いかん。

気合いを入れ直さなければ!!
# by whirl--wind | 2008-03-01 00:53 | 日記 | Comments(0)
毎日、毎日寒くてかなわない。

凍死とまではいかなくても、風邪をひいてしまいそうである。

さて、看護師である自分が、周りの同僚や看護学校の先生にまで

「理解できない」と言われながら、建築関係の資格を取ったかというと、

資格好きだからである。  

半分冗談だが・・・・。

准看の学生時代に出会った患者さん、脳梗塞で右片麻痺であった。

元々家で仕事をしていたので、退院後も家に戻り頑張ると言われていた。

が、介護保険も始まるか始まらないかの時。

結局施設に送られることになったのだ。

リハビリも頑張っていたし、病院という環境の中ではやれることも多かった。

なにがネックかというと、住環境である。

段差だらけで、狭い廊下、挙げるときりがない。

准看護師になり、正看護師になってけじめがついたとき、

きっと建築士の資格もとるぞ。とその時誓ったわけである。

途中、福祉住環境コーディネーターを始め、色々な資格を取った。

がやはり、それ単独では役に立たないのだ。

住宅を主とするわけだから、難関の一級建築士ではなく、二級建築士

に的を絞った。二級建築士程度の知識をもって、初めて他の資格も生きてくる。

施工の事も理解できるように、建築施工管理技士も取った。

看護師は、この患者さんのここが悪くて、こういう動作が不自由だ

ということが分かっている。しかし、どこをどうすれば、快適な

在宅での生活が送れるのか(あくまで住環境に特化して)

わからない。建築関係者はその逆である。

これが、将来の仕事になるのか、ボランティアになるのかは分からない。

まだまだ勉強や経験が必要だが、いつかは役に立ちたいと思っている。

私の野望である。
# by whirl--wind | 2008-02-24 22:40 | 資格 | Comments(4)
一年以上ぶりの更新である。

もう忘れ去られたかもしれないが、皆様のWINDである。

この一年、死んでいたかというと、そうかもしれないし、

色々やっていたのか?と聞かれるとそれなりにやっていた訳である。

この一年なにがあったかは、ぼちぼち話して行こうと思うので、

よろしく頼む。

ちなみに前回の日記(もう一年以上前になるが)で書いていた

2級建築施工管理技士と前々回で書いていた二級建築士は

無事合格していた。 ははは。

これで、設計も施工もできる看護師になったわけである。

では、詳しいことは次回の更新から、ぼちぼち説明しよう。
# by whirl--wind | 2008-02-10 01:00 | 日記 | Comments(0)